Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【フツーの服をおしゃれに着る5】冬コーデは黒だけに頼らず「中間色」や「白」で印象を変える

エディター東原妙子とスタイリスト佐藤佳菜子の二人が、手持ちのベーシックをこなれて見せる“ちょこっと変え”テクを提案。ぱっと見の印象を左右するのが、色使い。新たな色を取り入れなくても、冬に大活躍の“黒に頼らない”というだけで、印象と気分はがらりと変わるはず。

「足の先までオール中間色コーデ」

「足の先までオール中間色コーデ」

クリームイエロー、ベージュ、カーキ、ブラウンと、それぞれになじみのいいニュアンスカラーだけで成り立つコーディネート。着こなしはシンプルながら、白黒つけない中間色が、優しくて洗練された印象を導く。ニット¥9990/プラステ パンツ¥37400/オーラリー スカーフ¥16500/メゾン イエナ(エネス) メガネ¥39600/プロポデザイン(プロポ) バッグ¥16500/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) 靴¥48400/プルミエ アロンディスモン(ファビオルスコーニ)

「白の小物をさし色にする」

「白の小物をさし色にする」

冬にいちばん頻度が高いであろう黒小物をあえて封印して、春夏カラーと思いがちな白にチェンジ。落ち着いたカラートーンのコーディネートに、少量の白がパキッと効いてクリーンな印象になる。ボディバッグやレースアップ靴といったメンズライクなアイテムも、白だとまた女性らしくて華やか。コート¥129800(ニアーニッポン)・ニット¥25300・スカート¥25300(プルミエ アロンディスモン)/プルミエ アロンディスモン バッグ¥46200/UTS PR(オソイ) 靴¥17050/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

「反対色合わせで印象的に見せる」

「反対色合わせで印象的に見せる」

ワントーンやグラデーション配色が一大トレンドの今季。いつもはグレーやネイビーなどなじみのよい寒色系を合わせるブルーグレーのセットアップに、ベージュやキャメルといった反対色を加えることで、それぞれの色の個性が印象的に映えるスタイルになる。コート¥33550・スカート¥25850/アンクレイヴ カットソー¥16500/サードマガジン バッグ¥29700/ヤーキ オンラインストア(ヤーキ) ソックス¥7920/真下商事(パンセレラ) 靴¥12100/アースマーケティング(アスファルト)

TAEKOTAEKO「色を変えれば手っ取り早く印象は変わるけれど、“派手な色を投入する”っていう伝家の宝刀は使わずに、手持ち服でどうにかしたいよね」

SATOKANASATOKANA「たとえば、無意識に合わせがちな黒に頼らないで、曖昧な中間色だけでコーディネートすると、いつもの服も新しく感じる」

TAEKOTAEKO「性格はそんなに白黒はっきりしてるのに? あと、黒を白に変えてみる。ダークカラーが多い冬こそ有効!」

SATOKANASATOKANA「ワントーンコーデも少し裏をかいて、一部を反対色に変えてみると抜けが出ると思う」

佐藤佳菜子

スタイリスト

佐藤佳菜子


本誌の表紙やファッション特集のほか、広告などでも幅広く活躍する超人気スタイリスト。そのセンスと明快な理論にファンも多い。

東原妙子

エディター

東原妙子


本誌をはじめ、数多くの女性誌やカタログなどを手がけるエディター。人気ブランドuncraveのクリエイティブディレクターも務める。

撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 構成・原文/東原妙子 ※BAILA2022年1月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン