Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

中村アンがナビ!秋のジャケットを今っぽく着こなす方法

中村アンが「好きなアイテム」と語るジャケット。その魅力はどこに? 今回は端正なセットアップから千鳥格子のテーラード、襟コンシャスなツイードジャケットまでご紹介。デザインもサイズ感も自由に着こなして。

肌を見せる/隠す、大胆な二面性がセクシーだから

中村アン ジャケット¥203500)/マック スマーラ ジャパン 

端正なセットアップはジャケットスタイルを楽しむ醍醐味。高級感あふれるなめらかな生地は着心地もよく、たっぷりとしたワイドパンツとの組み合わせはドレス感があり華やか。ジャケット¥203500・パンツ¥115500・トップス¥48400・スニーカー¥73700(すべてマックスマーラ)・バッグ¥86900(スポーツマックス)/マックスマーラ ジャパン リング(小指3本セット)¥81000・(薬指)¥83000・ピアス¥112000/エドストローム オフィス(シャルロット シェネ)

「ジャケットを脱いだら中はノースリーブ。そのメリハリが好きです。あと、私はそれほど身長が高くないので、コートよりも着丈のバランスがとりやすく、活動的なのもジャケットが好きな理由のひとつです。」――Anne

ジェンダーを超えたクラシックの再解釈が面白いから

中村アン ジャケット¥134200/マディソンブルー

伝統的な千鳥格子のテーラード。変わらないやぼったさに親しみを込めて「おじさんジャケット」とも呼ばれるけど、今着るならパールネックレスやスポーティなスウェットなどルーツの異なるアイテムを自由にミックスして。ジャケット¥134200/マディソンブルー スウェット¥16500/トゥモローランド(マカフィー) デニム¥35200/ラグ & ボーン 表参道店(ラグ & ボーン) スカーフ¥13200/マニプリ ネックレス¥121000・リング(パール)¥97900・(3粒ダイヤ)¥134200・(1粒ダイヤ)¥67100/ロンハーマン(ミズキ) バッグ¥251900/トッズ・ジャパン(トッズ) ブーツ¥53900/アマン(アンスクリア)

甘さを凜と引き締める、モード感があるから

中村アン ジャケット¥148500/イザ(パトゥ)

襟コンシャスブームの火つけ役ブランドのひとつ、パトゥから、取り外し可能な襟つきのジャケットをピックアップ。真っ白なオーガニックポプリンの襟は、ユニフォームを思わせて上品に甘く、とびきり印象的。ブラックツイードのボディは裾に向けて広がるややAラインのシルエットで、袖丈も短く、モードな甘さを演出する。ジャケット¥148500・セーター¥64900・パンツ¥82500/イザ(パトゥ) ピアス¥825000・リング¥668800/TASAKI バッグ¥334400/ブルーベル・ジャパン(マーク クロス)

「ジャケットだからメンズっぽいみたいなことが、必ずしも当てはまらなくなっている時代だから、余計に今、面白い気がします。いろんなデザインが登場しているし、サイズも好きに着ていいし、着こなしの幅も広がって、ジャケットがますます楽しくなってる。」――Anne

撮影/生田昌士〈hannah〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini. 〉 スタイリスト/池田 敬 モデル/中村アン 構成・原文/岩鼻早苗〈BAILA〉 撮影協力/バックグラウンズファクトリー ※BAILA2021年10月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン