Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【百々千晴のデニム】白T+デニム、定番スタイルのアレンジ術を教えて!

デニムといえば、百々千晴。今、最もそのデニムの着こなしが気になる人である彼女にこの夏の着こなしを披露してもらいました。今回は白T+デニムの定番コーデを盛る百々流テクをご紹介。

“デニムは今の気分を表すバロメーター”

「ここ数年はハイウエストが最も気分にフィットするシルエット。インしたときにウエストがポイントになるし体のラインにもメリハリが出る。アクセントをウエストに持ってくることで女性らしさを見せることもできるし、スタイリングも遊びやすかったり、くずしやすかったりと、幅を出しやすい。10年前と同じものをはき続けるのは正直飽きてしまうから、デニムのような定番アイテムこそ今の気分を乗せることでうまくいくんだと思います。少しのことで見え方や印象が大きく変わる。だからデニムはいつまでも面白く大好きなアイテムなんです」

1.原点回帰な着こなしはプラスワンの遊びを取り入れて

デニムの足もとにピンクを足したコーデの百々千晴さん

夏の半分ぐらい、この格好をしてるかもってぐらい私の定番中の定番。白T+デニムのような揺るぎないベーシックだからこそ足もとにピンクを足したり、その時々の遊びを加えます。
デニム¥26400/シシクイ

TOPS/THE SHISHIKUI
SHOES/CHANEL

【着たのはこれ!】

シシクイのデニム

THE SHISHIKUI
デニムらしいデニムを作りたいという思いからあえてノンストレッチにこだわり、ハイウエスト・ストレート・短め丈と百々さんの好きが詰まった一本。¥26400/シシクイ

自然派クッキー

私も子どもたちも大好物な自然派クッキー
背中のニキビが気になり、白砂糖を控えてるんです。で、オーガニック系のものを取り入れているなかで子どもも気に入って食べてくれるのがこのシンシアガーデンのクッキー。百々家ではあれば争奪戦の勢いです。

2.“ちょっとお出かけ”そんなときのジャケット合わせ

デニムとジャケットコーデの百々千晴さん

ラフに見えがちなデニムもジャケットがあるとたちまちよそゆき顔に。ブルーデニムもいいけれど、端正なブラックデニムできちんと感をさらに出せば、デニムなんだけどデニムをはいていないかのような見え方になる。夜、友人たちとレストランへ行くときなどによくする着こなしです。冷房対策にもなって一石二鳥!

ヘアスタイル

BAG/JIL SANDER
SHOES/CHANEL
EARRINGS/SOPHIE BUHAI
WATCH/APPLE
RINGS/SHIHARA, REPOSSI,MADISONBLUE,PAS TIERRA

バッグ

デニム¥25300/エストネーション(ザドドジーン ルワークウェア エストネーション) シャツジャケット¥40700/クルーズ(エリン) Tシャツ¥16500/ラグ & ボーン 表参道店(ラグ&ボーン) シュシュ(スカーフとセット)¥13200/メゾン アミュトレッセ(トレス)

【着たのはこれ!】

ザドドジーン ルワークウェア エストネーションのデニム

THE DODO JEAN×Le ’Workware’×ESTNATION
この中で最もレングスが長いタイプ。腰まわりはきゅっとタイトにし、ヒップラインを美しく見せる。¥25300/エストネーション(ザドドジーン ルワークウェア エストネーション)

教えてくれたのは
百々千晴

スタイリスト

百々千晴


本誌の連載やカバーのスタイリングをはじめ、多くの女性誌、広告で活躍する人気スタイリスト。故郷の名にちなんだブランド「THE SHISHIKUI」を立ち上げたほか、YouTubeやオンラインサロンも主宰しマルチに活躍。

撮影/三瓶康友(人)、さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/nagisa〈W〉 スタイリスト・モデル/百々千晴 構成・原文/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年8月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン