神崎恵さんをはじめ、憧れのビューティー先輩たちの【読む美容】は永久保存必至!

2018-02-13 19:00
  • バイラ世代なら絶対に気になる”アンチエイジング”という言葉。でも、実際、エイジングって何?とか、いろいろ疑問符を疑問符のままにしてきた私。そんな私のためでは?!とさえ思う、BAILA3月号の付録がすごい!手前味噌かもですが、ちょっぴり紹介させてください。
  • 日頃ふと思う”アンチエイジング”。でも、実際に素敵な年の重ね方って何だろう…とか、そもそもエイジング、って悪いの?とか、じゃあ、具体的に何をすればいいの?とか。アンチエイジング、って意外と未知世界。だけどそろそろ”よくわからない”とも言っていられない。
    今回の付録のすごいところは3つ。
    ひとつは、雑誌でしかありえない、とっても豪華な憧れ美容先輩たちの顔ぶれ。神崎さん、だけじゃない、小林ひろ美さんや小田ユイコさん…美容のあらゆる分野で注目されているビューティーブレインが勢ぞろい。この方々が”30歳の自分に出会えたら、どんなことを教えてあげる?”というコンセプトでたくさんのコメントを寄せている!
    なんて贅沢…!同じ編集者という立場から、これを作る担当者はとっても大変だっただろう、と思いつつページをめくっていましたが、読むほど面白い。さらには読むほどきれいになれる気がする!(そして、実際に読むだけでもキレイ偏差値が確実に上がる!)

    ふたつ目は、具体的なアドバイスや商品、クリニックがたくさん紹介されているところ。
    ネットでなんでも調べられる時代ではあるけれど、一方で情報が多すぎてどれを信じればいいかわからないのも事実。こういう時に、あこがれている、大人の女性の美を体現している人のおすすめ、というのは実に頼もしい。
  • そして3つめ。
    具体的なアドバイスだけでなく、随所に、ふんだんに、”アンチエイジング”についての先輩たちの考え方が書かれていること。確かに、美容もファッションも、これを使おう、とかこれを塗ろう、とか、アイテムをすすめるのは簡単。でも、大人の女性にとって一番大事なのって、”なぜ、これがいいか。どういう気持ちや考えで、ここに行きついたか。”ですよね。それがないと、20代の頃と同じ。それがあるから、40歳の自分、までの美容の道のりがイメージできる。例えば神崎さんの言う”幸せそうな肌”。この言葉だけで、塗るものはもちろんだけど、普段からの肌への接し方が絶対に変わる。ゴシゴシ、なんてしないし、カサカサ、もさせないですよね。どういう肌になりたいか、を思い描くことって大事!
    そんな未来の自分の肌のためのイマジネーションを膨らませる言葉が満載の一冊です。
  • 具体的な推しアイテムもたくさん紹介されていて。
    こちらは神崎さんがおすすめしていたのですが、早速今日からトライ!幸せそうな肌、のために忙しくても無理せずできることって意外にたくさんあるんだ!と発見できる1冊でもありました♡

    今と未来のキレイのために、背中を押してくれる別冊を熟読して、美容ってそういえばつきつめて無理するんじゃなくて、幸せになるためのものだったなあと思い出したのでした~。(編集マフユ)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords