Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【フツーの服をおしゃれに着る2】「◯◯しない」で顔まわりの印象を変える、今どきテクとは?

仲よしコンビのエディター東原妙子とスタイリスト佐藤佳菜子の二人が、手持ちのベーシックをこなれて見せる“ちょこっと変え”テクを提案。顔まわりの変化は、ちょっとのことでも効果絶大。今まで当たり前にやっていたトップスの着こなし方を、あえて「しない」という発想が目新しさのカギ。

ちょこっと変えテク「ビッグシャツの襟を抜かない」

藤井夏恋 「ビッグシャツの 襟を抜かない」

ビッグシャツはゆるっと背中に抜いて着るのが定番だけれど、今季は上まで全部ボタンを留めて、あえてかちっと端正に着るのが新鮮。上からネックレスをつけてもいいし、コートやジャケットを重ねる日もすっきり見える。シャツ¥15400・パンツ¥17600/アンクレイヴ ピアス(1個)¥16500/エナソルーナ バッグ¥41800/ヴァジックジャパン(ヴァジック)

ちょこっと変えテク「スカーフは効かせない」

藤井夏恋 「スカーフは効かせない」

効かせアイテムのスカーフはトップスと同色を選んで、タートルネックのようにちょこんと小さく控えめに巻いて。コンサバになりすぎず、シックな印象になる。スカーフ¥13200/マニプリカーディガン¥49500・ニット¥42900/エイトン青山(エイトン) パンツ¥25300/ディーエムシー(モルモア)バッグ¥7700/メゾン イエナ(エスロー) ピアス¥39600/マリハ

ちょこっと変えテク「タートルネックをくしゃっとしない」

藤井夏恋 「タートルネックをくしゃっとしない」

タートルネックを折り返さず、くしゃっとたるませるテクはすでに定番化。なので、あえて襟をすっと立てて着ることで顔まわりがすっきり見え、もたつく着心地の悪さも解消できる。ネックの長さによってはあごが隠れるのもまた可愛い。ニット¥15950・コート¥37400・パンツ¥14300/アンクレイヴ ピアス¥24200/マリハ バッグ¥27500/ピーチ(ヴィオラドーロ)

ちょこっと変えテク「インナーは隠さない」

藤井夏恋 「インナー隠さない」

透けるトップス全盛の今、女っぽく楽しむインナーは見せる前提で選ぶべき。バストの上のラインが直線なら、肌見せが苦手な人でも取り入れやすい。ニット¥25300/ebure GINZA SIX店(ebure) キャミソール¥2200/アテニア パンツ¥16500/アンクレイヴ バッグ¥28600/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) ピアス¥17050・ネックレス¥12100/ソワリー

TAEKOTAEKO「トップスの小ワザといえば、“シャツを背抜きする”とか“タートルニットをくしゃっとする”とか?」

SATOKANASATOKANA「散々提案しておいて何だけど、こちとらすっかり飽きてきてる(笑)」

TAEKOTAEKO「わかるわ~。シャツは上までボタンを留めたいし、タートルネックは立てて着たいと願うよ。uncraveも、その気分で作ってる」

SATOKANASATOKANA「常識になった“こなれテク”を、あえて「しない」へそ曲がり精神が、ベーシックを新鮮に見せるのかも」

佐藤佳菜子

スタイリスト

佐藤佳菜子


本誌の表紙やファッション特集のほか、広告などでも幅広く活躍する超人気スタイリスト。そのセンスと明快な理論にファンも多い。

東原妙子

エディター

東原妙子


本誌をはじめ、数多くの女性誌やカタログなどを手がけるエディター。人気ブランドuncraveのクリエイティブディレクターも務める。

撮影/黒沼 諭〈aosora〉 ヘア&メイク/イワタユイナ スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/藤井夏恋 構成・原文/東原妙子 ※BAILA2022年1月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン