Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. まとめ

【 #関ジャニ∞ #大倉忠義 】関ジャニ∞ 大倉忠義スペシャルインタビューまとめ【BAILA × Jの鼓動】

どう動けばうまくいくかを瞬時に分析、型にはまらず物事を俯瞰できる男。独自の発想の根底には、“生涯チャレンジし続ける”という彼の哲学が流れている。関ジャニ∞ 大倉忠義さんにインタビューした。

関ジャニ∞・大倉忠義

BAILA×Jの鼓動  大倉忠義(関ジャニ∞)

大倉忠義


おおくら ただよし●1985年5月16日生まれ、大阪府出身、O型。関ジャニ∞として2004年にCDデビュー。現在、「関ジャニ∞クロニクルF」(フジテレビ系 月曜23時~)、「関ジャニ∞のジャニ勉」(関西テレビ 水曜24時25分~)、「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系 日曜23時~)に出演中。

迷って時間をかけるより決断して前に進む。やり直すことはできるから

固定観念にとらわれず、あらゆる角度から柔軟に考えるタイプだと語る大倉さん。それでいて決断力もあるという優れたバランス感覚は、長年の経験で培われたものだそう。

「計画的に進める部分と、自分の直感を信じて進むところの両方が自分の中にあるんです。ひらめきから始まって、進めていく段階ではけっこう慎重になる。10代の頃は経験値も低いから、今とは違って優柔不断で……。でも、20代になると、自分で決めなきゃいけないことが多すぎて、直感を信じるしかなくなって。迷っていたら周りの人までストップさせることになるしね。30代に入って、これまでに積み重ねた成功体験から直感の精度が上がり、瞬時にいい判断ができるようになったという感覚です。頭をフル回転させて即断即決したほうが前に進めるし、“やっぱちゃうな”って思ったらやり直せばいい。だから、“あれこれ悩んで、気づいたら数日たっていた……”なんてことも、今はなくなりました。昔からマイペースだし、決まり事が嫌い(笑)。自由にさせてくれるほうがいい動きができるんでしょうね」

最近では、グループ活動のほかに、後輩である関西ジャニーズJr.のライブ演出も手がけるように。

「一人ひとりが映えるパフォーマンスをアドバイスしたり、グループの魅力が引き出せる演出を考えたり、今は育てていくことの楽しさを学んでいる最中です。人と正面からぶつかっていくって、ものすごくエネルギーがいる。人間関係を築き上げるには時間も必要だし、彼らは多感な年頃でもあるから、どんな言い方なら伝わるかと、日々考えながら接しています。あれこれ言わないほうがいい子もいるし、こればっかりは法則がない。学校の先生は大変だなって、あらためて思います(笑)。」

「とはいえ、成長していく姿をいちばん近くで見られるのは最高の楽しみです。自分もJr.時代は数年間仕事がない状態で、順風満帆ではなかった。舞台でもひと言しかセリフがなく、悔しい思いをしたことも。でも、だからこそ今がある。そんな思いが後輩にも伝わっていたらいいな」

自分を追い込んでいつでも新しい何かに挑戦し続けたい

後輩の指導に携わることは自身の成長にもつながるとほほえむ大倉さん。

「もともと物事を俯瞰してきたつもりだったけど、実際に裏方業をやってみないとわからなかったことがたくさんあります。立ち居振る舞いひとつをとっても、立場が違うとこう見えるのかと。視野も広がりましたね。それと同時に、現状に満足するのも大切だけど、なんとなく自分はそれだとダメになっていくなとも感じたんです。だったら、追い込むしかないわけで。満たされない自分をつくって、そこに危機感を抱いていたい。甘やかして生きたくないんですよ。

「こんなふうに語ると、ものすごくストイックな人間に思われそうだけど、そうではなく、二日酔いのときはめっちゃダラダラしてます。無駄な一日を過ごすこともしょっちゅうあって、自分を甘やかしまくり。なのに、人から生活リズムがくずされるのと、二度手間&無駄は嫌い(笑)。だから、だらだらしがちなオンライン会議が苦手で、すぐまとめに入っちゃう。昔から“巻く”って言葉が大好きで、待ち時間ができると憂うつになる人間なんです。年を重ねるたびにそういう頑固な部分が強くなっている気もしていて、周りからしたら扱いにくい人間だろうなと自覚はしているけど、改善の余地は……ありません。無駄なことをなくしていったら、俺がいらんって言われそうですね(笑)」

「最初に自分をよく見せないほうがハードルが上がらない。飾った姿を演じてしまうと、後に苦しくなるから」

高いハードルにひるむ気持ちはあるけれど、がむしゃらになるしかない!

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』ではどうしようもないダメ男を、ドラマ「知ってるワイフ」では悪い人間ではないが、優柔不断でポンコツ、決してよい夫とはいえない既婚男性を熱演。アイドルらしからぬ影のある役で存在感を発揮している。そんな大倉さんが新たに挑む舞台『夜への長い旅路』では、父親のスネをかじりながら道楽を繰り返し、アルコールにおぼれる長男ジェイミーに扮する。

「4年ぶりの舞台は楽しみなんだけど、むちゃくちゃ恐ろしくもあります。重めな内容だし、ベテラン勢に囲まれるわけですからね。ただ、いい緊張感はどんな仕事でも必要だと思うし、がむしゃらに頑張る気持ちがなくなった瞬間に、急に老いが迫ってくると思っていて(笑)。常にレベルアップしていかなければという意識は20代のときからずっとあります。これは一生続くものだと思う。ただ、自分の場合は、“何のために頑張るか”が明確だから努力するしかないだけで、もし特にはっきりした目標がないなら頑張らなきゃと焦る必要はないんじゃないかな。やみくもな努力ならしなくていいと僕は思います。」

「仕事以外の自分磨きはというと、何もできていないのが正直なところ。エステに行って、全身ツルツルになりたい願望はあるんだけど(笑)、なかなか行動に移せません。最近レギュラー番組で女装をする機会が増えたんですが、メイク時間に1時間以上かかるから、ヒゲがなくなると楽だなと思ってはいるんだけど。あとは、あき時間にメイク動画をよく見るようになりました。最初の頃は、メイクグッズを紹介するときの手のひらをかざすポーズが謎で、“なんなん?”って思っていたけど、ほかのものにピントが合わないようにするためだと知り、“なるほどな!”と納得。そういう発見が何かにつながらないかなと、日々研究しています」

つらい現実をちょっとでも忘れて、心を揺さぶるような感動を与える人間になりたい

舞台『夜への長い旅路』

作/ユージン・オニール 出演/大竹しのぶ、大倉忠義、杉野遥亮、池田成志ほか 

※ 6月7日~7月4日はBunkamuraシアターコクーン、7月9日から18日は京都劇場で公演予定。 

息子を亡くし、麻薬の常習者になってしまった母メアリー(大竹)、アルコールにおぼれて放蕩する長男ジェイミー(大倉)。タイロン家の確執があらわになっていくさまが描かれる。

 取材・原文/山中ゆうき 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉 ※BAILA2021年7月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン