Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. まとめ

【松島 花に30の質問】モデルデビュー20周年!ファッション、ビューティ、仕事…31歳の今を語る!

祝モデルデビュー20周年! 31歳になった松島 花の素顔をクローズアップ。20年間、あらゆるジャンルを行き来しながら、センスを磨き、見る目を培った彼女のファッション論や美の磨き方はもちろん、日常生活やポジティブな働き方についても聞いてみました。

<目次>

1.キャリア20年で磨いたセンスとファッション

20年間、あらゆるジャンルを行き来しながら、センスを磨き、見る目を培った松島 花のファッション論とは?

ジャケット¥434500・パンツ¥126500・Tシャツ¥47300・靴¥105600・バッグ¥242000(すべて予定価格)/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)

Q1.花さんの私服のスタンダードといえば?

A「私の定番は週4ではいているデニム。体型にいちばんしっくりくるのは、RE/DONE(リダン)のデニムで、後ろポケットの位置が絶妙でヒップを立体的に見せてくれるデザインがお気に入り。試着では、必ず“後ろ姿”をチェックします。セリーヌやサンローランのデニムもイチ押しです」


Q2.好きなファッションアイテムは?

A「白いTシャツかな。夏ならシンプルに一枚で、冬はニットの下に重ねてと一年中手放せません。ごく普通のクルーネックが好きで、普段使いはユニクロのUTを愛用しています。ほかには、ブランドのロゴ入りやピタッとしたプチバトーなど白Tもバリエ豊富です」

Q3.ワードローブの中で最も多いアイテムは?

A「ジャケットですね。カジュアルにもフォーマルにも対応できる包容力のあるアイテム。クローゼットには様々なタイプがそろってます。それこそ白Tとデニムに合わせてもいいし、ドレスの上にパッと肩かけしてもサマになる」

Q4.お気に入りのジュエリーを教えて!

A「シンプルなダイヤモンドのピアス。30歳になったときに自分への誕生日プレゼントで購入。服装がよりシンプルになるにつれて、ジュエリーが気になりだしました。ミキモトのパールも少しずつそろえていきたいですね」

祝モデルデビュー20周年! 31歳のファッション論

ワンピース¥225500(予定価格)/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)

Q5.30代になった現在のファッション観は?

A「自分なりに厳選した上質なアイテムを長く大切にしていくスタイルに変化。好きと似合うが一致するわけではないと学んで、パッと見だけで購入することはなくなりました。買い物に行く前には、クローゼットを見回すというのもルール。数を所有するよりも、少なくても思い入れのあるアイテムに囲まれるほうが今の私には心地いいし、満たされます」

Q6.服を着こなすコツってなんでしょうか?

A「俯瞰の目線を持って全体像でとらえること。“着こなす”って調和だと思うので、ヘア&メイクも含めたトータルで考える。服を決めてからヘア&メイクという順番にすると、メイクで足し引きの最終調整ができて、雰囲気がチグハグしないのでおすすめです」

Q7.モデルとしてファッションポリシーは?

A「クールからフェミニン、カジュアルまで、普段から幅広いファッションに触れて、あらゆる女性像に染まれる自分でいること」

Q8.花ちゃんが考えるおしゃれな人ってどんな人?

A「どんな服を着ても“自分らしさ”が醸し出される人。何かひとつを選び取るときも、“流行っているから”を理由にしないで、自分のタイミングや考えを軸にしている人は素敵に映ります。たとえば、ご褒美で手に入れたハイブランドのアイテムがあったとして、すぐに身につけるのではなくて、しっくりくる瞬間まで寝かせてみる、とか。豊かな楽しみ方ができるのがおしゃれなのかな」

松島 花を知るQ&A《ファッション編》を詳しくチェックする

2.愛用コスメや家トレグッズ、美容家電まで大公開!

しなやかなボディと澄み切った素肌はどうつくられているのか?松島花流・美の磨き方、必見です。

Q1.最近の推しコスメ&リピートしている愛用コスメは?

A「推しはイヴ・サンローランのクッションファンデ。色々試した中でいちばん私の肌にフィット。リピートアイテムは、クレ・ド・ポー ボーテの日焼け止めで、素肌の色みを残す使用感と高い保湿力が魅力」

アンクル ド ポー ルクッションN SPF 50+・PA+++ 全7色 ¥8800(セット価格)/イヴ・サンローラン・ボーテ

アンクル ド ポー ルクッションN SPF 50+・PA+++ 全7色 ¥8800(セット価格)/イヴ・サンローラン・ボーテ

Q2.愛用している香りは?

フラワー オブ イモータリティ オード パルファム 50㎖ ¥30800/キリアン お客様相談室

フラワー オブ イモータリティ オード パルファム 50㎖ ¥30800/キリアン お客様相談室

Q3.花さんの美しい姿勢はどうやって保たれている?

A「小さい頃から習っていたクラシックバレエのおかげでもあるけど、やっぱり意識の問題かな。人に見られているという意識を常に持つこと。美しい姿勢にするだけで人は100倍きれいに見えますから。ドライヤーで髪を乾かしているとき、信号待ちなど、日常生活のふとしたときに姿勢のクセが出やすいので、骨盤や重心の正しい位置を考えて、その都度整えています」

Q4.愛用中の“家トレ”グッズは?

A「筋膜リリース用のローラーやトレーニングチューブ、足裏の筋肉をほぐすビースティ・ボールをヘビロテしています。わが家は美容グッズよりもトレーニング道具のほうが確実に多いですね」

Q5.モチベーションを保つには?

A「常に自分の中で目標を定めておくことが好き!昔から小さな目標や大きな目標を自分の中で決めておいて、それに向かって頑張ることがモチベーションを保つ秘訣です。じゃあ、今何ができるだろうと考えて、行動するのみです!」

Q6.目指しているボディはどんなイメージ?

A「カリカリのきゃしゃな体に憧れたこともあったけど、私は筋肉がしっかりあるタイプ。今は、本来持っているものを生かしメリハリのある女性らしい体を目指しています。ほどよく筋肉、ほどよくやわらかさがあって、年齢にふさわしい色気が備わるといいな」

Q7.おすすめの美容ツールを教えてください!

A「セルキュアの美顔器を愛用中。撮影現場で使ったら、びっくりするくらい効果を感じて購入。使い続けたら、顔がむくむことがなくなりました」

セルキュア 4TPlus ¥180400/ベレガ

セルキュア 4TPlus ¥180400/ベレガ

Q8.お気に入りのビューティアドレスは?

A「突然ニキビができたときの駆け込み寺が“あやこいとうクリニック”。ネイルは、“kakimoto arms 青山”の小貫絢子さんにおまかせ。いつも可愛く仕上げてくれるんです」


◇あやこいとうクリニック

東京都渋谷区猿楽町24の7 代官山プラザB1D

☎03(6455)1337

https://ayakoitoclinic.com/ 


◇kakimoto arms 青山店

東京都港区南青山5の6の12

☎03(5464)0011

https://kakimoto-arms.com/ 

Q9.きれいな肌のために心がけていることは?

A「肌トラブルとは無縁だったんですが、30歳になる直前にお肌の曲がり角を実感。シートマスクを取り入れました。ほかにも、スキンケア中にスチーマーを使い始めたら、肌がツルツルに。花粉による肌荒れも軽減されてます」

目もと用部分シートマスク。スパトリートメント HASストレッチiシート¥7700/ウェーブコーポレーション

目もと用部分シートマスク。スパトリートメント HASストレッチiシート¥7700/ウェーブコーポレーション

松島 花を知るQ&A《ビューティ編》を詳しくチェックする

3.小さいころはどんな子だった?オフの過ごし方も

Q1.オフの日の過ごし方は?

A「車の運転が大好き!思い立ったらドライブへ。コロナ禍なので、今は行動範囲がすごく狭いけど、以前は気軽に軽井沢や箱根、葉山など長距離ドライブへ。そのまま一泊して帰ってくるのがオフの過ごし方。仕事の日も、家とスタジオの往復は自分で運転。車内は気持ちを切り替える場所でもあります」

Q2.小さい頃はどんな子どもだった?

A「すごく人見知り。ずっと人の後ろに隠れているタイプで、この仕事をやっていることを家族や親戚が不思議に思っているくらいです。学校の授業でも、朗読の順番が回ってくる日はだいたいお腹が痛くなっちゃって(笑)。クラシックバレエに出会ってからですね、ちょっと自信がついて、表に出られるように」

小さい頃はどんな子どもだった?

Q3.10年前の自分に会ったら言いたいことをどうぞ!

A「もうちょっと肩の力を抜いて大丈夫。人に壁をつくらなくてもいいよ。現場でコミュニケーションをとるときに、力が入っていたなと思います。相手の様子をうかがっていたのかもしれません。今はすごくオープンになれて、それがすごく気持ちいい」

Q4.おうち時間を楽しむお気に入りのエンタメは?

A「ついつい観てしまうのはバレエを題材にした作品。有名どころでいえば、『リトル・ダンサー』『ブラック・スワン』。数ある作品の中でも『センターステージ』が大好きで、擦り切れるほど観ました」

おうち時間を楽しむお気に入りのエンタメは?

映画『センターステージ』(’00年)
NYの名門バレエアカデミーを舞台に、センターステージに立つことを夢見る若者たちの成長を描く青春ストーリー。
デジタル配信中/DVDレンタル中
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
Ⓒ 2000 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

Q5.花さんにとって自分らしくいられる時間とは?

A「トレーニングをしている時間、かな。と答えると『モデルって、大変ですね』といわれがちですが(笑)、私の場合はただ純粋に体を動かすのが好きなんです。いつも考え事で頭が働きっぱなしになりがちだけど、トレーニング中は無になれて、頭の中をリセットできる大切な時間。もし、モデルをやっていなかったとしても、運動はライフワークのひとつ。やっぱり好きじゃなかったら、10年は続けられませんから」

保護猫・保護犬

モデル業のかたわら、保護猫・犬の里親探しをサポートする活動に取り組んでいる花さん。その思いとは?

@hana_matsushima_animal

Q1.現在の活動をスタートしたきっかけは?

A「20年間飼っていた愛猫“梅ちゃん”を亡くしたことをきっかけに、『動物のために私にできることをしたい』と思いアニマルアカウントをスタートさせました。私が小さい頃から、母が地域猫のボランティア活動をしていた影響も大きいです」

Q2.活動を続けてきて思うこと、見えてきた現実とは?

A「2018年4月からインスタグラムで専用アカウントを立ち上げました。まる3年がたち、賛同してくださる人もたくさんいて、ボランティアの輪が広がっている実感もあります。もちろん考え方が違う人もいるので折り合いをつける難しさにも直面する日々。私にできることは、動物に起こっている様々な問題をより多くの人に関心を持ってもらえるように現状を拡散していくこと。自分ができることを精いっぱい続けていきたいです」

Q3.目指しているゴールは? 続けるためのモチベーションも教えてください

「殺処分がなくなり、保護施設が命を“生かすための施設”に変わること。救われている命を実感できると頑張れます。発信を続けることで、動物をペットショップで買うのではなく、保護施設から引き取るという選択がもっと浸透したら嬉しいです。私が命の期限で情報拡散している子たちは、全国の保健所に収容されている中のほんのひと握りです。私のアカウントがきっかけで保護活動を始めたという人や、里親に迎えた保護猫、保護犬の写真を送ってくださる方もいます。つらい活動ではありますが、専用アカウントが必要なくなる日がくることを目指します」

松島 花を知るQ&A《ライフスタイル編》を詳しくチェックする

4.31歳、ポジティブに働くコツって?

12歳でのモデルデビューから20年。成熟してもなお、新しい自分へと歩み続けるモデル・松島花の心に触れる。優しさと思いやり、柔軟性。

ジャケット¥385000・デニム¥107800・靴¥143000・ブラウス(参考商品)(すべて予定価格)/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)

Q1.20周年を迎えた、現在の率直な気持ちは?

A「飽きっぽい私が20年も続けられるなんて、自分でも想像していませんでした。実は20周年を待ち望んで、特別な想いで迎えたわけじゃなくて、むしろ忘れていたくらいで(笑)。昨年末のふとした瞬間に『来年(2021年)、私、32歳か。……え?ということは!』といった流れで気づいたんです」

Q2.活動する中で転機となった印象的な瞬間とは?

A「学業と両立しながらモデル活動をしていて、漠然とですが高校を卒業したら大学に進学して、就職するんだろうなと思っていました。それが17歳のときに、資生堂の広告撮影を経験したことによって大きく意識が変わっていったんです。シャンプーのスチール撮影のため、躍動感のある髪の動きを表現するのに、私がジャンプをした瞬間をカメラに収めようと取り組んでいました。毛先までコントロールするのは至難の業で、私はたぶん300回くらいジャンプをしたはず。たった一枚の写真のために、スタッフさんたちが一丸となって情熱を注いでいる光景を目の当たりにして、自然と私も『次は体をひねって飛んでみよう』と考えて工夫している自分に出会った。ものづくりって面白いと、感覚が開花した出来事でした。今まで感じていた楽しさとは違っていて、この楽しさを味わえるならずっとやっていきたい。できる限り長く携わっていきたいと、モデルに向き合う心が変わったんです」

Q3.20年という長い道のりの中で、歯がゆい思いをすることは?

A「海外のコレクションに挑戦しなかったことですね。13歳のときに、東京コレクションでランウェイを歩いたのをきっかけに、ショーモデルに憧れるようになりました。ところが当時は、身長175㎝以上じゃないとオーディションを受ける資格もない時代。173㎝の私が挑んでも意味がないとあきらめてしまったけど、表現力を磨くチャンスだったかもしれないなって。その代わりに日本で求められる仕事を精いっぱいやっていこうと舵を切りました。結果的には、今の私につながっていく出発点になっています。最近では、海外のオーディションでもインスタのフォロワー数を記入する欄があったり、ライフスタイルや個性に重きが置かれている。絶対的だった身長がマストではない時代です。同じようにモデルのあり方は、この20年で大きく変化していて、私がデビューした頃はモデルというジャンルが確立していたけど、今はモデルがキャリアの通過点になっている。正直、歯がゆさはあります。だからこそ、あらためてモデルにしかできない表現を突き詰めていきたい」

Q4.キャリアを重ねてもなお、新鮮味を持ち続けられる理由は?

A「新しい自分を見てもらいたいという欲があるし、その努力を続けてきました。20年続けていると、『ルーティンになっているんじゃないか?』と、時折立ち止まって自分を疑うことが必要になります。ポージングや表情にもクセってあるだろうし、無意識のままでは同じような表現をしかねません。スカートの裾をひらひら動かすことだって“いつもの作業”にはしたくない。スタッフさんたちも顔見知りの人が増えて、『久しぶり』の人はいても、『はじめまして』の人と出会う機会は少なくなっています。私をよく知る人にほど、何かしら刺激や新鮮味を感じてもらいたい。新しい表現方法を模索するのは難しくもあるけれど、被写体としていい意味で裏切っていけたら。とはいえ、今でも撮影の前日ってわくわくするんですよ。ベッドに入ってからも、『明日の撮影でこんな表現ができたらいいな〜』とゴロゴロ寝返りを打ちながら、イメージをふくらませる。前日の夜に撮影現場へ来ていく服を選んでいる時点から、すでに仕事がスタートしている感覚なのかもしれません」

Q5.モデルとして、一人の女性として見据えている「これから」とは?て、一人の女性として見据えている「これから」とは?

A「モデルとしては、ただ服を美しく見せるマネキンではなく、作品をつくるチームの一員である意識を持っていたいですね。そういうモデルがいてもいいのかなと思いますし、その意識があるとよりいいものを作り出せると信じています。言われるがままではなく、もっとよくしたいという意味で“参加型モデル”でありたいです。私の仕事は、誰かに求められて初めて成立します。自分が表現する、それを誰かが喜んでくれる。その幸せなイコールが続く限りこたえていきます。時代はどんどん変わっているから、松島花としてできること、発信していけることがあれば、“モデル”という枠にとらわれない柔軟さも持ち合わせたい。今は、発信したい内容に合わせて、SNSをはじめ自分一人で発信する場所を持てる時代ですよね。自由にできる世の中なので、自分の考え方さえゆらがなければ、とても生きやすいのかなと思います。私にとって、そのひとつとして保護猫・保護犬の活動があります。これはモデルではなく、一人の人として発信していくもの。あらためて感じるのは、仕事も人生も、私一人では何も成し遂げられません。すべての根本に、優しさや思いやりを伴わせながらこれからを楽しみたいです」

松島 花を知るQ&A《仕事編》を詳しくチェックする
松島 花

松島 花


まつしま はな●1989年8月5日生まれ。東京都出身。モデルとして数々のファッション誌や広告、CMなどで活躍するほか、女優としてドラマや映画にも出演。オフィシャルインスタグラム@hana_matsushima_official

撮影/YUJI TAKEUCHI 〈BALLPARK〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 取材・原文/長嶺葉月 構成/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※BAILA2021年7月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン