Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【百々千晴のデニム】ベージュとモノトーン、この夏デニムで取り入れるならこのコーデ

デニムといえば、百々千晴。今、最もそのデニムの着こなしが気になる人である彼女にこの夏の着こなしを披露してもらいました。今回はベージュワントーンとモノトーンの2つの着こなしをご紹介。

“デニムは今の気分を表すバロメーター”

「ここ数年はハイウエストが最も気分にフィットするシルエット。インしたときにウエストがポイントになるし体のラインにもメリハリが出る。アクセントをウエストに持ってくることで女性らしさを見せることもできるし、スタイリングも遊びやすかったり、くずしやすかったりと、幅を出しやすい。10年前と同じものをはき続けるのは正直飽きてしまうから、デニムのような定番アイテムこそ今の気分を乗せることでうまくいくんだと思います。少しのことで見え方や印象が大きく変わる。だからデニムはいつまでも面白く大好きなアイテムなんです」

1.いつでもどこでもフィットする、便利なワントーン

デニムのワントーンコーデの百々千晴さん

よく着る色の組み合わせ。今回はバッグと靴を黒にして全体を引き締めているのですが、日によっては小物も全部同じトーンにして楽しむことも。考えなくていいのにサマになるし、いいことだらけ。
デニム¥26400/シシクイ

TOPS/REFORMATION
HAT/KIJIMA TAKAYUKI
BAG/THE ROW
SHOES/BIRKENSTOCK

【着たのはこれ!】

シシクイのニュアンスベージュデニム

THE SHISHIKUI
夏にぴったりなニュアンスベージュが登場。シルエットやディテールはブルーのものと同じ。自分の体に合ったアタリや経年変化を楽しみたい。¥26400/シシクイ

ウカのネイル

MADE IN JAPANのクオリティと気づかいが最高
ウカのペディキュア用を手もとに使っています。日本人が作っているネイルってやっぱり日本人の肌に合うし、ブラシも含め塗りやすさとかも格別。色違いでそろえてます。

2.極力シンプルでいたいから、デニムにはモノトーンが基本

スクエアタイプのキャミとデニムコーデの百々千晴さん

週5~6デニムで過ごしていますが、やっぱりデニム=カジュアルなものだし自分の好みもあって×モノトーンにすることがいちばん多い。スクエアタイプのキャミも最近購入したもので青を黒で大人っぽく振っています。
デニム¥22000/アングリッド(Ungrid×DODOJEAN)

デニムのシンプルコーデ

TOPS/Ë BIOTOP LINGERIE
HAT/KIJIMA TAKAYUKI
BAG/DELVAUX
SHOES/THE ROW

【着たのはこれ!】

アングリッドのデニム

Ungrid
腰位置がほかのものに比べてややローに設定され、本人いわく“土臭い”ムードに着地させたモデル。古着のようなこなれ感が絶妙。¥22000/アングリッド(Ungrid×DODOJEAN)

教えてくれたのは
百々千晴

スタイリスト

百々千晴


本誌の連載やカバーのスタイリングをはじめ、多くの女性誌、広告で活躍する人気スタイリスト。故郷の名にちなんだブランド「THE SHISHIKUI」を立ち上げたほか、YouTubeやオンラインサロンも主宰しマルチに活躍。

撮影/さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/nagisa〈W〉 スタイリスト・モデル/百々千晴 構成・原文/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年8月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン