Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. まとめ

#HiHiJets #美少年 メンバーがBAILAに初登場!【推すべき新世代ジャニーズJr.まとめ】

ローラースケートとメンバー自身で振り付けしたダンスが話題の「HiHi Jets」、国宝級イケメンをそろえた「美 少年」。熱量が高い2グループから各2人にインタビュー。仕事への思いやメンバーの“推し”ポイントを聞きました。

<目次>

1. HiHi Jets 橋本涼

【推すべき新世代ジャニーズJr.】 #HiHiJets #橋本 涼 インタビュー

HiHi Jets

橋本 涼


はしもと りょう●2000年10月30日生まれ、神奈川県出身、O型。現在、「裸の少年」(テレビ朝日系、土曜16時~)、「ザ少年倶楽部」(NHK BSプレミアム、第1・第2金曜18時~)、「らじらー!サタデー」(NHKラジオ第1、土曜22時5分~)Travis Japan、HiHi Jets、美 少年の3グループが交代でMCを担当。

疲れを瞬時に吹き飛ばせるような推しメンになるのが目標!

「HiHi Jetsは個々の見た目は大人っぽいのですが、5人が勢ぞろいするとガキんちょみたいなグループ。くだらないことですぐ盛り上がって、自由奔放に笑かすことが大好きな集団です(笑)。自分がファンの方たちから推される理由のひとつに、パフォーマンスと普段のギャップがあるんだと思っています。ライブ中や音楽番組では色気を出したり、激しめに叫んでみたり。MCでは5人でふざけ合って、仲よし加減も全開です! スイッチの切り替えにギャップ萌えしてくれたらうれしいな」

「ジャニーズに入ったきっかけは、小3のときに、両親に連れていってもらった亀梨くん主演の『DREAM BOYS』でした。客席から観た亀梨くんはキラキラ輝いていて、自分もこんなふうになりたいと憧れて履歴書を送りました。たくさんの人を癒せるようなアイドルになりたいです!」

橋本くんの“推し”カルチャー!

バラエティ番組!

「くりぃむしちゅーさんが大好きで、『しゃべくり007』は毎週録画をしているほど。見ているだけで爆笑できるし、落ち込んだ日もハッピーになれる番組が好きなんです」

HiHi Jetsメンバーの“推し”ポイント!

作間龍斗by 橋本

「学校でいちばんモテる男子が好きな人にはさくちゃんが刺さるんじゃないかな。背が高くて多くを語らない男ですが、優しい男です」(橋本)

井上瑞稀by 橋本

「ジャニーズでは珍しいんですが、瑞稀には中性的な色気があります。パフォーマンスもそうだし、美肌で色白だし、注目ポイントです」(橋本)

2. HiHi Jets 作間龍斗

【推すべき新世代ジャニーズJr.】 #HiHiJets #作間龍斗 インタビュー

HiHi Jets

作間龍斗


さくま りゅうと●2002年9月30日生まれ、神奈川県出身、O型。現在、ドラマホリック!「DIVE!!」(テレビ東京系、水曜深夜24時~)で飛び込みの英才教育を受けてきた天才・富士谷要一を熱演中。また、YouTube「ジャニーズJr.チャンネル」は日曜配信。

グループを牽引する力はないけど縁の下の力持ちでありたい

「僕はメンバーやファンの方から頼られたり、期待されるのが好きなんです。“ローラースケートでバク転ってできない?”ってメンバーに相談されたら、できるようになるまで努力する。自分発信が昔から苦手だし、前へ前へ精神もなく(笑)、後ろでちょっと埋もれているくらいが気持ち的には楽なんですよね。もちろんアイドルという職業にはプライドを持っています。アイディアを出してもらって、形にしたり、グループに貢献できるとやりがいを感じるタイプです!」

「この仕事をしていなかった自分は想像すらできないし、“アイドルが天職”と胸を張って言えるようになるまで頑張るつもり。HiHi Jetsの追い風を吹かし、熱を上げて推されるアイドルになって、沼から出られなくなるくらいハマってもらえるよう努力していきます」

作間くんの“推し”カルチャー!

オリジナル動画を撮ること

「思い出作りの一環で動画や写真を撮るようになり、独学で編集作業も勉強しています。メンバーのショートムービーを作って、いつかライブとかで流せたらいいな」

HiHi Jetsメンバーの“推し”ポイント!

猪狩蒼弥by 作間

「グループ最年少組ながら、アイディアマンで頼りがいもあります。最近は可愛らしい部分を少しずつ出せるようになってきました」(作間)

橋本 涼 by 作間

「はしもっちゃんは、見えないところで頑張る努力家! 最近メンバーだけには弱い部分を見せてくれるようになったのが大きな変化に」(作間)

髙橋優斗 by 作間

「グループの最年長だけど、いちばんフレッシュ!くだらない話の食いつき方も半端ないし(笑)、はしゃぎだしたらノンストップ!!」(作間)

3. 美 少年 浮所飛貴

【推すべき新世代ジャニーズJr.】 #美少年 #浮所飛貴 インタビュー

美 少年

浮所飛貴


うきしょ ひだか●2002年2月27日生まれ、愛知県出身、B型。現在、「VS魂」(フジテレビ系、木曜19時~)にレギュラー出演中。主演映画『胸が鳴るのは君のせい』が6月4日(金)に公開予定。YouTube「ジャニーズJr.チャンネル」は毎週土曜日配信。

アイドル、俳優、バラエティ、すべての仕事に全力投球!

「毎日の生活に潤いと活力を与えられるようなアイドルを目指しています! だからファンレターで“浮所くんが頑張っているから、自分も仕事に向き合える!”なんて言葉をもらえることが生きがい。人間だから落ち込んだり、元気が出なかったりすることはもちろんある。でも、アイドルたるものそれを表で見せてはいけない。疲れているときは楽屋や自宅では静かになるけど、現場へ行ったら自然と気持ちを切り替えられるようになりました。」

「僕は休みがあると何をしていいかわからないし、逆に不安になってしまうので、オフは正直なくていいかな(笑)。仕事人間だし、詰め込まれてハードに生きるほうが性格的に合っています。バラエティやYouTubeで浮所を見かけたらぜひ応援してくださいね! 必ず元気を分け与えます(笑)」

浮所くんの“推し”カルチャー!

ブラックコーヒー

「美味しいと思って飲んではいないのですが(笑)、ブラックコーヒーを味わえる大人になりたくて、訓練しています。今日もそうだけど、現場にあると必ず飲んでいます」

美 少年メンバーの“推し”ポイント!

岩㟢大昇by 浮所

「料理男子で手先が器用!この間はドーナツを作ってくれました。大好物をリサーチして、メニューから考えてくれるとこがすごい!」(浮所)

那須雄登by 浮所

「那須は顔面が強くて、イケメンなところ。出会ったころから完成度が高かったし、20代になって、大人な魅力をアップさせてきました」(浮所)

藤井直樹by 浮所

「グループの最年長なのに、誰よりも可愛さがあって、年齢不詳なところがあります(笑)。中身はしっかりしていて、気配り上手!」(浮所)

金指一世by 浮所

「最年少だけど、アクロバットができるようになるために必死に努力をしています。成長のスピードが半端ないから目が離せないはず!」(浮所)

4. 美 少年 金指一世

【推すべき新世代ジャニーズJr.】 #美少年 #金指一世 インタビュー

美 少年

金指一世


かなさし いっせい●2004年2月9日生まれ、東京都出身、O型。現在、「裸の少年」(テレビ朝日系、土曜16時~)、「ザ少年倶楽部」(NHK BSプレミアム、第1・第2金曜18時~)、「らじらー!サタデー」(NHKラジオ第1、土曜22時5分~)Travis Japan、HiHi Jets、美 少年の3グループが交代でMCを担当。

17歳でも色気と可愛さを兼ね備えたアイドルになりたい

「小学生のときに再放送で観た『花より男子』がものすごくインパクトがあって、松本潤くんをきっかけにジャニーズ事務所という存在を知りました。中学受験が終わったと同時に、自分で履歴書を送り、活動するうち『美 少年』に加入。卒業アルバムに書いた“ジャニーズになりたい!”という夢をかなえることができ、ほっとした記憶があります。」

「最近は成長とともに少しだけ大人っぽくなったビジュアルを褒めていただく機会が増え、そこが僕の推しポイントなんじゃないかな(照)。僕はグループの最年少ですが、かっこいいも可愛いも表現できるアイドルでありたい。両方の武器を持っていたら最強だもんね。美 少年はいろんなタイプの美しさがあって、まだまだ成長段階ではありますが、変わっていくさまを見届けてください!」

金指くんの“推し”カルチャー!

キックボクシング

「去年の9月から週2ペースでキックボクシングを習っています。小学生のときに空手をしていたこともあり、アクロバティックな動きができるようになってきました」

美 少年メンバーの“推し”ポイント!

佐藤龍我by 金指

「脚がめちゃめちゃ長くて、シュッとしていて、モデル業でも大活躍! ちょっと天然で、ふわっとしているところが愛らしいです」(金指)

浮所飛貴by 金指

「すごく明るくて、疲れているところを見たことがないくらいタフ! コミュニケーションを自らとりに行って交流を深めていきます」(金指)

取材・原文/山中ゆうき 構成/斉藤壮一郎〈BAILA〉  ※BAILA2021年6月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン