1. BAILA TOP
  2. HEALTH
  3. メンタルヘルス・人間関係

#ゲッターズ飯田 さんがアドバイス! 人生をいい方向に変える「言葉」の力

これまで6万人以上を占ったゲッターズ飯田さんが、運を味方につけて人生がうまくいく言葉とNGな言葉を大公開。今回は人間性や生き方、考え方をいい方向に変える「言葉」の力について教えてくれました。

ゲッターズ飯田さん

占い師

ゲッターズ飯田さん


「人の紹介でしか直接占わない」スタンスが話題に。「五星三心(ごせいさんしん)占い」を編み出し多くのメディアで活躍。近著に『ゲッターズ飯田の占いよりも大切な話 ただそう思っただけ』(講談社 1584円)。

言葉ひとつで人生が変わり、人も運も集まってくる!

僕は、占いをこれまで25年間続けていて無償で6万人以上を占っているなかで、データの蓄積や技術の研究を重ねていますが、「本当に運気や運だけの問題なのか?」ということも考え続けてきました。たとえば、僕の「五星三心(ごせいさんしん)占い」で同じタイプ、同じ運気でも、幸せな人生を送る人とそうでない人に分かれます。
運気がよくても占いが当たらない人の多くは、人間性や生き方、考え方に問題がある人が多い。いい方向に変えることができるのは「言葉」だと思っています。

人生というものは言葉ひとつで変わるもの。
言葉から心が変わっていく。「元気です」と言うと元気になるし、「楽しいです」と言うと楽しくなる。「運がいいんです」と言うと、運がいい気がして本当に運のいいことが起きてくる。
いい言葉を発するだけで人生が変わってくる。
人生は長いようで短い。どんな人にも時間は平等に与えられています。もちろん平等でないこともある。納得いかないことも、残念に思うこともある。
でも悪い部分や嫌なところにスポットを当てて言い訳をする人生より「生きている限り運がいい」と言って未来のために自分を磨いて前に進むほうがいい
言葉は変えるのが簡単ですから。

人間は一人では生きていけないので、人とどう組むか、どう人の輪をつくるか。
対人関係での言葉選びもとても大事
僕も相手に響くように占いを伝えるためにいい言葉をたくさん吸収して発するうちに人生がだんだん変わってきました。よく、人づきあいが苦手という人がいますが、運の正体のひとつは縁なんです
人との縁で人生は大きく変わる。色々な縁が絡み合って私たちは生きている。僕も色々な人に出会い、色々な人と別れました。人に会うことはエネルギーを使うし、考えるから疲れる。だからこそ、人とつきあうことで人は強くなれる人づきあいは慣れです。

最初は人疲れする。でもマラソンと同じで、経験を重ねると体力がついてくる。今の僕は一日100人に会っても全然疲れません。5㎞走ってしんどいと思って走るのをやめたら体力が落ちるのと一緒で、そこから5㎞また走るうちに体力がつく。体力づくりと思って人づきあいを楽しめるといい。自分の望むような出会いはなかなかなくて苦手な上司に出会ったり、ソリの合わない人とチームを組むことも。それでもどんな人とも仲よくなれることが大切。苦手な相手がどんな人だったら嬉しいか。その嬉しい相手に自分がなればいい。相手のことを考えて言葉を選ぶといい。
また会いたいと思わせる人になるんです。

いい言葉を見つけるには本を読んだり、人と話すことがヒントに。自分がいい言葉だなと思ったものはメモするクセをつけるといいですよ。そして発することで自分のものになっていく。合わない言葉やなじまない言葉は自然と離れて、なじむ言葉は勝手に吸収してくれますから。
言葉を選ぶ面白さを知ると、人生はより楽しい
最後に、関わる人が増えると誰の文句も言えなくなってきます。先日、世間話でたまたまとある居酒屋のメニューについて話してたら、「そこ俺の友達のお兄さんの店だよ」と言われたことがあって、「そんなとこつながります?」みたいな(笑)。つながってるんですよ。どんどんどんどんつながってくるから誰の悪口も言えなくなる。だからいい言葉だけ言っとけばいいんです!

イラスト/しまはらゆうき 取材・原文/佐久間知子 ※BAILA2022年6月号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK