Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Beauty
  3. 特集

【寝る前のチチカツ①】垂れチチに効く体操はコレ!

    加齢とともに下垂してくるおっぱい。皮膚の弾力性や柔軟性も低下してきます。「10年後、20年後に美乳でいられるかどうかは、今の意識次第で変わります!」とは「おっぱい番長」こと経絡整体師の朝井麗華さん。
    「筋肉のコリをほぐすことで美乳に近づけますよ」と朝井麗華さん(右)
    「おっぱいの悩みのほとんどは肩甲骨や大胸筋、肋骨のまわりの筋肉がこり固まっていることが原因なんです。これらをほぐせば、大きさも高さも左右対称、ツンと上向いた胸に変わりますよ」(朝井さん)。そこで朝井さんが考案の、特に「垂れチチ」に効く体操を紹介!

    体操1 大胸筋を育てる「バストくるくる」

    1 片側の手の指を揃えた状態で、胸の下側を支える。マッサージの際に胸が無駄に動くのを防ぎ、クーパー靭帯を守るため。
    2 逆側の4本の指で胸の上部を、圧をかけながら内から外へ円を描きつつ大胸筋の詰まりを取るようにマッサージする。
    3 「イタ気持ちいい」と感じるくらいの圧をかけて行って。30秒間、マッサージを続けたら、逆の胸も同様に行う。

    体操2 ふっくら&上向きバストに「肋骨ほぐし」

    1 片方の手をパーにして指を揃え、逆サイドの肉を胸側に集めながら、胸を少し持ち上げるようにしてしっかり支える。
    2 もう片方の手をグーにして第二関節の骨でわきからバストトップに向かって筋肉をえぐるようにさすり上げる。それに合わせてパーの手もずらしていく。
    3 パーの手がバストトップまできたらはずし、もう一度、わきから胸へとマッサージする。左右の胸30回ずつ行う。
    お風呂上りにマッサージクリームなどを使って行うとよりベターです。ぜひ、二つを組み合わせてトライしてみてください! 本誌12月号の「まだ間に合う!チ・チ・カ・ツ」テーマでもバイラ世代が今知っておくべきおっぱいの事実とエクササイズが詳しく解説されていますので、チェックしてくださいね。
    撮影/フルフォード海 ヘア&メイク/木下優(ロッセット) モデル/菊地実李(スーパーバイラーズ)