Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【大人のオールインワン】1枚で着るオールインワンで、この夏はカッコいい大人にイメチェン!

今季いちばんのトレンドアイテム、オールインワン。大人のリラックス感とかっこよさ、どっちも叶えてくれるから、今のきれいめカジュアルな気分にぴったり! 今回は1枚で着られるタイプから、スタイリスト・高橋美帆さん、ライター・東原妙子さん、ライター・野崎久実子さんのおすすめを教えてもらった。

【1枚でOKのオールインワン】

クリーンな一着にスカーフで華を足して颯爽と

クリーンな一着にスカーフで華を足して颯爽と

顔まわりにポイントをつくって目線を上げて。防シワ加工ずみのリネン素材で、同じ生地を使用したジャケットとセットアップで楽しめる。オールインワン¥18700・手に持ったジャケット¥20900/アンクレイヴ イヤリング¥14300・リング¥14300/フーブス(イリス フォーセブン) スカーフ¥13200/マニプリ バッグ¥156200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥18700/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール)

1枚OKタイプならインナーに迷わずシーンレスに活躍!
「ちょっとフォーマルに装いたい日からリラックスして過ごしたい休日まで、幅広いシーンで着られるのがいい!」(東原さん)

忙しい朝もさらっと着られて、ワンピ以上に新鮮に!
「さらっと着るだけでコーデが今っぽく。アクセで女っぽさを盛りつつ、フラット靴で抜け感を出して着たいです」(野崎さん)

動きやすくて楽ちんなのに大人っぽさも満点!
「しめつけフリーで足さばきもよく、着ていて楽なのが今の気分にぴったり。特に今季は、体のラインを拾いにくいシルエットが豊富!」(高橋さん)

襟元が詰まったきれいめなデザイン。小物も淡いトーンで統一してスタイリッシュに

襟元が詰まったきれいめなデザイン。 小物も淡いトーンで統一してスタイリッシュに

POINT グレージュのフラットシューズで抜け感を

夏らしい清涼感のあるサックスブルー。ゆとりはありつつも、すっきりとしたシルエットにベルトマークでメリハリを効かせて。ウエストに入ったタックはそのままセンタープレスへとつながる美脚仕様。きちんと感の強いルックスとは裏腹に、ストレッチ素材で着心地も抜群。オールインワン¥15400/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ナノ・ユニバース) ネックレス¥50600/ココシュニック バッグ¥63800・靴¥59400/オデット エ オディール 新宿店(ペリーコ)

端正なバッグやきゃしゃなサンダルで、ほんのり香るワーク感を気負わない大人っぽさに昇華

端正なバッグやきゃしゃなサンダルで、 ほんのり香るワーク感を気負わない大人っぽさに昇華

POINT かっちりフォルムのバッグが、コーデを引き締める

つなぎタイプながら、とろみのある素材や五分丈のパフスリーブ、テーパードしたパンツ部分など、大人が着やすい工夫が詰まった上品な一着。オールインワン¥45200/シップス 有楽町店(ア ピューピル) イヤカフ¥10780/ノウハウ ジュエリー(ノウハウ) ストール¥27500/アーバンリサーチ ロッソ ルミネ有楽町店(スロウ) バッグ¥143000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) サンダル¥27500/プラージュ 代官山店(ファビオ ルスコーニ)

教えてくれたのは
高橋美帆さん

スタイリスト

高橋美帆さん

東原妙子さん

ライター

東原妙子さん

野崎久実子さん

ライター

野崎久実子さん

撮影/江原英二〈Astro80〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/門馬ちひろ モデル/宮田聡子 イラスト/itabamoe 構成・原文/松井友里〈BAILA〉 撮影協力/BERTH COFFEE ※BAILA2021年7月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン