Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. まとめ

【秋ジャケットまとめ】デニムにもスカートにも合う頼れる一着とコーデをチェック!

洒落感もきちんと感も格段とアップ! パッと羽織るだけでサマになるジャケットがあれば今の季節のおしゃれは簡単。ニュアンスのあるチェックから上品ノーカラー、着回せるシンプルデザインなどBAILAでご紹介したジャケットコーデを合わせるボトム別に一挙ご紹介! 通勤も休日も旬なおしゃれが叶う一着を見つけて。

<目次>

※元記事公開時点の情報であり取り扱いが終了しているアイテムもあります。 ※詳細は画像をクリックして元記事へリンクを。

1.【ジャケット×デニムコーデまとめ】最高のこなれ感!

 ジャケット×デニムコーデ

この時季のデイリーコーデに必須のジャケットはレディなツイードで秋らしさを満喫。リラクシーなデニムをエレガントな雰囲気に盛り上げて。ツイードとニットのリブ、素材のミックスで表情豊かに。

ジャケット¥42900(ジャーナル スタンダード レサージュ)・パンツ¥19800(ジェーン スミス)/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店 ニット¥27500/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(サヤカ デイヴィス) カチューシャ¥12100/ザ ヘア バー トウキョウ(ジェニファーオーレット) イヤリング¥20900(ココシュニック オンキッチュ)・リング¥70400(ココシュニック)/ココシュニック 時計¥28600/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥48400/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥9680/アダム エ ロペ

ジャケット×デニムコーデ

ロゴスウェットとデニムのラフなコンビにジャケットを羽織って大人なムードに。ジャケットもスウェットもボリュームがあるので白T合わせや袖をまくって軽さを出し、爽やかな印象もプラスして。

ジャケット¥39600/ドローイング ナンバーズ 新宿店(ドローイング ナンバーズ) スウェット¥13200/アルページュストーリー プレスルーム(アルページュストーリー) Tシャツ¥17600/エイトン青山(エイトン) パンツ¥29700/アマン(アンスクリア) バッグ¥147400・靴¥126500/ジミー チュウ

ジャケット×デニムコーデ

ハンサムなチェックジャケットはとろみ素材のボウタイブラウスを合わせて女らしさをミックス。濃色スリットデニムを合わせれば極上のこなれ感。落ち着いたトーンの組み合わせにはイエローのバッグやオフ白パンプスでアクセントを。

ジャケット¥63800/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス  六本木店(ポマンデール) ブラウス¥24200/インターリブ(サクラ) バッグ¥57200/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥20900/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー)

ジャケット×デニムコーデ

ビッグジャケットと厚底ローファー、辛口トラッドな2アイテムをライトグレーデニムで日常に落とし込んで。ジャケットに隠れたカーキがモノトーンの着こなしに奥行きを生む。

ジャケット¥134200/アパルトモン 青山店(マディソンブルー) トップス¥8800(ハイク)・バッグ¥143000(チャコリ × ハイク)/ボウルズ デニムパンツ¥25300/カイタックインターナショナル(ヤヌーク) ピアス¥19800/リューク イヤカフ(上)¥49500・(下)¥52800/プライマル スカーフ¥9900/ロエフ 六本木店(ロエフ) 靴¥99000/トッズ・ジャパン(トッズ)

ジャケット×デニムコーデ

上品チェックのロングジャケットは一枚で旬を叶えてくれる旬アイテム。今季の定番アイテムだけにインナー合わせで印象を一新。新鮮ワントーンのデニムONデニムとならぐっと差がつく。

ジャケット¥29700・シャツ¥15400/アンクレイヴ パンツ¥3990(一部店舗のみで販売)/ユニクロ ピアス¥35200(ドーラ)・リング(左手人さし指)¥5800・(右手薬指)¥6200(ともにルメル)/ロードス 時計(フェイス)¥22000・(ベルト)¥3850/エイチエムエスウォッチストア 表参道(マトウ) バッグ¥198000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥15950/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

2.【ジャケット×スカートコーデまとめ】女らしさを添えて♡

ジャケット×スカートコーデ

ロングタイトスカートの組み合わせはセットアップで取り入れて、かっこよく凛としたムードに。インのタートルに合わせたチェーンネックレスが女らしさを後押し。足元はトレンドのサイドゴアブーツ。重ためバランスが今っぽい。

ジャケット¥29700・スカート¥19800/アンクレイヴ トップス¥26400/UTS PR(ラッピンノット) ネックレス¥4950・イヤリング¥3520/シップス 渋谷店(シップス) バッグ¥143000/トゥモローランド(ワンドラー) 靴¥28600/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(コルソローマ) 

ジャケット×スカートコーデ

オフィスにはもちろんカジュアルにも使えるゆったりシルエット。ブラウンワントーンを、ニットとフェイクレザーとのかけ合わせで今どきに。ゴールドアクセと合わせて肌も気分ももう一段明るく盛り上げて。 

ジャケット¥31900/マイストラーダ プレスルーム ニット¥27500/スローン スカート¥31900/インターリブ(サクラ) バッグ¥64900(エレメ)・ネックレス¥13200(アンセム フォー ザ センセズ)/アマン 時計¥44000/シチズンお客様時計相談室(シチズン クロスシー) 靴¥52800/ebure GINZA SIX店(ペリーコ)

ジャケット×スカートコーデ

トラッドなダブルジャケット。シックな色味のチェック柄は合わせやすく重宝。美シルエットなタイトスカートと合わせてバランスよく着こなして。足元はロングブーツが今季の気分。

ジャケット¥49500/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) ニット¥41800/オットデザイン(ルーム エイト) スカート¥17600/アンクレイヴ バッグ¥107800/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥33000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) イヤカフ¥49500/リューク

 ジャケット×スカートコーデ

襟がない分、カジュアルな洒落感が出せるVカラーのジャケットは、タートル+スカーフといった“コンサバ”アイテムとも好相性。ネイビーにも合う青みの強いピンクのインナーを合わせたらボトムは白ですっきりと。

ジャケット¥49500・ニット¥31900/トゥモローランド(トゥモローランド コレクション) スカート(10月下旬展開予定)¥17600/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) バッグ¥16500/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) イヤリング¥5940/アビステ スカーフ¥13200/シップス 有楽町店(マニプリ) 時計¥99000/オールージュ(ミッシェル・エルブラン)
 

ジャケット×スカートコーデ

いわゆるスーツではない端正なジャケットが一着あると便利。アウターではなく、タートルとセットにして一枚のトップスととらえて、すっと姿勢を正して。正統派のチェック柄ジャケットなら、中には黒よりも印象が和らぐネイビーのタートルを。

ジャケット¥77000/イレーヴ ニット¥25300/インターリブ(サクラ) スカート¥16500/ロペ ピアス¥24200/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥40700/ヴァジックジャパン(ヴァジック)

ジャケット×スカートコーデ

ビッグチェックのスカートに充分インパクトがあるからこそ、柄の色を拾ったネイビーのタートルと、グレージャケットでシンプルに。タートルはニットではなくあえてのカットソー。上質なコットンならではのほのかなつやが、品のよさを高めてくれる。

ジャケット¥26400/アンクレイヴ カットソー¥11000/スローン スカート¥30800/アダム エ ロペ(オニールオブダブリン フォー アダム エ ロぺ) バッグ¥39600/ショールーム 233(リエンピーレ) 時計¥28600/オ・ビジュー(ロゼモン) リング¥39600/ASAMIFUJIKAWA

 ジャケット×スカートコーデ

紺ブレとタートルというまじめなトラッドを今っぽく見せる上で、効果的なのがブラウンのワントーン。流行のエコレザーのスカートを合わせたり、ニットをインするという着方のアップデートもブラッシュアップには不可欠。

ジャケット¥30800/パリゴ丸の内店(ミューニック) ニット¥18700/アルアバイル スカート¥31900/インターリブ(サクラ) リング(右手人さし指)¥65000・(右手薬指)¥13980・(左手中指)¥19000/ロードス(アヴェーテ) バッグ¥69300/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥22000/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ)

3.【ジャケット×きれいめパンツコーデまとめ】オフィスに映える着こなしたっぷり

【秋ジャケットまとめ】デニムにもスカートにも合う頼れる一着とコーデをチェック!_13

デイリーに活躍するジャケットセットアップ。秋色スウェットを合わせて気負わないきれいめカジュアルコーデに。合わせるスウェットはスポーティにならないスムーズな表面感やシックな色を選んで。

スウェット¥17600/オーラリー ジャケット¥44000・パンツ¥26400/トゥモローランド(トゥモローランド コレクション) ネックレス¥15400/ソワリー イヤカフ¥19800/ジュエッテ 机の上のバッグ¥64900/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ぺー・セー)

ジャケット×パンツコーデ

ブラックのツイードジャケットにリボンブラウスを合わせたエレガントなコンビ。こんなの日のボトムは潔くシンプルな黒パンツを。ほどよく落ち着いて女らしさもあって…憧れの女性像に近づける! 

ジャケット¥41800・ブラウス¥17600/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(ジャーナル スタンダード レサージュ) パンツ¥18700(ウィム ガゼット)・バッグ¥46200(オルセット)/ウィム ガゼット ルミネ新宿店 ピアス¥33000/リューク バングル¥42900/プリュイ トウキョウ(プリュイ) 靴¥50600/フラッパーズ(ネブローニ)

ジャケット×パンツコーデ

オフィスに最適なシンプルジャケットはつやブラウスでさりげなく華やかさを。飾り立てないトップスだから、ボトムはちょっぴり冒険したスリットパンツにトライ。ゆらめく裾が女性らしさにもひと役。

ブラウス¥17600/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) パンツ¥8990/プラステ ジャケット¥39600/ルーニィ ネックレス¥14300(フィリップ・オーディベール)・スカーフ¥13200(マニプリ)/アルアバイル バッグ¥53900/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥33000/ベイジュ(ピッピシック))

ジャケット×パンツコーデ

ふんわりニット&ドロストパンツというリラクシーな組み合わせもジャケットをばさっと羽織るだけでONスイッチが入る。ジャケットは袖を通さず肩掛けして、ニットの素材感を強調。

ニット¥14850・パンツ¥13200/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ  渋谷公園通り店(ビューティ&ユース) ジャケット¥29700/アンクレイヴ イヤカフ¥143000/プライマル バッグ¥209000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
 

ジャケット×パンツコーデ

いかにもなスーツに見えない、柔らかなベージュのダブルジャケット+パンツのセットアップ。白のタートルニットと合わせてワントーンでまとめ、いっそう都会的に着こなして。

ジャケット¥33000・パンツ¥22000/エトレトウキョウ ニット¥8580/レイ ビームス 新宿(レイ ビームス) イヤカフ¥20900・リング(左手)¥36300・(右手)¥40700/ASAMIFUJIKAWA バッグ¥47300/シップス 有楽町店(ア ヴァケーション) 靴¥35200/ベイジュ(ピッピシック)

ジャケット×パンツコーデ

キャメルブラウンのノーカラージャケット。くすみブルーのタートルを合わせて洗練された印象に。ボトムはブラウンジャケットとリンクしたチェックパンツでまとまりを出すと、品の良さを高めてくれる。

ジャケット¥25300/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ユナイテッドアローズ) ニット¥31900/カオス表参道(カオス) パンツ¥37400/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店(ウーア) イヤカフ(上)¥4950(シャルロット ウーニング)・(下)¥6600・リング¥13200(シンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ ネックレス¥77000/ココシュニック

ジャケット×パンツコーデ

マットなゴールドボタンがアクセントになったチェックジャケット。元気なイメージのクリームイエローパンツを合わせればかっちり感とフレッシュさ、どちらも叶うコーデに。

ジャケット¥49500/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) ニット¥13200/アダム エ ロペ パンツ¥15400/ロペ バッグ¥41800/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(オソイ)

ジャケット×パンツコーデ

マニッシュになりがちなジャケット×パンツは、ベースカラーをグレーにすることで印象をやわらかく。主役になる鮮やかなピンクのパンツも、中間色のグレーでなじませれば、オフィスでもすんなり取り入れられるはず。知性に加えて女らしさも備えた理想のジャケパンスタイル。

ジャケット¥26400・ニット¥19800・パンツ¥17600/アンクレイヴ イヤカフ¥29700/リューク バッグ¥95700/マルベリージャパン(マルベリー) 靴¥52800/アマン(ペリーコ)

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン