Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. まとめ

【ブランドのバッグ&財布2021春夏まとめ】シャネル、エルメス、グッチ…大人気の9ブランドの最新小物をチェック!

眺めているだけでやっぱり気持ちが上がるラグジュアリーな小物たち。ファッションプロのリコメンドとともに、30代も、この先も、ずっと愛せる逸品をご紹介。

<目次>

1.CHANEL《シャネル》

不朽の憧れアイコンシャネルのキルティング

「ファッションが好きな人ならきっと誰もがその魅力を知っているシャネルのキルティングバッグ。30代の投資、まずはそんな普遍的でスペシャルな価値があるものを!」(編集長 湯田)

シャネルのキルティングバッグコーデの新川優愛

ネオンピンクのデニム地に心ときめく新作バッグ。シャネルのキルティング×チェーンストラップのコンビは、いつの時代もレディの象徴。背面の外ポケットや内側のコンパートメントなど、見た目だけでなく使いやすさも最上級。バッグ「メッセンジャーバッグ」(16.5×22×7.5)¥418000・トップス¥515900・パンツ¥464200・イヤリング¥61600/シャネル カスタマーケア(シャネル)

シャネルのバッグ「ドロストリングバッグ」

手のひらサイズのミニバッグ。大粒パールのチェーンがロングネックレス感覚の華やかさ。バッグ「ドロストリングバッグ」(12×12×12)¥378400/シャネル カスタマーケア(シャネル)

シャネルのiPhoneケース

チェーンにカメリアリボンを飾った、ラムスキンの贅沢な逸品。iPhoneケース(15×7.6×1.7)¥157300/シャネル カスタマーケア(シャネル)

シャネル公式サイトはこちら

2.GUCCI《グッチ》

ヴィンテージライクな装いが新鮮。グッチのホースビット

「乗馬の世界とつながりの深いグッチの最も有名なアイコンといえばホースビット。アーカイブを現代的に解釈した最新コレクションは、どれもどこか懐かしいのに新しくて、飽きずに長く愛せそうです。」(スタイリスト 佐藤佳菜子さん)

グッチのホースビット

ダブルリングとバーで構成されたホースビットのハードウェアは、1950年代に初めて登場。(上)新たに登場した三つ折りミニサイズ。財布(8×10.5×3.5)¥70400・(中上)60年以上前の誕生当初と同じシルエットのショルダーバッグが今季ミニサイズに。ブラウンのレザーストラップつき。バッグ「GUCCI 1955 HORSEBIT」(14.5×20.5×5)¥286000・(中下)大荷物派の人は、インナーマグネットで開閉しやすく持ちやすいトートを。バッグ「GUCCI 1955 HORSEBIT」(28.5×38×13)¥250800・(下)中上と同じウェブ ストライプのストラップつき。バッグ「GUCCI 1955 HORSEBIT」(14.5×20.5×5)¥330000/グッチ ジャパン(グッチ)

グッチ公式サイトはこちら

3.Dior《ディオール》

レディなマインドは永遠♡ディオールのCDロゴ

「メゾンのシグネチャーであるシンプルなCDロゴが色々な素材や色に映えて心ときめく! そのエレガントな世界観は30代にも、これから先にも似合うエイジレスな魅力だと思います」(副編集長N)

すっきりしたフォルムのアイコニックなCDロゴは、優雅ななかにモダンさを感じる。

ディオールコーデの新川優愛

バッグのストラップにアタッチすればバッグチャーム的にも使える。カードホルダー(8.5×12)¥84700・襟つきビブ¥159500・シャツ¥198000・スカート¥352000・リング(参考商品)/クリスチャン ディオール(ディオール)

ディオールのマルチファンクションポーチ「DIOR CARO」

斜めがけ可能なストラップに、コイン/キーケース、フォンケースの二つがつく。黒のカーフスキンに象徴的な“カナージュ”ステッチを施して。マルチファンクションポーチ「DIOR CARO」(18.5×12、7.5×12)¥198000/クリスチャン ディオール(ディオール)

ディオールのバッグ「DIOR BOBBY」

“BOBBY”の名は、クリスチャン・ディオールの愛犬と、それにちなんでムッシュ ディオールが名付けた往年の同名アイテムへのオマージュ。レザーのショルダーストラップつきだが、別売りストラップで個性を加えても。バッグ「DIOR BOBBY」(17×22×6)¥451000・ストラップ¥148500/クリスチャン ディオール(ディオール)

ディオール公式サイトはこちら

4.CELINE《セリーヌ》

品格を気負わず楽しむセリーヌのトリオンフ

「美しくクラス感のあるデザインながらカジュアルにも、通勤にもと毎日の着こなしにすっと寄り添って格上げしてくれるのがトリオンフモチーフの魅力。今の30代のリアルな憧れだと思います」(編集W)

セリーヌコーデの新川優愛

パリの凱旋門を囲む鎖がインスピレーションとなったトリオンフは、ブランドのアイコンモチーフのひとつ。二つの「C」の組み合わせが特徴的なクロージャーとボクシーなシルエットはそのままに、コンパクトなショルダーバッグが追加。バッグ「トリオンフ キャンバスショルダー」(10×20×4)¥242000・財布「トリオンフ スモールフラップウォレット」(9×10.5)¥82500・帽子¥49500・カーディガン¥374000・カットソー¥62700・ジーンズ¥89100(すべて予定価格)/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)41915

セリーヌ公式サイトはこちら

5.HERMÈS《エルメス》

その美しい発色は唯一無二。エルメスのスモールレザーグッズ

「30代、そろそろ憧れのエルメスを手にしてもいい頃! 洗練されたレザーの発色と、圧倒的な上質感は、ほかにはない特別なもの。“いいもの”を大切に使うことで、日々のモチベーションに」(スタイリスト 斉藤くみさん)

エルメスのスモールレザーグッズ

(右)春色に心躍る、エルメスの新作小物。内側は華やかなピンク。財布「ベアン」(9.5×12×0.4)¥300300・(中右)既存のカードケースにコンパートメントを備えて新たに登場。カードケース「カルヴィ」(7×10.5)¥67100・(中左)留め具にはHの刻印。ストラップを外して財布としても。ウォレットバッグ「クリック」(14.4×16×2.2)¥370700・(左)カードケースも備わった、キャッシュレス時代の相棒。長めストラップは斜めがけも可能。ライニングは鮮やかなグリーンレザー。スマートフォンケース「イン・ザ・ループ」(21×12×0.4)¥167200/エルメスジャポン(エルメス)

エルメス公式サイトはこちら

6.BOTTEGA VENETA《ボッテガ・ヴェネタ》

モダンに生まれ変わったボッテガ・ヴェネタのイントレチャート

「いつか欲しいと思いながら、まだ手に入れていなかったイントレチャート。クラフトの伝統的な技法をこんなフレッシュなカラーで楽しめるのが嬉しい!」(スタイリスト 百々千晴さん)

ボッテガ・ヴェネタのイントレチャート

短冊切りのレザーを丁寧に編み込むイントレチャートは、ブランドを象徴するデザイン。2018年からクリエイティブ・ディレクターに就任したダニエル・リーにより、新たな解釈が加えられた。(右)幅広のイントレチャートがモダンな印象。「アイス」と名付けられたやわらかなブルー。財布(10×19×2)¥99000・(中右)新色「ピーチ」。財布(9×11.5×1)¥62700・(中左)定番の三つ折りタイプ。財布(10×7.5×3.5)¥62700・(左)ハンドルのノットデザインが特徴。深みのあるブルー「マラード」は新色。バッグ「ミニ ザ・ジョディ」(23×28×8)¥209000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)

ボッテガ・ヴェネタ公式サイトはこちら

7.LOEWE《ロエベ》

クラフトマンシップに遊び心をロエベのアナグラム

「デザインのユニークさだけでなく、知るほどにその職人技にほれぼれするブランド。中でもアナグラム ジャカードは軽くて丈夫な使いやすさも推せる理由!」(スタイリスト 吉村友希さん)

ロエベのバッグ

4つのLで構成されるアナグラムロゴを、特殊な二重織りを使ってキャンバス地に織り込んだ「アナグラム ジャカード」。上質レザーとのコンビネーションでクラス感と軽やかさを備えて。(右)ポーチ「パイナップルポーチミニ」(12×6.5×6.5)¥107800・(中右)熱気球に着想を得たシルエットがその名の由来。バッグ「バルーンバッグスモール」(25×18×13.5)¥298100・(中左)クリーンな新色のホワイト。バッグ「ハンモックバッグスモール」(25×13.5×30)¥297000・(左)バッグ「エレファントポケット」(18×8×4)¥97900/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエベ)

ロエベ公式サイトはこちら

8.FENDI《フェンディ》

気品とタフさを併せ持つフェンディのFENDI ROMAロゴ

「リュクスなレザーにガツンと効かせたフェンディローマロゴのインパクト! 機能性も高いので、デイリーに使いこなしてしなやかなフェンディウーマンを目指したい♡」(ライター 東原妙子さん)

フェンディのバッグ「サンシャイン ショッパー ミディアム」と新川優愛

なめらかなレザー素材に「FENDI ROMA」のロゴを型押しした、アイコニックなトートバッグ。アクセントになったべっ甲柄のトップハンドルだけでなく、取り外せるショルダーストラップで肩かけも。バッグ「サンシャイン ショッパー ミディアム」(31×35×17)¥315700・サングラス¥46200・ジャケット¥231000・プルオーバー¥157300・イヤリング¥38500/フェンディ ジャパン(フェンディ)

フェンディの財布とカードコインケース

(左)カード入れとスナップボタンのコインポケットつき。カードコインケース(8×10×2.5)¥44000・(右)コンパクトな三つ折り財布。ホワイトは公式オンラインストア限定色。財布(7.5×9.5×3)¥63800/フェンディ ジャパン(フェンディ)

フェンディのiPhoneケース

カード入れつき。iPhoneケース(14.5×7.5×1.5)¥52800/フェンディ ジャパン(フェンディ)

フェンディ公式サイトはこちら

撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉(人、グッチ、エルメス、ロエベ物)、坂根綾子(シャネル、フェンデイ物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/新川優愛 構成・原文/東原妙子 企画/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)で単位はcmです ※BAILA2021年6月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン