Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. EDITOR'S PICK

「アンクレイヴ」の新作コート、”ショート丈の白”を選んだ3つの理由!【エディターズピック vol.145】

今年のアウター、もう決めましたか?
まだの方、「アンクレイヴ」で探すのはいかがでしょうか!

BAILA11月号の特別付録も大!好評だった「uncrave(アンクレイヴ)」
働くBAILA世代のデイリーワードローブに欠かせない存在ですよね。
シーズンごとに「この冬はどんな格好をしようかな?」という見通しを立てるときに頼れる存在でもあり、
日々の「何を着ようかな?」という迷いにスッと答えを差し出してくれるブランドでもあり。

ということで、昨冬につづき、私は今冬も「アンクレイヴ」の1着とともに、心地よく過ごすことになりそうです。

「アンクレイヴ」の新作アウターから、「リバー フーデッド ショートコート」の白を購入!

アンクレイヴのコート リバーフーデッドコート、色はオフホワイト

昨年ロングダッフルコートで味わった、更新されたトラッドコートの楽しさと、”ぬくもりを感じる冬の白”の可愛さ。

昨年Pコートで満喫した、ショート丈アウターの気楽さと、”ボトムとの着合わせ”の楽しさ。
今季の展示会では、それを振り返りながらアウターを選び、決めたのがこちら「リバー フーデッドショートコート」
トラッドを手放し、代わりに軽やかさとフェミニンさを手に入れてみました。
(ちなみにもちろん昨年手に入れたコートは再び活躍中。Pコートロングダッフル、今年も&新色も出てますよ!)

色は白、黒、キャメル、チャコールと絶妙な使える色みと、新鮮なイエローの5色展開。
イエローの華やかさにも心惹かれつつ、選んだのは白。
もし「汚れるからよしなさい」と言われたとしてもやっぱり着たくなる、透明感のあるオフホワイトカラーがイイんです・・・!
写真を窓辺の日なたで撮ってみました。強くまぶしい冬の日差しに映える映える!

付属のベルトでウエストマークしてもいいし、サラッと着流してもいいデザイン。フロントのあわせが、大きめのフードへつながりながら開くきれいなシルエットもお気に入りです。

気に入ったポイントをすでにもういくつもお伝えしてしまいましたが、このコートを選んだ理由はまだまだあり・・・。あと3つお届けします!


理由1 「アンクレイヴ」のリバーコートは優秀テック素材!

アンクレイヴのコートの機能表示

白いコートを躊躇せず選ぶことができたのは、着心地のよさにとどまらない、高機能素材ゆえ。
リバーコートならではのダブルフェイス素材で、ほどよく厚みはあるのに柔らかく、おどろくほど軽い!
「アンチマイクロバイアル」という、抗菌防臭機能がついているのも今の時節柄、安心なポイント!

理由2 背中と袖には裏地つきで着心地◎

アンクレイヴのリバーコートの裏地

リバーコートには、裏地のないものが多いのですが、背中の上側と袖だけは裏地つき。
袖筒がゆったりと広く、中に厚手のニットを着やすいのもこのコートのいいところで、そんな時に背中&袖だけでも裏地があると、滑りがよりよく、着心地がイイんですよね。摩擦が減るのでニットも毛玉になりにくいのでは?と予想!

理由3 着こなしやすい”えりなし”タイプ

アンクレイヴのコートのトップスコーディネート

カットソーにしてもニットにしてもタートルネックを選びたいのが今季の気分。
とくに、薄手のアイテムは白を中心に購入しました。こちらの写真では「ガリャルダガランテ」のリブニットを重ねています。

フードつきガウンコートの首周りは、きゅっと詰まったトップスとの相性◎。タートルを着て、シャツやカーディガンを重ねたりネックレスをポイントにしたり、その上からデコルテがV字にあくフーデッドコートを合わせると、すっきり&抜け感のバランスがちょうどよく!

ちなみに筆者は身長166cm。1・2の2サイズ展開で、2を選びました。

ちなみに、ショート丈コートのボトム合わせ計画は・・・
おしりが隠れる丈で、ゆるっと羽織れるこちらのコートは、まさに”ゆるニット”のようにボリューム感を生かして着たいので、細身のパンツや軽い素材のスカートが合いそう。袖にゆとりがあるので、オーバーサイズのボーダーをタートルとコートの間に重ねて、ボトムはスリムに、もいいな~と妄想中です!

「アンクレイヴ」は来春、2つのラインでますますパワーアップ!

早くも2022年春夏の展示会シーズンなのですが、「アンクレイヴ」はさらに注目したいニュースが届きました!
「アンクレイヴ ホワイト」と「アンクレイヴ スタンダード」、2つのラインができ、アイテムのバリエーションも増えるそう。

「アンクレイヴ ホワイト」は、BAILAの誌面作りの仲間でもある、東原妙子さんがディレクターとして手がける、素材とテーラリングへのこだわりが詰まったライン。「アンクレイヴ スタンダード」は、トレンドをバランスよく取り入れたアイテムがそろうライン。
さらに、「アンクレイヴ スタンダード」からは、日常使いに最適なジュエリーラインもデビューしますよ!

ますますパワーアップする「アンクレイヴ」を、ますます頼りにしていきたい所存です♡

編集ミツコ

編集ミツコ


好きな休日の過ごしかたは、はしごショッピングからの町中華でハイボール! メゾンブランドから古着までMIX主義のカジュアル派。北海道産強力粉で皮から作る水餃子には自信あり♪ 本誌ではファッションと美容、海外ドラマを担当。

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン