Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【大人の最旬デニム講座】ラクなのに主役級「柔らかワイドデニム」で心地よく!

働き方が変わり、シルエットや色、デザインに遊びが加わった“トレンドデニム”に注目が集まる今季。スタイリスト加藤かすみさん&エディター伊藤真知さんのデニム達人コンビが大人が素敵に履けるコツを教えます。おうち時間が増えた今は、心地よく履ける「柔らかワイドデニム」が重宝!

くつろぐ時間は、とことん心地よく過ごせる【柔らかワイドデニム】

柔らかワイドデニムコーデの佐藤晴美

See By Chloé
脚全体を包み込むような癒されるワイドシルエットのストレッチデニム。それでいてセンターシームや真四角のバックポケットといったデザイン性も持ち合わせた一本は、確実に出番も多いからこそ投資する価値は大! はくほどに育っていきそうなヴィンテージ調のブルーも、ほかでは味わえない特別感が。デニムパンツ¥41800/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ) ニット¥35200(エクストリーム カシミア)・ストール¥37400(アソースメレ)/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町

シーバイクロエのデニム

デニムパンツ¥41800/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ)

かすみ&真知のデニム談議

MACHI 着心地重視で選ぶなら、断然ワイド。家にいても買い物に行ったり、ちょっとしたお出かけも多かったりするので、こういうラクだけど外にも行けちゃうデニムが一本あると便利!

KASUMI これも真ん中にステッチが入っていて、ゆるくてもルーズになりすぎないというか。主役になりうるパンツですよね。

MACHI 少しヴィンテージっぽい雰囲気もあって、シンプルなトップスを合わせるだけでもサマになりそう。かすみさんなら、おうちと外で、どんなふうにコーディネートを分けますか?

KASUMI リラックスして過ごす家なら、デニムの柔らかさを生かして全体を優しいカラーでまとめたり、外に出るならシフォンのブラウスとか、逆にコンパクトな黒タートル+ぺたんこ靴。そこにトレンド感のあるバッグを効かせて……といった着こなしも素敵。いずれにしてもデニムにかなりボリュームがあるので、上は引き算するくらいがよさそうですね。

フェミニン派のデニムLOVERコンビ!
加藤かすみ

スタイリスト

加藤かすみ


雑誌の表紙やファッション特集、広告なども幅広く手がける超人気スタイリスト。センスと理論に基づいたコーデ術にはファンも多数。

伊藤真知

エディター

伊藤真知


本誌をはじめ数多くの女性誌で活躍するファッションエディター。等身大で真似したくなる着こなしセオリーで、私服スタイルも好評。

撮影/渡辺謙太郎(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/佐藤晴美 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 ※BAILA2021年10月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン