Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

Tワンピはスカーフで鮮度アップ!スタイリストが3通りのつけこなしをレクチャー

リラックス感高めで気取らない雰囲気が魅力のTワンピ。30代が理想とする大人っぽく洗練された着こなしを、スタイリスト佐藤佳菜子さんのアイディアで実現!今回はスカーフをアレンジして足したコーデをご紹介。

アレンジし放題<スカーフ足し>

様々なアプローチで簡単にイメチェンできる上、マンネリしがちなコーデの鮮度アップにも効果絶大! 今年っぽく盛れる3つの巻き方に注目。

ボーダーと相性抜群! セーラーカラー風の「自家製襟」が楽しい

「ボーダーと相性抜群!セーラーカラー風の「自家製襟」が楽しい」

松島 花 ボーダーと相性抜群! セーラーカラー風の「自家製襟」が楽しい

正方形のスカーフを三角に折り、羽織るように巻いてみて。ひざ丈のボーダーワンピにつけ襟感覚でプラスするのがとびきり新鮮。「イメージは、小粋なマリンスタイル。茶目っ気のある柄×柄を気軽に楽しむコツは、まず大柄のスカーフを選ぶこと。そして、ボーダー&スカーフのブルー、スカーフ&バッグのピンクと、友達配色を意識すると統一感が出てすっきりまとまります」(佐藤さん)。ワンピース¥18700/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ルミノア) スカーフ¥16500/サンスペル 表参道店(サンスペル) バッグ¥49500/フルラ ジャパン(フルラ) イヤカフ¥7700/ジュエッテ

カーデの代わりに 「たすきがけ」して ぐんとこなれた雰囲気に

「カーデの代わりに「たすきがけ」してぐんとこなれた雰囲気に」

松島 花 カーデの代わりに「たすきがけ」して ぐんとこなれた雰囲気に

今までのカーデからスカーフにチェンジするだけで、クラス感が格段にアップ。「斜めに巻くと動きが出て、Tワンピが無難にならない。きれい色をさすのもいいけど、グレージュのワンピと同系色のスカーフを“リズムの一環”として取り入れるのもセンスがあって素敵です」(佐藤さん)。ワンピース¥13500/ノーク(ノーク) スカーフ¥17600/マニプリ ネックレス¥9900/ジュエッテ イヤリング¥9900/プラス ヴァンドーム ジェイアール名古屋タカシマヤ店(プラスヴァンドーム) バッグ¥40700/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥31900/エストネーション(ペリーコ サニー)

襟ぐりの縁を埋める ように「ひと巻き」。 カジュアルに知的さを

「襟ぐりの縁を埋めるように「ひと巻き」。カジュアルに知的さを」

松島 花 襟ぐりの縁を埋める ように「ひと巻き」。 カジュアルに知的さを

「鮮やか色こそ小面積で、が正解。三角形に折ったスカーフの中央を結び、両サイドを少しねじって空気を含ませるとフィット感がアップします」(佐藤さん)。ワンピース¥22000/サンスペル 表参道店(サンスペル) スカーフ¥13200/ユナイテッドアローズ 有楽町店(マニプリ) カーディガン¥34100/スローン メガネ¥34100/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス¥195800/ヴァンドームヤマダ(ヴァンドーム青山) 時計¥126500/ヴァンドーム青山本店(ヴァンドーム青山) バッグ¥30800/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥47300/ザ・グランドインク(ロランス)

教えてくれたのは
佐藤佳菜子さん

スタイリスト

佐藤佳菜子さん


“さとかな”の愛称で親しまれ、確かなセンスでBAILAのファッション企画を支える敏腕。働く30代にジャストなトレンド提案に定評があり、カジュアル上手としても有名。

撮影/渡辺謙太郎(人)、さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/松島 花 取材・原文/榎本洋子〈TENT〉 構成/倉田明恵〈BAILA〉 撮影協力/パティスリー イーズ、東京音楽大学〉 ※BAILA2021年7月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン