Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. EDITOR'S PICK

東京・蔵前の「kako<家香>OSAJI」で、自分好みの”家の香り”が作れる!【エディターズピック vol.110】

自分が心地よいかどうか、だけで選ぶお部屋の香り。いっそのこと自分で調合できたらいいのにな〜と思ったことがあるのは私だけでしょうか? そしてそれが簡単に叶う場所が東京・蔵前にあります! OSAJIです。

今年の7月にオープンしたこちらは、オリジナルのブレンドエッセンシャルオイル等を組み合わせて、自分で調香し「家の香り(ホームフレグランス)」を作ることができる場所。自分好みの香りが作れる喜びはもちろんですが、何よりも作る過程が本当に楽しかったんです。(スポイトやビーカー?のようなものを使い、ちょっと実験チック!)

kako<家香>OSAJIで作るオリジナルルームスプレー

まずはトップノート・トップミドルノート・ミドルベースノート・ベースノートに分けられた4つのグループから1種類ずつピン!ときた香りを選びます。私はトップノートに好きな香りが二つあったのですが、この「4つのグループから1つずつ選ぶ」というのはマストだそう。理由は、重さの異なる香りを混ぜることで香りに奥行きを持たせるため。重ねることで、最初に感じる香りと、少し経ってから感じる香りが変わり、持続時間も長くなるそうです。

 


そして、選んだオイルを一滴ずつ調合していきます。一滴の差でガラリと印象が変わることに驚きます。香りがわからなくなったらコーヒー豆でリセットしつつ、少しずつ少しずつ調整しながら、お気に入りの比率を見つけていきます。

 


調香が終わったら「ブレンドエッセンシャルオイル」や「ルームフレグランススプレー」にしてその場で渡してもらえます。作った香りのレシピは保管してもらえるので、シリアルナンバーを伝えれば何度でも同じ香りのアイテムを購入できるそう。

 

自分の理想通りのイメージをそのまま香りに落とし込むことは、意外と難しかった。それから、鼻をこんなにフル回転させることもなかなかない経験でした。自分の感覚だけで調香したので「本当にいい香りなのだろうか…」と不安でしたが、家に帰って使うとやっぱりそれは好きな香りで。自分の家にもしっくりきて、他にはないお気に入りの香りになりました。


友達と行くのもオススメです。私は友人と二人で行きましたが、お互い「こんな香りが好きなんだ〜」とわいわい言いながら作りました。完成したルームスプレーは、二人とも全く異なる香りでビックリ(私は柑橘系の爽やかな香り、友人はローズ系の少し甘めな香り)。蔵前はおいしいパン屋さんやおしゃれなカフェもたくさんあるので、デートコースに混ぜるのも素敵ですね!

 

編集バタコ

編集バタコ


本誌ではファッション、ヘルスケア、読み物を担当。ベーシックなアイテムが好きで、ワードローブはワンピース多め。銭湯での交互浴が日々の活力。最近、2次元に推しが増え続けています。

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン