Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. EDITOR'S PICK

色石は宿命。bororoのスモーキークオーツのロックリング【30代に幸せをくれるもの vol.77】

BAILA編集部員のおすすめやお気に入りをリレー式で綴る「エディターズピック」。vol.77は、色石は宿命。bororoのスモーキークオーツのロックリング【30代に幸せをくれるもの vol.77】

買い物は運命、色石は宿命。…と、何かと理由をつけてショッピングしちゃう人生。また出会いましたよ、何度目かの宿命に。色石は出会った時が買い時、もう次は出会えないかもしれない。と即座にクレジットカードを出した、bororoのスモーキークォーツのロックリング。

色石は宿命。bororoのスモーキークオーツのロックリング【30代に幸せをくれるもの vol.77】_1

展示会で出会ったbororo。コンセプトは「天然石の美しさをそのまま身につける」。世界中で集めた宝石を、日本の伝統工芸士の手仕事で削り出しジュエリーと変容させる。だから一つ一つがオリジナルピース、というストーリーがグッときます。展示会では実際に、原石からジュエリーに成っていく過程もディスプレイされていて、その丁寧な仕事ぶりと技術に感嘆。

色石は宿命。bororoのスモーキークオーツのロックリング【30代に幸せをくれるもの vol.77】_2

この展示を見てスモーキークォーツに一目惚れ。ブランデーのような少し琥珀がかったグレイッシュな色で、原石の時点でもう好き。削ってから台座に設置するのではなく、台座をはめてから削り出すので石と台座の境がすごくシームレス。そんな手触りも素敵で、即カードに手を伸ばす私。展示会からそのままお持ち帰り。

色石は宿命。bororoのスモーキークオーツのロックリング【30代に幸せをくれるもの vol.77】_3

はめるとこんな感じ。ランダムなカットが光を透かし、ちょっと大きめのダークカラーの色石でも重すぎず、軽やかにまとえます。やっぱ宿命に狂いなかったわ。普段からリングは両手でいくつかゴロゴロとつけるのが好きなのですが、コイツの投入で新しい重ね付けの法則ができたり、同じ洋服でも色石があると雰囲気が変わったり。地金のジュエリーとはまた異なる楽しさがあっていいですよね、色石。合わせるネイルも石とのバランスを考えたり指先の幅が広がる色石、うっかり出会ったら宿命と思って購入推奨です。

bororoのHPはこちら
購入はこちらのescapers onlineからも
肩出しナベ嬢

肩出しナベ嬢


「肌と心にセンシュアルを」がテーマの美容、時々食担当。白より黒、リボンよりスタッズ、カシオレよりビール、甘いものより塩っぱいもの党。花と花器ばかり買ってしまう日々。肩出しと名乗ってますが、背中だって出していきたい。

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン