Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. エンタメ

【田中みな実のホンネ1】話題作に次々出演。「局アナ役」は経験を生かせた?

軽やかに、でも着実に、美しさとキャリアを磨き上げてきた、バイラ世代の憧れミューズ。昨夏も拠点を新たにし、さらに活躍の幅を広げた。女優業への思い、そして社会の変化や、自身の環境の変化について聞いた。

【田中みな実のホンネ1】「女優業」は今、どんな存在?

トップス¥31900・パンツ¥37400/ebure GINZA SIX店(ebure) タンクトップ¥4950/アダストリア(イーアールエム) イヤカフ(右耳)¥46200・(左耳)¥39600/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) ブレスレット¥17600/エレメントルールカスタマーサービス(パティエラ) リング¥16500/TEN.(TEN.)

Q 話題作にも多数出演、さらに今季もドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」出演とますます女優としても活躍。みな実さんにとって「女優業」は今、どんな存在?

A 「楽しいです!」とは、まだ言えないけど経験を積んで、いつかはそう思えるようになりたい

ドラマや映画など、お芝居の機会は確かに増えました。でも、今は手放しで「楽しい!」と思えるほどの余裕はなくて、毎度あくせくしています。久しぶりの連ドラ「生きるとか死ぬとか父親とか」は撮影日数こそ多くありませんでしたがたくさんの学びがありました。曖昧な表現になってしまうけど「あ、いい感じ」と思える瞬間がたびたび訪れ、演じていてなんだかしっくりくる感覚が心地よかったです。吉田羊さんはじめ、現場の皆さんがそういう空気感をつくってくださったからなんですけどね。演技のお仕事は、役割や求められることが明確な進行役の仕事とは違って表現方法にかなり幅があり「正解」がわかりません。もしかしたら、「正解」を探そうとすること自体ナンセンスなのかもしれません。今はとにかく、ただひたすらに経験を積んで環境に慣れていきたいと思っています。

Q 前職でもある「局アナ」役。経験を生かせたのでは!?

A 役立った半面、怖さも。“田中みな実”像との戦いです

お悩み相談のお便りを読んだり、ラジオに携わるアナウンサーの“リアル”を表現するのに前職の経験が生きたところはあると思います。その半面、「局アナの皆さんやラジオスタッフ、リスナーの皆さんがご覧になったらどう感じるかしら」などと気負いし、考えすぎたりもして。役柄が当人が経験してきたことにあまりに近いと「“田中みな実”そのままじゃん!」などという印象を与えかねません。反対に、イメージにない役をいた
だくと、「無理をしてる」なんて揶揄されたり。すべては私の経験不足ゆえなんですけどね。あとはイメージとの闘いです。まっさらな10代、20代とは違うから、世間に知っていただいている分、プラスもあれば、それが邪魔することもあるのだと知りました。

Q 社会の変化や、自身の環境の変化などを経て“働き方”にはどんな変化がありましたか?

A 失った分、得られるよう努力し始めているところ

「あのとき、この選択をしてよかった」と胸を張れるよう日々手を抜かずに頑張りたい。昨年から今年にかけて、世の中にあらゆる変化が訪れました。時同じくして、私も、事務所を移籍したことで働き方がじわじわと変化していくのを感じています。局アナの頃から大切にしてきた番組を卒業したり、ご褒美のように楽しい雑誌の仕事がスケジュール的にかなわないことが増えたり。何が正解かなんて誰にもわからない。どこへ向かっているのか自分でもわからない(笑)。でも、いつの日かこの選択が「よかった」と、お世話になった皆さんにも思ってもらえるような活躍をしなければと思っています。お芝居の仕事は孤独な作業が多く、早くも気がめいりそうだけど(笑)。与えられた少ない材料から、自分で考え準備をして現場に向かうのですが、想定していたものとまるで違ったということもざらで面食らいます。完璧に覚えたはずのセリフも、いざ相手と対峙したり、動きがつくと頭が真っ白になることも。それが怖くて、夜中の3時に飛び起きて「……あれ、何だったっけ?」と台本を読み返すこともしばしば。いつか慣れる日がくるのでしょうか。

田中みな実

田中みな実


たなか みなみ●’86年11月23日生まれ。元TBSアナウンサー。フリーアナウンサー、女優など多方面で活躍。美容マニアとしても男女問わず熱い支持を集める。ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」(テレビ東京)に出演。

【田中みな実のホンネ1】話題作に次々出演。「局アナ役」は経験を生かせた?_2

ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」

原作/ジェーン・スー『生きるとか死ぬとか父親とか』(新潮文庫)
出演/吉田羊、國村隼、田中みな実、富田靖子、松岡茉優
テレビ東京 ドラマ24 金曜24時12分〜24時52分

ラジオパーソナリティのジェーン・スーが自身の家族との出来事と思い出を描いたリアルストーリー。親子の愛憎と家族の裏表を描く。みな実さんはトキコ(吉田羊)のラジオ番組をともに進行するラジオ局所属のアナウンサー・東七海役。

撮影/吉田 崇 ヘア&メイク/AYA〈ラ・ドンナ〉 スタイリスト/斉藤くみ 取材・原文/通山奈津子 構成/斉藤壮一郎〈BAILA〉※BAILA2021年5月号掲載

【BAILA 5月号はこちらから!】

アマゾン
楽天ブックス

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン