Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み
  1. BAILA TOP
  2. WORK
  3. 働き方・人間関係

【中間管理職はつらいよ】「平成の私たちならわかってくれると思っている」昭和な上司と令和な後輩の板挟み!

中間管理職に就いている30代は“昭和な上司”と“令和な後輩”のはざまでもやもやしている! 読者から寄せられた、時代とともに移り変わる価値観の“中間”で働くバイラ世代ならではの生きづらさ。「後輩が上司にストレートにものを言う」「飲み会をしたがる上司と、行きたくない後輩たち」など、共感できるエピソードは多いはず。

はざまでもやもやしています

はざまでもやもやしています

後輩は上司に直接思ったことをストレートに発言するので、隣で冷や汗をかくことがしばしばある
(31歳・旅行代理店)

飲み会をしたがる上司と行きたくない後輩たち。お互いもう少し相手に気をつかえばいいのに…
(41歳・損保事務)

昭和な上司と令和な後輩は、平成の私たちなら自分たちのことをわかってくれると思っている。どちらからも悩みを相談され、板挟みになることが多い
(37歳・金融)

上司は後輩に仕事を振ろうとするが、後輩は「なんで自分がその仕事をしなければならないんですか」と私に訴えてくる
(38歳・人材)

身を粉にして働く上司と、自分本意な後輩の間に挟まれる。私はただ、皆が温和に過ごせるよう配慮するのみ…
(38歳・薬剤師)

残業を減らしたい上司と、早く帰りたい後輩と、帰れるなら早く帰りたい中堅の私。それでも急な仕事に対応するのはいつも中堅•管理職であるわれわれ世代
(34歳・製薬メーカー営業)

イラスト/サレンダー橋本 取材・原文/石井絵里 ※BAILA2023年1月号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み