アラサーのピンクメイクを色っぽく仕上げるコツ【大人の浮かないピンク①】

2017-05-13 16:00
  • いつの頃からかピンクメイクを「なんだか顔から浮く」「子供っぽいかも」と感じてはいない? 20才の頃と同じピンクでは、それもやむなし。でも、やっぱりピンクは可愛くて女の正義。大人に似合うピンク、今年は始めどき。いざトライ!
  • この夏は、ほんのり色づく”テンダーピンク”メイクがトレンド!
  • やさしく淡いピンクで彩る、センシュアルなワントーンメイク。ともすると、甘くなりすぎるのをモダンに仕立てる秘訣は、スパイシーな輝き。冷めた光を放つ下地とメタリックに輝くアイシャドウで、甘さの中にシャープなムードをつくりだして。
  • 【skin&cheek】フレッシュなツヤ感で顔全体にピンクのムードを。

    【skin】肌の内側にピンクの光を宿す下地。ストロボクリーム ピンクライト ¥4500/M・A・C

    透明感を高めるクリアピンク。エピック ミニ ダッシュ 09¥3000/THREE(5月24日限定発売)

  • 【eye&lip】メタルな輝きで立体的な目元に。唇はナチュラルに色づけて。

    【eye】メタリックな光でピンクを大人っぽく。アイ フォイル ピンクゴールド ¥3000/シュウ ウエムラ

    【lip】みずみずしく色づくシアーなトゥルーピンク。ルナソル シアーアクアスティックリップス 03¥2500/カネボウ化粧品

  • ポイントは、まぶた、頬、唇、すべてをほんのり色づくくらいを目安に仕上げること。可愛いだけでなく、繊細に色っぽく仕上げることが大人のピンクメイクの正解! ここで紹介したアイテムの詳しいhow toをマスターしたいなら、BAILA6月号をGETして!
  • 大人のピンクメイクをマスター!
撮影/尾身沙紀〈io〉(人)、山口恵史(物) ヘア&メイク/岡田知子〈TRON〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/比留川 游 文/前野さちこ
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up