Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. SUPER BAILARS
  3. 角田 爽

【お花のサブスク】結局どこがときめく?お花のある暮らしで分かったこと【おうち時間】

こんにちは☺︎

バイラーズの角田です。

おうち時間が増えた今、お花のサブスクを取り入れてから

毎日が気持ちよく過ごせるようになりました!


・お花のサブスクの何がいいか?

・生活がどう変わったか?

・どこの会社利用が自分に合っているのか?

複数社利用してみて分かったことをお伝えします!

【お花のサブスク】結局どこがときめく?お花のある暮らしで分かったこと【おうち時間】
_1

お花のサブスクって?

定額料金で、お花を受け取れるサービスのこと。

会社によっては新鮮なお花を市場から直送してくれたり、

ロストフラワーを提供するサスティナブルなサービスも。

実際、ロストフラワー提供のサービスを利用してみると

ミニ花瓶を毎度持参、可能な限りエコにと

環境に配慮していることに好感をもてました。

お花のサブスクの何がいいか?

気軽にお花のある暮らしができます。

お花は高いし、強いて言うならばあってもなくても生活はできるもの。

サブスクの登場により心理的障壁が取り払われたように感じます!

【お花のサブスク】結局どこがときめく?お花のある暮らしで分かったこと【おうち時間】
_2

生活がお花によってどう変わる?

癒されます!

PCに向かっていても、食器洗いをしていても、ふと視界に入るお花。

「ああ、きれい!!」と声に出るようになりました…!


コロナ禍で在宅勤務となったかたも多いはず。

気軽に外出できない今だからこそ、

生活の中に小さな変化優しい刺激が心地よさを生んでくれます♡

【お花のサブスク】結局どこがときめく?お花のある暮らしで分かったこと【おうち時間】
_3

サブスクはざっくり2種類!

店舗で受け取るタイプ・自宅に届くタイプがあります。

複数社利用して分かったことは…


【店舗で受け取るタイプ】

①メリット

・自分で好きなお花を選べる

・送料がかからない分、配送形式より安価なサービスが多い

・好きな場所の店舗で受け取れるため、外出時のついでで受け取れる

 ※サービス提供のある店舗によります

・好きなときに受け取れる

・店舗で売られているお花を受け取れるため、鮮度は変わらない

・ロストフラワーの提供企業もあり、よりサスティナブル

②デメリット

・店舗まで行く必要がある

・営業時間に左右される

・お花の単価により選べないものもある


【自宅に届くタイプ】

①メリット

・外出の必要がない

・市場から直送のサービスがより新鮮

・ポスト投函タイプもあり不在時も受け取り可能

・フラワーアレンジ済みや花瓶付きのサービスもあるため、受領後そのまま飾ることが可能

・配送頻度が選べる

②デメリット

・お花の種類を選べない

・不在時は受け取れない場合も

 ※ポスト投函でなく対面受け取りサービスの場合

・配送日時が選択できないサービスもある

・送料がかかるため全体的に値段が高い

・配送頻度は選べるが基本的に2週/回が多い

【お花のサブスク】結局どこがときめく?お花のある暮らしで分かったこと【おうち時間】
_4

自分に合っているサブスクタイプは?

上記を踏まえて…今現在は

毎日1本好きなお花を店舗で受け取るタイプに落ち着いています


理由としては、

・自宅の最寄りにサービス提供店舗がある

・在宅勤務でも外出が息抜きになる

・出掛けた先でも店舗があれば受け取り可能

・店舗によってラインナップが異なり、店舗巡りも楽しい!

・1日1本もらえることにワクワク感がある

・自分の都合のいいタイミングで行ける(その日受け取る・受け取らないも自由)


それぞれのサービスに良さがあるので、ぜひチェックしてみてください!

お花のある生活は心が潤って楽しいですよ。

大変な日々ですが、お花で日常生活にときめきがありますように。



【インスタグラムもやっています!】

ブルベ/オータム・ウィンターです。

155cmファッションをメインに、メイク情報も更新!

もしよかったらフォローしてくださいね♡

Instagram:Sayaka_t7

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン