1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. エンタメ・インタビュー

いけばな×映画×最新テクノロジーが融合する話題の展覧会『Moments of Life』が京都で開催!複合アートの最新を体感して

ジャンルを超えた文化・芸術がスペシャルなコラボレーション。「いけばな」「映画」「最新テクノロジー」を融合した展覧会『Moments of Life -いけばな×映画、アートが融合する時空間ミュージアム-』が2月26日〜3月1日の4日間、京都で開催!

異なるジャンルのアートが融合!新しい体験ができるスペシャルな空間

『Moments of Life』で新しいアート体験を

今回開催される『Moments of Life -いけばな×映画、アートが融合する時空間ミュージアム-』は、9つの映画をモチーフに創作された9つのいけばな作品をデジタル映像空間で表現するという、異なるジャンルの文化・芸術が融合した“複合アートミュージアム”。

『Moments of Life』、いけばな

作品を展開するのは、華道家元池坊から次期家元 池坊専好氏をはじめ、いけばなを学ぶ9組、総勢22名の華道家たち。コラボレーションする作品は以下の通り。

①   Azumi Hasegawa 監督作品「Denture Adventure」:池坊短期大学華道部

②   阿部 進之介 監督作品「point」:teamQUALIA

③   紀里谷 和明 監督作品「The Little Star」:柿沢 正一 (池坊中央研修学院 研究員)

④   駒谷 揚 監督作品「King & Queen」:たとよき

⑤   志尊 淳 監督作品「愛を、撒き散らせ」:加藤 真啓(IKENOBOYS)

⑥   柴咲 コウ 監督作品「巫.KANNAGI」:flo.werk

⑦   柴田 有麿 監督作品「適度なふたり」:山室 涼平(IKENOBOYS)

⑧   三島 有紀子監督作品「インペリアル大阪堂島出入橋」:池坊専好 次期家元

⑨ 山田 佳奈監督作品「煌々 go on a picnic」:豊丸 利恵(CGデザイナー)

ティーアンドエスのテクノロジカル・クリエイティブファーム「THINK AND SENSE」は、いけばなをいける所作などをデジタルセンサーで取得し、プロセスを可視化。取得した3Dスキャンデータ、映画の素材データをミックスした映像作品から、それぞれの作品の背景とストーリーを「情景」として捉え、デジタル表現によるイマーシブな映像空間を構築、表現。「映画」「いけばな」「デジタルなる情景」3つの異なるアートが1つの空間で展開されます。

 

『Moments of Life -いけばな×映画、アートが融合する時空間ミュージアム-』

『Moments of Life』イメージカット

会期:2022年2月26日(土)〜3月1日(火) 10:00~20:00(最終入場19:00)

   ※2月28日(月)16:00閉場(最終入場15:00)

会場:華道家元池坊 ホール

   京都府京都市中京区堂之前町248

チケット料金:一般 ¥1800

       大学生・専門学校生・高校生 ¥1000

         ※学生証提示が必要となります

       中学生以下 無料

主催:華道家元池坊・MIRRORLIAR FILMS・THINK AND SENSE

   Powered by 集英社XR

期間中、2月28日(月)には、クリエイターズ・トークセッションを行います。

登壇者は以下の予定

山田 孝之氏(俳優・プロデューサー)
阿部進之介氏(監督・プロデューサー ※オンライン登壇)
三島 有紀子氏(監督)
柴田 有麿 氏(監督)
Azumi Hasegawa氏(監督)
華道家(柿沢正一氏、山室涼平氏、池坊短期大学華道部、※teamQUALIA)
松山 周平氏(ヴィジュアルアーティスト)
池坊 専宗氏


また、展覧会の開催に合わせ、いけばな発祥の地・六角堂では、特別なライトアップ演出も。※無料公開

さらに、関連イベントとして、3月2日(水)〜6日(日)JR京都伊勢丹にて、同作をモチーフとした、華道家・写真家 池坊専宗氏による“生と死、変化”を花に向き合い解釈する、インスタレーション「MOVING」も開催。

「映画」「いけばな」「デジタルなる情景」3つの異なるアートが1つの空間で展開される、これまでにないスペシャルなイベント! この機会をぜひお見逃しなく!

『Moments of Life -いけばな×映画、アートが融合する時空間ミュージアム-』特設サイト

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK