Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. BEAUTY
  3. スキンケア

30代は、美容医療とどう向き合うべき? 3人の美容のプロがお答えします!

くすみや初シミなどお肌の曲がり角を実感中の30代に、美肌先輩たちが口をそろえて「透明感は“30代からの積み重ね”で手に入る」と断言。優秀コスメに頼るのも手だけれど、「美容医療」は実際のところどうなの…?という疑問に対し、美プロ3人がアンサー!

美容医療とはどう向き合うべき?

人任せではなく「こういう肌になりたい」オーダーを(皮膚科医 友利 新先生)

「本来、自分の肌は自分がいちばんわかっているはず。クリニック任せではなく、『ここがコンプレックスで、理想の肌はこう』とオーダーをするのが大切です。クリニックの施術と毎日のスキンケアが共存してこそ、キレイをキープできます。安価なところを放浪するのではなく、信頼できるかかりつけ的な皮膚科医を見つけてください」

シミなどは若くて再生力の高いうちに取るべき!(美容家 石井美保さん)

「シミは早めにレーザーで取ってもいいと思っています。おばあちゃんになってから取るのは大変。再生力のある若い肌のほうが結果も早くて確実です。ビタミンCのイオン導入や、エレクトロポレーションなど肌にダメージを与えない施術なら、早くからやって、悩みを解消しておくほうが賢明。プラス、ブライトニングケアは念入りに!」

プロの目で客観的に肌を見極めてもらうのは重要(トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん)

「30代になったら、プロに第三者的な目で肌を診てもらうのもいいと思います。美容医療の効果を発揮させ、かつ持続させるためにも、日々のスキンケアをより丁寧に行うことも大切。また、食生活やライフスタイルを見直すことも必要です。こうして全方位的に意識をすることで肌に対する美意識の幅が広がりますよ」
 

教えてくれたのは…
石井美保さん

美容家

石井美保さん


トータルビューティサロン「Riche」主宰。大人可愛いを体現し、独自の美容論で女性誌やTVで活躍。

安倍佐和子さん

美容ジャーナリスト

安倍佐和子さん


出版社勤務を経て美容エディターとして活躍。自身の凜としたクリーンさと、鋭くも美しく綴る言葉に業界内にもファン多数。

友利 新先生

皮膚科医

友利 新先生


都内のクリニックに勤務するかたわら、雑誌やTV、YouTubeチャンネルを配信するなどパワフルに活躍中。

撮影/寺田茉布 ヘア&メイク/輝・ナディア〈Three PEACE〉 (石井さん)、藤本 希〈cheek one〉(安倍さん)、鈴木京子(友利先生) スタイリスト/青木宏予(石井さん)、槇佳菜絵(友利先生) 取材・原文/黒木由梨・小内衣子〈PRIMADONNA〉 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉 ※BAILA2021年6月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン