【旅先のスキンケア・メイク・機内持ち込み】素敵な人のコスメ&ポーチまとめ

2019-04-28 19:00
  • 待望の大型連休。旅好きな美やおしゃれプロはどんなスキンケアやコスメをお供に持っていく? 美容家、美容エディター、デザイナーがお気に入りのアイテムをオール私物で一挙公開! スキンケア・メイク・機内持ち込みまでぜひ参考にして。
  • 1.旅先でもお肌のケアは必須!【スキンケアコスメ】

  • trip to Hawaiiハワイ行き【スキンケアポーチ】美容家・神崎 恵さん
  • SKIN CARE(スキンケアポーチ)旅でも気を抜くことなくUV対策&本気美白
    「せっかくハワイに行くのなら、思いっ切り日差しを浴びてビーチもタウンも楽しみたい! そのぶん、日焼け&美白対策はしっかりして、帰国後に後悔しないようなアイテムを準備」
  • 「肌見せをするファッションが増えるので、日焼けしやすい私の至上命題はUV対策。最強SPFの日焼け止めはもちろん必須。最近のお気に入りはアネッサのミルク&ジェルタイプ1で、こまめに塗り直します」
  • 「日中ケアしつつ、夜のケアも手抜きはなし。ポーラの美白美容液2と美白クリーム3に、アルビオンの集中美白美容液4を日数分完備してアフターケア」
     
     
     
  • 「洗顔は泡立てる手間のいらない、なめらかな質感で香りにも癒される、ポーラ5とクラランス6が好み」
  • 「目もとのシワ対策も強化したいので、ポーラの目もと用のクリーム7も忘れずに」
  • trip to Moroccoモロッコ行き【スキンケアポーチ】 Velnica.デザイナー・小林加奈さん
  • SKIN CARE(スキンケアポーチ)ケアアイテムは詰め替えずそのままのボトルでポーチに
    「スキンケアアイテムは普段使っているものをそのまま持っていき、宿泊先のバスルームに。自宅のような空間づくりをすることで、よりリラックスできる雰囲気にするのがお決まりです」
  • 「旅先でのケアは、あえて時間をかけたい派。普段はできないけれどクレイドのクレイマスク1をしたり、モロッコの乾燥には、ベイリーの化粧水2、ダマイの美容クリーム3などでたっぷり保湿ケア」
  • 「エムズコスメのフコイダンエキス4も保湿ケアには大事なアイテム。サボンのボディスクラブ5でボディの角質ケアをしたり、エムズコスメのオイル6でマッサージをしたり。普段、仕事や育児で忙しいぶん、旅行中のケアはご褒美的な気持ちなんです」
  • 「髪にもmaroaのオイルインシャンプー&トリートメント7でつやを補給」
  • trip to Paris パリ行き【スキンケアポーチ】美容エディター・森山和子さん
  • SKIN CARE(スキンケアポーチ)必要なものはもれなく、サイズダウンしてポーチに
    「ケアアイテムはほとんどがミニサイズ。帰りに軽くなるよう計算して、個包装になっているシートマスクも持っていきます」
  • 「環境が変わると肌の調子が悪くなることもあるので、シンプルな処方のものやナチュラルなものを持っていくように。洗顔、化粧水、乳液はルシェリのとてもしっとりタイプ3、オイルはHABAのスクワランオイル2を。パリではたくさん歩き回って脚が疲れるので、THREEのマッサージオイル1でアフターケアは忘れずに」
  • 「ヘアは、スタイリングが決まらないと気分が上がらないので、テスコムのミニコテ4や、タングルティーザーのブラシ5とコームも持参」
  • 「環境が変わっても安心できるよう歯ブラシやヘアケアアイテムも必ず持っていきます」
  • trip to New Zealandニュージーランド行き【スキンケアポーチ】mojo nail ネイリスト・関根祥子さん
  • SKIN CARE(スキンケアポーチ)風景にも溶け込むようなやさしい香りのものを
    「選抜基準は刺激の強くないもの。特別なことをするよりは普段のケアを旅先でも続けたい&心が落ち着くような香りで癒されたい!」
  • 「登山をしたり湖でボートに乗ったり、日中はアクティブに動くので、ケアタイムはリラックスすることも兼ねて香りのよいものを。お風呂にはフランキンセンス2、朝の目覚めにはSHIGETAのモーニングスパーク4、現地で買ったフローラルな香りのするティートゥリーオイル3はニキビができたときなどに。3種類くらいを持っていき使い分けます。スキンケアはE-Oil5をなじませたあとに、イソップの化粧水1の出番」
  • 「化粧水のあとはドクタージャルトのクリーム6でふたをしてます」
  • 「ニベアがあればヘアスタイリングもばっちり」
  • trip to Taiwan台湾行き【スキンケアポーチ】美容エディター・前野さちこさん
  • SKIN CARE (スキンケアポーチ)旅先にはマイベストスキンケア(ちび)+αで
    「旅行に行くからといって、特別なものを使うというよりは、普段使いコスメのちびサイズにちょい足し程度。紫外線を浴びながら歩くことも多い台湾では、美白ケアを強化します」
  • 「肌が敏感なので、ベーシックなスキンケアアイテムは普段使っているものを。旅行でも欠かせないのがドクターハウシュカのクレンジングミルク2。小さな容器に詰め替えてメイクオフ時はコットンでふき取り。日差しの強い日が多い台湾では、アルビオンの集中美白美容液1をプラスして紫外線対策に心がけを」

     
     
     
  • 「ここ数年愛用しているiniksの洗顔料、化粧水、乳液345は必須です」
  • 「歩くことの多い台湾では急に足の爪が当たって痛いということもあるので、爪切り6も重宝」
  • 2.TPOに合わせた“映え”を【メイクアップコスメ】

  • trip to Hawaiiハワイ行き【メイクポーチ】美容家・神崎 恵さん
  • MAKE-UP(メイクポーチ)ビーチ映えするメイク=つや・血色・ブロンズ色で統一
    「コスメはミニマム、ポーチは特大。スカスカのポーチが、帰るときには現地のコスメでいっぱいになる楽しみを味わうためのこだわりです♡ ハワイにはビーチに溶け込むような色と質感を選んでいきます」
  • 「コスメは旅先で買うのが前提なので、持っていくコスメは、到着した日の移動やごはんに出かけるくらいのメイクができればOK。なので、ナチュラルメイクにぴったりの厳選アイテムをポーチに。ランコム1やシャネル2みたいな血色リップで赤みをプラス」
  • 「肌はつや仕上げにしたいのでエトヴォスのグロウベース3に、気になる部分を隠すためのクレ・ド・ポーボーテの部分用ファンデーション4かクリニークのファンデーション5を」
  • 「目もとにはSUQQUのアイシャドウ6の右上のようなブロンズ系の色で、ビーチに合うアイメイクに」
  • trip to Moroccoモロッコ行き【メイクポーチ】Velnica.デザイナー・小林加奈さん
  • MAKE-UP(メイクポーチ)目もとと口もとの2点盛りでモロッコ仕様に
    「カラッとした天気のモロッコには、つやっぽい肌とエキゾチックなポイントメイクが似合うと思っていて。Velnica.のポーチにお気に入りのコスメを詰めて持っていきます♡」
  • 「RMKの日焼け止め5でしっかり紫外線ブロックしつつ、つやありメイクに仕上げます。シスレーのファンデーション3とTHREEのハイライター2で、ベースメイクにはつやめきを。モロッコの街並みに似合う、アディクションの赤いアイシャドウ1や、セルヴォークのテラコッタのリップグロス4で彩りを。深みのある暖色系のカラーが街でも砂漠でもマッチするんです。眉毛やまつげにもつやを宿して、細かいパーツの質感もこだわりメイクを楽しみます」
  • 「香水もその場にに合わせて、モロッコにあいそうな香りを選定します」
  • trip to Parisパリ行き【リップ専用ポーチ】美容エディター・森山和子さん
  • LIP(リップ専用ポーチ)10日間のパリ旅行には9本のリップを!
    「その日の気分でつけたいリップが変わるので、旅行先には大量に。リップ専用のポーチにまとめて、メイクするとき毎回厳選」
  • 「あのリップ塗りたかったってなるのがイヤなのでお気に入りを全部。パットマクグラスラブスの赤2や、ロレアルパリのようなチョコレート色1が多め」
  • trip to Paris パリ行き【メイクポーチ】美容エディター・森山和子さん
  • MAKE-UP(メイクポーチ)各パーツ2点以上でどんな気分のメイクも完成
    「現地に到着する前にメイクを仕上げたいので機内に。どんなメイクにしようかな、と悩むのも楽しいのでこの量は減らせない!」
  • 「その日選んだ洋服によってメイクも変えたいので、カラーコスメはバリエ豊富。NARSの4色パレット1とセルヴォークの単色アイシャドウ2で使う色を変える。旅行中は肌が乾燥するので、ベースやチークはクリームやリキッドタイプを意識的にセレクト」
  • 「アイラインも定番のセザンヌのブラウン4と、色をさしたくなったとき用にキャンメイクの赤3も。アイメイクだけでもかなりのパターンが楽しめます♡」
  • 「アイメイクの仕上げにNYX6やKIKO MILANO5のグリッターでアクセントを」
     
     
     
  • trip to New Zealandニュージーランド行き【メイクポーチ】mojo nail ネイリスト・関根祥子さん
  • MAKE-UP(メイクポーチ)思い出づくりにひと役買うホットなカラバリを用意
    「写真も撮りたいし、自然の中でも街中でも似合いそうな明るい色を使ったメイクが好み。黄・橙・赤茶+つやを駆使して大人のカラーメイクを♡」
  • 「ニュージーでは山登りなどで汗もかくので、ベースメイクはミニマムに。ラロッシュ ポゼのUV対策も肌色補整もしてくれる下地2とイヴ・サンローランのコンシーラー1で気になるところだけをカバー。髪が明るいので、目もと、口もとはイエローやオレンジでまとめて全体の統一感を出すことを意識しています」
  • trip to Taiwan台湾行き【メイクポーチ】美容エディター・前野さちこさん
  • MAKE-UP(メイクポーチ)“vs.くずれ”で多湿国でもメイクをキープ
    「コスメに関しては、台湾特有の湿度に対応できるアイテム選びが重要。ベースはくずれにくさ重視でサラリと整えながら、バームやポイントメイクで欲しいところにつやのせ!」
  • 「くずれがいちばん気になるベースメイクに関しては、湿度が低ければフェンティビューティのコンシーラー1、湿度が高めならイヴ・サンローランのスティックファンデーション2で塗り分け」
  • 「アイメイクは5色かつ、いろいろな質感のNATASHADENONAのアイシャドウパレット3をメインにTHREEのクリームアイシャドウ4をその日の気分で」
     
     
     
  • 「アイライナーはオフするときまでにじまず、汗や湿度にも強いフローフシの新しいタイプ5が台湾にはぴったり。パンダ目を気にせず一日過ごせます」
     
     
     
  • 「花粉症対策の薬や靴ずれしたときのためのバンドエイドも常備!」
  • 3.保湿と疲れに効く!【機内持ち込みコスメ】

  • trip to Hawaii ハワイ行き【機内持ち込みポーチ】美容家・神崎 恵さん
  • HAND-CARRY(機内持ち込みポーチ)保湿×リラックスケアでフライト中のストレスとは無縁
    「機内では基本的にすっぴん派。ケアをした状態で飛行機に乗り、機内ではリラックスするのがメイン。到着したときに、かるくすっぴんカバーができるコスメがあれば充分です」
  • 「周囲の人に迷惑にならない香りのukaのネイルオイル1で爪先までしっかり保湿ケア」
  • 「ハワイ行きの便は、夜、日本を出発することが多いので、メイクオフ、スキンケアをしてから搭乗します。あとは、機内でリラックスしながら、乾燥対策をするのが重要。トリロジーのマルチバーム4やポーラのリップバーム7で全身くまなく保湿対策」
     
     
     
  • 「ランコムのクッションファンデーション2で軽く肌を整える。到着してからもフルメイクはしないけれど、気分を上げるために美肌メイクを」
     
     
     
  • 「ヘレナのマスカラ6でまつげ、ルナソルのアイブロウパレット3とSUQQUのアイブロウマスカラ5で眉毛をメイクしたらさりげなく気分が高まります♡」
  • trip to Moroccoモロッコ行き【機内持ち込みポーチ】Velnica.デザイナー・小林 加奈さん
  • HAND-CARRY(機内持ち込みポーチ)保湿アイテムを各パーツごとに持ち込み!
    「髪、唇、肌、目もと、すべてのパーツをくまなく保湿! なかでも、シスレーのヘアオイル、クラランスの美容液はリッチな香りに包まれるので、機内でもリラックスできて最高です」
  • 「肌の乾燥も気になるけれど、かなり気をつけているのが髪の毛の乾燥。機内に持っていくVelnica.のポーチにはシスレーのヘアオイル1を入れこまめにケア。ベタつかないのに潤う名品なんです。肌のケアは、海外で大きなサイズを買うほど大好きなクラランスの美容液2やネロリラ ボタニカ3はマスト」
  • 「ルシェリの保湿バーム4、ヘレナのリップ美容液5なども使ってパーツごとアイテムを変えて保湿を」
  • trip to Paris パリ行き【機内持ち込みポーチ】美容エディター・森山和子さん
  • HAND-CARRY(機内持ち込みポーチ)リップ・メイクポーチとこちらも機内に
    「移動中のケアはかなりシンプルで、乾かないこと、リペア・オフすることがメイン。携帯サイズを選んで小荷物にまとめます」
  • 「長時間フライトで髪がヘタったら、エトヴォスのポンポンパウダー1で復活!」
     
     
     
  • 「箱入りじゃないコンビニの小林製薬の加湿マスク3や洗顔専科のクレンジングシート2など、かさばらないものを」
  • trip to New Zealandニュージーランド行き【機内持ち込みポーチ①】mojo nail ネイリスト・関根 祥子さん
  • HAND-CARRY(機内持ち込みポーチ)移動中も気をつけたい口内ケアは可愛さ優先♡
    「食事もする機内では、オーラルケアがマストです。磨くだけではなく、歯間や乾燥もケアすべく、お気に入りのアイテムでそろえます」
  • 「長時間の移動に欠かせないのが、お口の中のケアアイテム。クリニカの歯ブラシ1、マービスの歯磨き粉2、海外で買った歯間ブラシ3に、ダルトンのデンタルフロス4とフルラインナップで搭乗。ガムやあめ5は、口の中が乾燥したときの対策用にいくつか入れておくと安心」
  • trip to New Zealandニュージーランド行き【機内持ち込みポーチ②】mojo nail ネイリスト・関根 祥子さん
  • HAND-CARRY(機内持ち込みポーチ)疲れ回避やすっぴん隠しできるものをイロイロ
    「凝りや疲れをほぐすものと、リラックスするための香りを楽しめるもの。降りる前の簡単なメイク用コスメを、ざっくりと機内のお供に」
  • 「ニュージーランドに到着したら少しだけメイクを。ケイトのアイブロウパレット3で眉を描き、アリマピュアの色つきリップバーム1で色づけしたら出かけられるくらいのきちんと感が!」
  • 「10時間超えのフライトなので、快眠グッズも持っていきます。めぐりズムのホットアイマスク2と口もとにもマスクをつけて完全に顔を覆う形で爆睡(笑)」
  • 「普段から使っている目薬や、下半身のむくみ対策もばっちりな紐も常備」
  • trip to Taiwan台湾行き【機内持ち込みポーチ】美容エディター・前野さちこさん
  • HAND-CARRY(機内持ち込みポーチ)即食べ歩きに行けるよう紫外線と口内のケア重視
    「機内持ち込み、といっても機内で何かするというより、到着してからすぐに使いたいアイテムの準備用。それと代用のきかないものだけを持ち込み!」
  • 「飛行機に乗るときは基本すっぴん。台湾までそんなに時間もかからないので、機内では乾燥しがちな唇や目もとをケアするくらいだから、買いだめしているほどお気に入りのヴァセリンの保湿バーム1さえあればOK。到着してからは紫外線と大気汚染の対策をするため、エスティ ローダーやアユーラの日焼け止め23を」
  • 「NOTO botanicsのマルチカラー4を目・頰・唇にのせればほんのりワントーンなメイク感も欲張れます。すっきりするガムも常備」
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords