Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. EDITOR'S PICK

「オデット エ オディール」のショートブーツ。それは冬ファッションの影の主役【エディターズピック vol.139】

働く私たちに欠かせないシューズブランド、オデット エ オディール。シルエット、色、歩きやすさ、すべてが完璧なショートブーツをご紹介します!

オデット エ オディールの優秀ショートブーツを2色買い!

オデット エ オディールのショートブーツがすぎる

昨年、カフェラテのようなベージュに一目ぼれしてオデット エ オディールのショートブーツを購入。至極シンプルなショートブーツなのですが、こういった定番アイテムこそシルエットのちょっとした違いが超重要! このブーツはよく眺めてみると素敵なのはカラーリングだけでなく、すっきりとしたラウンドトゥに細身の筒、今っぽい太めヒール、横から見たときにアッパーの輪郭が描く曲線など、すべてが完璧なんです。

美脚効果も……⁉

 特にお気に入りなのは、筒が細いところ。このおかげでスカートやワンピース、ワイドパンツに合わせるだけでなく、細身のパンツを上から被せてはくこともできて、ショートブーツの出番が一気に増えるんです! さらに、私の場合、ふくらはぎが張っている“ししゃも脚”が悩みでスキニーデニムに抵抗があったのですが、このブーツの上にデニムの裾をかぶせてはくことで、ひざ下が真っ直ぐほっそり見える気がします。

ブラックのショートブーツは、着回しならぬ“はき回し力”が高すぎる!

安定感のあるヒールで歩きやすさも抜群だったので、今年は黒を購入。着こなしに足元から軽さをくれるベージュもお気に入りでしたが、黒はどんなボトムも受け止めてくれて“はき回し力”が満点です。そのうえ、着こなしをキリっと引き締めてくれるので、秋冬にしては例年より明るい色がトレンドの今季、印象がぼやけるのを防いでくれそう。

ちなみに、ブーツのお手入れは……

ベージュやホワイトのブーツは流行っているけれど汚れが心配という人も多いはず。私も大事に履いていたつもりでしたが、ベージュのブーツはいつのまにか泥はねがシミになってしまっていました。さらに、階段を上るときに引っ掛けてしまったのか、つま先に小さな破れまで。

ダメもとで駅でよく見かける靴の修理店ミスターミニットに持ち込んだところ、汚れも破れもなかったことに! ミスターミニットはソールの張り替えなどの簡単な修理をお店ですぐにやってくれるイメージがありますが、自社で修理工場を運営しているので難易度が高い修理も対応してくれることが多いのです。エキスパートが全体の汚れを落とし、革の破れの修復と、元とほぼ同じ色での塗装直しなどといった修理をしてくださり、すごく綺麗になりました。やっぱりプロはすごい! 困ったら、持ち込んでみるのがおすすめです。

オデット エ オディール 公式通販はこちら
ミスターミニット公式HPはこちら
編集M

編集M


本誌ファッション担当。襟付きトップスとフレアパンツを1年の半分は着ている身長148cmの骨格ウェーブ。海外ECが大好きで、常に円相場をチェックしています。休日、乗馬の初級コースで美しいサラブレッドに癒されるのが至福の時間。

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン