Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. まとめ

【2021最強ワンピースまとめ】1枚でトレンドを叶える!大人に似合うワンピース9選

華やかで、きれいに見えて、簡単で…私たちが日常服に求める理想を、たった“一枚”でかなえてくれるワンピースはやっぱり最強! ステイホームから一年を経て、よりポジティブにおしゃれを楽しみたい今年は、これまで以上にワクワクするような色やデザインが主役。スタイリスト加藤かすみさんが“アガる!”と厳選したトレンドワンピースをご紹介します。

<目次>

1.なんてことない日も特別にしてくれる《白のボリュームワンピース》

まっ白の潔さと、リラックス感のあるシルエットのおかげで、シンプルながらも圧倒的なオーラを放つワンピース。旬のボリューム袖などひとクセあるデザインが、実は“着やすい”ポイントに。

白のボリュームワンピースコーデの山本美月

Kasumi's voice
「ここ最近のワンピはほとんどがロング丈。さらにビッグシルエットでボリューム袖となると、白くらい明るい色のほうが爽やかで好印象に。大きな布に“着られている”感を出さないためにも、透けやあき、ギャザーといったディテールがあることも重要です」

ふんわりとふくらんだ袖のワンピースは、今季いちばんのトレンド。「昨年と比べて、ワンピ自体に主張があるものが豊富。あれこれ盛らないほうが素敵に見えるので、小物は極力引き算で」(加藤さん)。ワンピース¥42900(ル フィル)・靴¥72600(ジェイダブリューアンダーソン)/ル フィル NEWoMan 新宿店 リング¥159500/ミラモア ジュエリー(ミラモア) バッグ¥145200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

2.心躍るカラーで気分も上々♥《きれい色ワンピース》

表情までもパッと明るく、元気に見せてくれるビタミンカラー。こんな大胆な色に挑戦できるのも軽やかで、リラクシーな夏ワンピの特権! 華やかさは色に任せて、形はシンプル一択で。

きれい色ワンピースコーデの山本美月

Kasumi's voice
「せっかく楽しむなら淡い色よりビビッドな色。黄色やオレンジ、ブルーといったフレッシュな色をシンプルな形でさらっと取り入れるのが理想です。強い色もいい意味でくすみ、やわらぐ透け素材やナチュラルな素材を選べば、大人でも着やすいはず」

形そのものがシンプルなので、意外と味つけは自在。「黒っぽい小物でシャープに着てもいいし、流行りの色×色で今っぽく仕上げても。一見、対照的なイエローとグリーンですが、トーンを合わせたり、バッグの柄色をワンピや靴で拾ったり、どこかにまとまりを持たせれば色×色も簡単です」(加藤さん)。ワンピース¥19800/ドレステリア 新宿店(ドレステリア) バッグ¥23100/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店(マニプリ フォー ユナイテッドアローズ) 靴¥12100/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン)

3.NTJ(眠い・疲れた・時間ない)な朝も即、おしゃれがキマる!《バンドカラーシャツワンピース》

パリッとしたコットン素材ならではの心地よい緊張感が、気分も背すじもシャキッとさせてくれるシャツワンピ。今季イチ推しのカジュアルなバンドカラーなら、きちんと見えつつお堅くなりすぎないので、ますますデイリーに大活躍。

バンドカラーシャツワンピースコーデの山本美月

Kasumi's voice
「シャツワンピといっても、ただシャツがのびたようなルーズなデザインでは女性らしさが不足しがち。首の詰まったバンドカラーだけでも品のよさが増しますが、ボリューム袖やウエストマークなどメリハリに効くディテールがあるとさらにきちんと見えに」

グリーンのストライプ柄も清潔感を後押し。「上と同様、きれいな色や柄を使うときはほかのアイテムとリンクさせて“なじませる”のが上品に見えるコツ。ワンピのボタンも上まで留めて、潔くきれいめに」(加藤さん)。ウエストのリボンベルトは取り外し可。ワンピース¥49500・カーディガン¥26400/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町(カレンテージ) バッグ¥49500/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥16500/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン)

4.大人の可愛げにちょうどいい《柄ワンピース》

女子会など楽しいシーンでこそ着たくなる柄は、テンションの上がる大きめを、落ち着いたモノトーンでチョイス。そんな白×黒がベストカラーであり、定番ながらトレンド柄としても注目を集めるドットやチェックが大本命。

Kasumi's voice
「無地にはない柄の可愛さを生かし、ワンピのデザインもやや甘めで盛っているくらいが◎。ただしこれも一枚でインパクトは充分なので、小物はできるだけ控えめに。特にバッグは大きいと柄とケンカして子どもっぽく見えるので、小ぶりで辛口なものを」

ドット柄ワンピースコーデの山本美月

ドット
白がベースになるだけでぐっと初夏らしく、目新しく映るドットのワンピース。「女性らしいフィット&フレアなシルエット、ドットも大粒で印象が強いので、小物は黒でまとめて上品に。型押しやスクエアトゥといった、シャープなデザインで引き締めを」(加藤さん)。カシュクールとシンプルなVネック、どちらが前でも楽しめる2way。ワンピース¥20900/ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店(ザ ヴァージニア) バッグ¥55000/ル フィル NEWoMan 新宿店(マージシャーウッド) 靴¥53900/プルミエ アロンディスモン(ペリーコ)

チェック柄ワンピースコーデの山本美月

チェック
トレンドの柄や気の利いたデザインを、手頃な価格で楽しめるセレクトショップのオリジナルアイテムも狙い目。「ギンガムチェックに加えて、裾のティアードデザインも可愛いアクセントに。かごバッグはいわゆるナチュラルなかごではなく、黒×チェーンで少し辛め。リゾートっぽくなりすぎず、都会的に仕上がります」(加藤さん)。ワンピース¥16500/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) 肩にかけたカーディガン¥22000/プルミエ アロンディスモン バッグ¥82500/エバゴス

5.気になる人と会うとき、自信をくれる《スタイルアップワンピース》

体がきれいに見えるのは大前提。そこに品のよさが加われば、好感アップは間違いなし! パッと見は清楚、でも実はメリハリが計算し尽くされたネイビーワンピで、ときにはちょっぴり“あざとく”スタイルアップを。

スタイルアップワンピースコーデの山本美月

Kasumi's voice
「コンパクトな上半身に対し、腰まわりが気になる下半身はボリュームスカートでカバー。シンプルながらも動いたときに演出力のあるマディソンブルーのワンピは、まさに理想の一枚。体のラインが出ても清潔感がキープできるネイビーもポイントに」

胸下すぐに切り替えがあり、脚長効果が抜群。おまけにハリ感のあるニット素材で、肉感を拾いにくいのも嬉しい。「シルエットの美しさで魅せるワンピなので、味つけは最小限。フェミニンなムードに似合うカチューシャと柄バッグで、旬をひとさじ」(加藤さん)。ワンピース¥74800/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町(マディソンブルー) カチューシャ¥34100/エスケーパーズオンライン(ソフィーブハイ) イヤカフ¥27500/スタージュエリー渋谷スクランブルスクエア店(スタージュエリー) バッグ¥123200/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥48400/トゥモローランド(ネブローニ)

6.可愛くもカッコよくも。おしゃれの楽しみを広げてくれる《シンプル黒ワンピース》

出番の多い黒を飽きずに楽しむためにも、季節ごとにアップデートは不可欠。特に夏は涼感のある素材やノースリーブ、後ろあきといった適度に肌の出るデザインなど、ロングな黒でも重苦しく見えない一枚を。

Kasumi's voice
「今はオンとオフの境界線があいまいなこともあり、着回しといってもシーンの違いが出せるベストな3パターンくらいを覚えておけばOK。夏はアイテム数が少ない分、小物力、特にバッグはとても大事になってくるので、いいものをひとつ持っておいても!」

+かごバッグ

上質なかごバッグと黒ワンピースコーデの山本美月

大人のこでかけスタイルは、上質なかごバッグと
シンプルな黒のワンピとかごバッグは、鉄板の組み合わせ。「夏の定番で種類も豊富なかごバッグですが、きちんとしたものを選ばないと全体がチープに見えることも。エバゴスは値段は張りますが、こういう正統派のかごバッグがひとつあると便利。私自身も長年愛用しています」(加藤さん)。ワンピース¥39600/ロンハーマン バッグ¥66000/エバゴス ピアス¥100500/ショールーム セッション(マリハ) 靴¥44000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ロランス)

+ベージュジャケット

リネン混のベージュジャケットと黒ワンピースコーデの山本美月

お仕事の日は、カーデ代わりの軽ジャケットを
「黒×黒は重いので、ジャケットはリネン混のベージュを。小物もベージュで軽やかに」(加藤さん)。ワンピース/着回し ジャケット¥39600/カデュネ プレスルーム(カデュネ) バッグ¥132000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ザンケッティ) ピアス¥38500/スタージュエリー渋谷スクランブルスクエア店(スタージュエリー) ネックレス¥4950/ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店(ザ ヴァージニア) 靴¥16500/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン)

+ロゴバッグ

黒ワンピースにスポーティ要素を取り入れたコーデの山本美月

スポーティ要素を取り入れて、今どきの表情に
旬のロゴバッグやスポサンと合わせれば、アクティブなムードへと一新。「2個持ちスタイルも可愛いし現実的。スポサンは昨年よりも少しボリュームやデザイン性のあるものが目新しく、大人っぽく仕上がります」(加藤さん)。ワンピース/着回し 首にかけたバッグ¥29700・トート¥57200・靴¥41800/フルラ ジャパン(フルラ) ピアス¥31900(モダンウィーヴィング)・ブレスレット¥24200・リング¥9900(ともにフィリップオーディベール)/プルミエ アロンディスモン

7.さらっと着るだけで美女感UP!《つやワンピース》

これまでのような“重ねて楽しむ”キャミワンピではなく、一枚でもドラマチックな動きの出せるボリュームワンピが、ラクして女っぽくありたい今の気分にジャスト。ヌーディなトーンで洗練されたリラックス感を。

美女感UPつやワンピースコーデの山本美月

Kasumi's voice
「せっかく落ち感の美しいツヤ素材だからこそ、布の分量が多く、動いたときにふわっと流れるようなシルエットをつくれるマキシ丈が女性らしくておすすめ。明るい色では派手、地味色ではフォーマルライクになりがちなので、日常使いにはベージュ系がベスト」

エレガントなワンピを構築的なかごバッグや抜け感のあるサンダルでハズすことで、洒落感をプラス。「アクセも秋冬ならゴールドでもいいですが、春夏だとつやつやしすぎてトゥーマッチ。シルバーでカジュアルに」(加藤さん)。ワンピース¥107800・バッグ¥7700/カレンソロジー 新宿(カレンソロジー) ピアス¥39600/エスケーパーズオンライン(タプレイ) ブレスレット¥24200/プルミエ アロンディスモン(フィリップオーディベール) リング¥88000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) 靴¥18700/デミルクス ビームス 新宿(アンヘル アラルコン×デミルクス ビームス)

8.ストレスフリーな着心地にもアガる《Tシャツワンピース》

おうち時間が増えたことで、昨年大ブームとなったTシャツワンピは今年も続々! 手が届きやすい価格だからこそトレンド色や冒険色で遊んだり、旬の小物を効かせて、印象をアップデートさせて。

Tシャツワンピースコーデの山本美月

Kasumi's voice
「ともすると部屋着感が出てしまうカットソー素材は、フレンチスリーブやサイドスリットが入っているなど、女性らしいディテールを意識。黒やベージュのベーシックカラーは昨年手にした人も多いと思うので、今年は明るい色で気分を変えてみては?」

Aラインが人気だった昨年からは一転、今季はIラインでスマートに。「ワンピのボリュームが減ったので、足もともスポサンよりきゃしゃなビーサンのほうが好相性。帽子もストローハットからバケットハットへ替えることで、昨年とは違ったこなれ感が」(加藤さん)。ワンピース¥17600/デミルクス ビームス 新宿(バトナー×デミルクス ビームス) 帽子¥13200/ガリャルダガランテ 表参道店(ラ メゾンド リリス) バッグ¥10670/シジェーム ギンザ(マリア ラ ローザ) 靴¥4180/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース)

9.バカンスの楽しさを、今年は街で!《肌見せリゾート風ワンピース》

開放的な夏のムードを誘う肌見せワンピも、大人はデコルテや背中でさりげなく主張するくらいがリアル。街でも浮かないシックな色やハリ感のある素材、そこにお茶目な小物でちょっと楽しさを足すくらいがいいバランスに。

肌見せリゾート風ワンピースコーデの山本美月

Kasumi's voice
「肌を見せているだけでも特別な雰囲気は出ますし、実際リゾートでも大人はそんなに派手色を着ないので、色はシックにしつつ、その分ボリューム袖で今っぽさや楽しさを。ウエストもシェイプされていて、ゆるっとしながら細見えできるのもいいところ」

ストレートラインの襟あきがデコルテをすっきりと、大胆なバルーンスリーブが腕をほっそりと見せ、スタイルアップにも効果絶大。「ボリューム袖のワンピは横の印象が強いので、ロングネックレスで縦のラインを強調するとすらっと感がアップ。バッグも縦長なものを」(加藤さん)。ワンピース¥26400/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) バッグ¥14300/トゥモローランド(バナゴ) ピアス¥24200(モダン ウィーヴィング)・ネックレス(長)¥25300・(短)¥13200・バングル¥101200・リング¥57200(すべてマリハ)/ショールーム セッション 靴¥15400/ドレステリア 新宿店(ラオコンテ)

今季のトレンドを指南してくれるのは
加藤かすみさん

スタイリスト

加藤かすみさん


本誌の表紙やファッション特集のほか、数多くの女性誌や広告なども幅広く手がける超人気スタイリスト。センスと理論に基づいたコーディネート術にはファンも多数。

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/山本美月 取材・原文/伊藤真知 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年6月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン