20年前より若い⁈ 美容代月30万⁈ 美肌先輩の美容列伝

2018-02-16 20:00
  • 現在発売中のBAILA3月号の別冊付録『逆算女子のためのアンチエイジングBOOK』。何から手を付ければいいかわからないお肌の曲がり角真っ最中(いや、曲がり切ったかもしれない)アラサー終盤のスガコにとっても、役立つ情報、染み入る名言が盛りだくさんでした。特に衝撃を受けたのが、この本の中で、Baila Beauty Brains=BBB8として登場してくださった美肌先輩8人の、それぞれの美容ヒストリー! え、こんなに美しい年の取り方って可能なの!?と目からウロコ。
  • 【衝撃!のち感銘! 美肌先輩の美容ヒストリー4】
  • 盛りだくさんのエピソードのほんの一部ですが、スガコの心に刺さったところをご紹介。
  • 【30歳の頃より明らかに美肌!】
    美容業界の中でもその健康的な美肌に憧れる人の多い小林ひろ美さん。顔はもちろん、体も、指先までもが発光するような美肌の持ち主なのです。が!!30歳ごろのひろ美さんといえば、ガン黒ギャル(死語?)とも肩を並べるレベルで焼きまくり、肌のどん底を味わっていたそう。この焼き魚状態の肌から復活できたのがまずすごい! さらに50歳をすぎてもこの美肌を保つことができているのがさらにすごい!! しかもその復活劇で大切だったのは、高額なエステや美容医療よりも”日頃のケア”だそう。その言葉に、未来の美肌への希望が湧いてきました!

    【シワがあっても美しいってこういうこと!】
    個人的に、アンチエイジングといっても、老化に抵抗したいわけじゃなくて、ちょうどよく、いい感じのきれいでいたいんだ~という気持ちがあります。シワひとつないピーンとした肌を目指すんじゃなくて、もっと自然に年を重ねたい。BBB8の皆さんの美肌って、まさにそれなんですよね。例えば松本千登世さん。笑うと目じりや口もとに自然なシワができるんですが、それがとってもチャーミング! 若かりし頃も驚きの美女ぶりですが、その頃とはまた違う、柔らかな美しさを体現されているのです。元の顔の造作は違えど、50代になってこんな肌印象を叶えられたらいいな~。

    【加齢はどうも敵じゃないらしい】
    ご覧のとおり、木更さんも、年齢不詳の美肌ぶり。ですが、その美しさは、年を重ねてむしろ磨かれているように感じました。ついつい、年を重ねていく=今よりどんどん落ちてく一方、みたいな暗~い想像をしてしまいがちで、「どーせそうなるなら、頑張っても無駄じゃあるまいか」と全部放棄したくなったりするんですが、そんなことないんだな~と思える説得力。コスメ大好きな木更さん、「エイジングは敵じゃない」と断言してくださってます。ありがたや~。

    【度肝を抜くエピソードも!】
    エピソードの中でも1、2を争う衝撃を受けたのが、美容ジャーナリスト鵜飼香子さんのこのお話。月々の美容代が30万って、マ、マジですか!? って、なりますよね(笑)。でもこれ、そこまでしないとダメよ、という話ではもちろんなくて。BBB8の皆さんそうなのですが、ご自身がお財布や身を削って得たことを、後輩である私たちには「これはしてよかった、これはしないほうがよかった」と、ケチらず教えてくれているんです。先輩たちの優しさが沁みます…!

  • ということで、スガコも早速、読んで学んだことを実践中。スキンケアの優先順位を変えてみたり、たまーに手抜きがちだったUVケアをとにかく厳守しなきゃと意識を変えたり。あとは、美容担当なのに知らなかったお宝コスメも知ったので、わくわく使い始めてみたりしています! それについてはまた後日ご報告しますね。

    熟読するには厚すぎるくらいの別冊なので、お忙しいとなかなか読み始められないかもしれませんが、大事なことはさっと一文で書いてあるので、一度流し読みしてみるだけでも得るものが多いはず。ぜひお手にとってみてください!(スガコ)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords