閉店なんて寂しすぎる!「パリのコレット×uka」の限定ネイルオイル

2017-11-27 20:00
  • 来月20日に惜しくも閉店してしまうパリの超有名セレクトショップ「コレット」。
    学生時代にパリを訪れたときから、仕事でも、プライベートでも沢山の思い出があったお店。一人ショックを受けていたのですが、ネイルサロンのukaとコラボした限定ネイルオイルが今月発売されると知って、uka表参道店へダッシュで買いに行きました!だってこのネイルオイル、香りがあの「コレットの香り」なんです!
  • 「uka nail oil 213 for colette」は、コレットを訪れた人なら誰でもピンとくる(はず)の、あのフィグをベースにした、甘酸っぱく、ちょっとエッジの効いた店内の香りを再現したもの。2011年に発売されたものの復刻版だそう。私の記憶では、この香りはまさに「お洒落をする高揚感」の香りなんです。ハイブランドの最旬アイテムやクラブミュージック、ユニークな文房具などイケてるものの全てが揃っていたコレット。お金はなくて何も買えないけどファッションやクラブカルチャーが大好きだった学生時代も、初めての海外出張で思い切ってマルニのコートを清水買いしたときも、常にこの香りの思い出があります。
    ブルーのケースには、1997ー2017と、コレットの誕生年と閉店の年が記されていて、我がおしゃれ青春時代を振り返るようでなんだかジーンときます。

    おなじみの、ほかのukaのネイルオイルと同じく、塗りやすいロールオンタイプでデスクや出先で気が向いたらコロコロと。つめ先はもちろん、耳のうしろや手首などにぬって香りを楽しむことも。
    甘すぎる香りが嫌いなんですが、これはフィグの爽やかな甘さのなかに、ちょっとフレッシュなグリーンやスパイシーさがあって、なんというか…すごく知的さがあるんです。そして、あー、この人のこともっと知りたいな…と思うような、不思議さもあります。

    同じ経験をした方も多いと思いますが、コレットで買い物をすると、この香りが洋服や包み紙に残って、自宅でしばらくパリ気分(笑)を味わえるんです。お洒落するときのワクワク感を思い出させてくれる、あの香り。もう、コレットに行けないと思うと本当に切ないのですが、ネイルオイルを使いながら、いくつになっても、お洒落ゴコロだけは失わないようにしよう、と密かに決心。ああ、パリにまた行きたいなあ。(編集U)

  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up