1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. アイテム・コーディネート

【ミースロエの推しアイテム】仕事じゃなくても着られる“自立した女性のため”のセットアップとは?

「ミラ オーウェン」の元デザイナー・坂上典子さんが立ち上げた新ブランド「ミースロエ」。坂上さんがどうしてもつくりたかったというのが「着るだけでサマになるセットアップ」。日本人女性の体型に合うようにとこだわり抜かれたパターンに注目!

坂上典子さん

「ミースロエ」デザイナー

坂上典子さん


服飾専門学校でデザインを学んだ後6年間他社で実績を積み、26歳でマッシュスタイルラボに入社。「ミラ オーウェン」のサブチーフデザイナーを経て、2021年に「ミースロエ」のチーフデザイナーに就任。現在34歳。Instagram:@s_nori1112@miesrohe_

《KEYWORD》“自立した女性のため”のセットアップ

ミースロエのセットアップ

モードすぎず、だけど仕事でしか着られないスーツとも違う。ブランドのコンセプト「ジャストモード」のとおり、ジャストにモード感を感じられる、働く女性のこれからをよりおしゃれに、より快適にするセットアップ。(左)ジャケット¥31900・(右)パンツ¥20900/ミースロエ

“仕立て映え”する。つまり、絶対に着るだけでサマになる

「『ミースロエ』は可愛く見られたいというより、凜としていて尊敬される人になりたいと思う女性に向けて服作りをしています。だから、そんな自立した大人の女性のための、着るだけでサマになる“仕立て映え”するセットアップは絶対に作りたいと思っていました。たとえばジャケットは、プレゼンの日に着ればバシッと決まるし、日常では決まりすぎずおしゃれに着られるように、ワイド感や肩の落ち具合をミリ単位で計算したり。日本人はウエストが細い人が多いので、パンツはスタイルよく聡明に見えて、着たときに自信が持てるように思い切りハイウエストにしていたり。マニッシュだけどメンズ服のように平面的ではなく、女性の体の丸みに似合う立体的なフォルムを意識して、“シンプルをデザインした”セットアップを作りました。

もうひとつのこだわりが素材のリラクシーウール。私はずっと、大人の女性にこそウールを着てほしいと思っていて。しなやかで強くて、長く愛せる。そんな素材が着る人を守って、背中を押してくれるといいな、という願いも込めています」

撮影/魚地武大〈TENT〉 ※BAILA2022年3月号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK