Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. EDITOR'S PICK

大人気星野源さんも登場!「うれしいセーター」ってナンダ?

突然ですが皆さま、編み物はお好きですか? 毛糸と棒針でちくちく編む、アレです。

私は小学生の時にシンプルなガーター編み(しか出来ない)で超ロングなマフラーを編み、父にプレゼントした以来、棒針を持ったことはありませんでした。

しかし! この一冊に出会ったことで「またやってみたい」という気持ちがムクムク。

それがこの、ニットデザイナー三國万里子さんの「うれしいセーター」です。
大人気星野源さんも登場!「うれしいセーター」ってナンダ?_1
装丁のニット地がすでに可愛い!
宮沢りえさん、星野源さん、ミロコマチコさん、小林薫さん、桐島かれんさん、谷川俊太郎さん、平松洋子さん、片桐仁さん、二階堂和美さん、石川直樹さん、平武朗さん、塩川いづみさん。

この12名に、三國さんがセーターを編む。

本の内容はそんなシンプルな構成なのですが、そこには”遊び”がたっぷり! すべて、まずは三國さんからの「どんなニットがいいですか?」というお手紙から始まるのです。
大人気星野源さんも登場!「うれしいセーター」ってナンダ?_2
星野源さん、この笑顔! 撮影:久家靖秀/ほぼ日刊イトイ新聞「うれしいセーター」
皆さんからのリクエストを叶えつつ、出来上がった一着を着用撮影。この時の皆さんの顔がもう、なんとも嬉しそうで素敵で可愛くて格好良くて! そして言わずもがな、ものすごーーく、似合ってるんです。
大人気星野源さんも登場!「うれしいセーター」ってナンダ?_3
もう一枚星野源さん。軽いモヘアセーターがお似合いです。撮影:久家靖秀/ほぼ日刊イトイ新聞「うれしいセーター」
大人気星野源さんも登場!「うれしいセーター」ってナンダ?_4
片桐仁さん。「”無地恐怖症”なので柄は必ず入れてほしい」がリクエストの1つ。撮影:久家靖秀/ほぼ日刊イトイ新聞「うれしいセーター」
大人気星野源さんも登場!「うれしいセーター」ってナンダ?_5
桐島かれんさん。美しい! 立体感がありムード満点の、軽いアランセーター。撮影:久家靖秀/ほぼ日刊イトイ新聞「うれしいセーター」
月並みな言葉ではありますが、まさに「世界で一着だけのセーター」。編みあがるまでのストーリーは、シンプルな構成に反してものすごくドラマチック。それぞれの方とのエピソードや、各章についているエッセイもとっても面白いんです。

そして帯の殺し文句(?)、「あなたも、編めます」。エエーッ、本当!?こんなの編めたら楽しそう……。

すべてに編み図付き。そして、本を開いたまま編めるよう「コデックス装」という背表紙のないデザインになってます。(これだとほぼすべてのページが180°開いたままキープ可能)とことんこだわって、遊んで、ニッティングの楽しさが伝わる「うれしいセーター」。

子供の頃に編んだ父へのマフラーは、今思うと始まりと終わりの幅も違うし凹凸もあったし、もらってきっと困ったかも。でも、あの頃の写真を見ると、笑顔で巻いてくれているんですよね。

読み物としてもとっても面白いし、編み物をやる方なら絶対大切な人に編んであげたくなるニット作品集は、もう長いお付き合いの「ほぼ日」広報の方から頂きました。

サイトでは購入もできますので、のぞいてみてください。(編集やまみ)

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン