Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. Lifestyle

打たれ弱い性格です。前向きに仕事するにはどうしたらいい?【BAILA本誌連載「松岡修造、指南!燃やせ!君のモチベーション」】

やる気はまず“コトバ”から! 実は誰よりもネガティブだという、日本一熱い男・松岡修造さんが、読者のお悩みにお答えする、BAILA本誌の大人気連載。今回は、打たれ弱い性格で、小さなことでへこみがち...。どうしたら前向きに仕事ができるかを悩んでいるアラサー女子にアドバイスしていただきました。

【今月の修造ワード】モチベーション一点しぼり!

松岡修造がお悩みにアドバイス

あなたは打たれ強いですか? それとも打たれ弱いタイプですか??

「国内営業部から海外と交渉する部署に異動になって3カ月。英語を使う仕事に慣れず、周囲の英語力の高さに委縮してしまい、仕事のモチベーションが下がっています。打たれ弱い性格で、小さなミスにいちいち傷ついてへこみがち。気持ちを切り替えて前向きに仕事をするにはどうしたらよいですか」(32歳・メーカー)

【松岡さん】
もしも僕が目の前でこのお悩みを質問されたらどんな会話になるかなと仮にAさんとして想像しました。

修造「新しい部署への異動、大変ですね。何に最も困っていますか?」
Aさん「英語を使うことです」
修造「どのくらいのレベルの英語力が必要なんですか?」
Aさん「相手と英語で交渉しなければいけないんです。部署内は話せる人ばかりで……(涙)」
修造「じゃあまず、仕事で最低限必要な英語のことだけ考えましょう」

あくまでも想像ですが、周囲の英語ができる人と比較して「なんで自分はこんなにできないんだろう」と委縮してしまう気持ち、よくわかります。ただもし僕ならば「英語を周囲と同じレベルで話さないといけない」と思った時点で、「急にそんなの無理」という言葉がどんどん心に入ってきて押しつぶされちゃう気がします。だからそこは比べない! 自分のエネルギーを仕事に最大限発揮するためにいちばん大事な一点にモチベーションをしぼる。僕なら、まず交渉に最低限必要な英語表現をリストアップするかもしれません。

【今月の修造ワード】モチベーション一点しぼり!

うまくいかない状況を乗り越えたいときに「頑張れ!」とか「できる!」といった精神論だけでは解決できないというのが僕の考え。現状を変える具体的な解決法を見つけるしかないと思っています。そこで大切にしているのは、うまくいかない状況を必要以上に大きくとらえすぎないこと。冷静に課題を整理して、最優先の一点のみにモチベーションを注ぐようにしています。

「英語ができないと思われてもOK。私の仕事は交渉だからそれができれば大丈夫」と思えると小さなミスに傷つかなくなるかもしれません。そこからタフな心や自信が生まれ、仕事に自分らしさが出て楽しくなってくるといいなと思います。

“打たれ強い”“打たれ弱い”と言われることがありますが、「そんなに打たれることってあるかな?」と僕は思っているんです。あれもこれも気にし始めたら打たれているように感じるかもしれない。でも“周りが打っている”より“勝手に自分が打たれたと思っている”こともありませんか。僕のテレビ番組出演を振り返ると、一言一句の言葉の使い方や発音、顔の向きなどまで細かくチェックすると反省点だらけです。でも僕の中では「ここを伝えたい!」という最重要ポイントをしぼっていて、そこがOKなら“打たれている”とはとらえていません。だから“、打たれ弱い性格”なんて思わなくて大丈夫。モチベーションを一点にしぼって、笑顔で仕事に向かえるよう応援しています!

『ネガティブが人を強くする!修造流脳内変換術』(集英社)

好評発売中!!

『ネガティブが人を強くする!修造流脳内変換術』(集英社)

松岡 修造(まつおか しゅうぞう)

松岡 修造(まつおか しゅうぞう)


’95年にウィンブルドンでベスト8に進出するなど、日本を代表するプロテニスプレイヤーとして活躍。現在は、テニス界の発展に尽くす一方、スポーツキャスターなどメディアでも幅広く活躍中。本誌連載を一冊にまとめた単行本『ネガティブが人を強くする!修造流脳内変換術』(集英社)が好評発売中。

撮影/中村和孝 ヘア&メイク/大和田一美・井草真理子〈APREA〉 スタイリスト/中原正登〈FOURTEEN〉 イラスト/佐藤ワカナ  構成・原文/佐久間知子 企画/田畑紫陽子〈BAILA〉 ※BAILA2021年9月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン