1. BAILA TOP
  2. BEAUTY
  3. 大人のプチプラコスメ

「&be(アンドビー)」美肌映えクレヨンリップ3色をお試し!【プチプラコスメハンターKIDOSAYA】

絶妙なトレンドカラー! “美肌映え”の「&be(アンドビー) クレヨンリップ」

 人気ヘアメイクアーティストの河北祐介さんがプロデュースする、「&be(アンドビー) クレヨンリップ」の「ナッツブラウン」・「ココアブラウン」、「ピンクブラウン」

こんにちは! 3度の飯よりメイクが好き! な美容ライターの木土さやです。

デパコス系からプチプラコスメ系まで、コスメに対するオタ熱は尽きることなく、むしろ加速していくばかり。

そんな私が、大人になった今だからこそ、自信をもっておすすめしたい! プチプラコスメ界の逸品を紹介していくこのコーナー。

 

今回は、大人気の「&be(アンドビー) クレヨンリップ」をご紹介します。

旬顔スイッチオン♡ 人気の「&be(アンドビー) クレヨンリップ」

人気ヘアメイクアーティストの河北祐介さんがプロデュースする、「&be(アンドビー) クレヨンリップ」の「ナッツブラウン」・「ココアブラウン」、「ピンクブラウン」をパッケージから出して試してみた

ヘア&メイクアップアーティストの河北裕介さんがプロデュースするライフスタイルブランド「&be」。ショップでは、1アイテムにつき、1つまでと購入制限がかかるほどの人気ぶりです…!

 

中でも、“塗るだけでおしゃれ顔になれる!”と話題を呼んでいるのが、とろけるようになめらかな塗り心地の「クレヨンリップ」。なんと言っても、最大の特徴は、絶妙なこなれカラーにあり。愛らしいローズピンク系や艶やかなレッドなどは一切なく、ココアブラウン、ナッツブラウン、ピンクブラウン、テラコッタのモード系カラーのみなんです!

 

 

■商品情報

クレヨンリップ ¥1980(税込)

使い方は? 「&be(アンドビー) ナッツブラウン」

人気ヘアメイクアーティストの河北祐介さんがプロデュースする「&be(アンドビー)クレヨンリップ」の「ナッツブラウン」を実際に試してみた

実際に、「ナッツブラウン」を試してみます。

 

肌なじみのいいベージュピンク。唇にすべらせていくと、するするととろけるような感覚で、ほのかに光沢感のあるふっくらリップに。クレヨンタイプなので、リップラインを美しくふちどりながら、細部まで彩ってくれます。

 

これまでベージュピンク系の色みのリップは、塗ると何だか顔がボヤけてしまうような気がしていたのですが、さすがは河北さんプロデュース! ほんのり血色感をプラスしつつ、さりげなくモードな雰囲気が加わり、即おしゃれ顔に♡ 唇に立体感が生まれ、顔を引き締めつつ、さりげなく美人度を高めてくれるようです。

使い方は? 「&be(アンドビー) ココアブラウン」

人気ヘアメイクアーティストの河北祐介さんがプロデュースする、「&be(アンドビー) クレヨンリップ」の「ココアブラウン」を実際に試してみた

続いて、「ココアブラウン」を試してみます。

 

唇に深みを与えてくれる辛口ブラウン。程よい血色感とクールさのバランス加減が絶妙で、凜とした強さを感じさせてくれます。

プチプラで仕上げたメイクが高見えしてしまう、魔法のような進化形リップです♡

使い方は? 「&be(アンドビー) ピンクブラウン」

人気ヘアメイクアーティストの河北祐介さんがプロデュースする、「&be(アンドビー) クレヨンリップ」の「ピンクブラウン」を実際に試してみた

続いて、「ピンクブラウン」を試してみます。

 

柔らかな発色のくすみピンク。決して主張することなく、表情をさりげなく彩って抜け感のある唇を叶えてくれます。

リップメイクが主役ではないのに、ひと塗りすると、スポットライトを浴びたように際立ちます。

人気ヘアメイクアーティストの河北祐介さんがプロデュースする「&be(アンドビー) クレヨンリップ」の「ナッツブラウン」・「ココアブラウン」、「ピンクブラウン」がオススメ

ここまで、印象を変えてくれるリップに出合ったのは初めて‼ これまでは、メイクのトレンドキーワードである“こなれ感”や、“おしゃれ顔”を、いつものメイクで表現するのは難しいのでは…? と思っていましたが、「&be クレヨンリップ」があれば、もう大丈夫! 言わずもがな、おしゃれ顔に見せてくれます。

 

河北さんマジックの恐るべし効果、皆さんもぜひ体感してみてくださいね。

 

 今日もプチプラコスメに心から敬意を…♡

&be公式サイトはこちら

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK