アラサーのアイライナーは目尻3ミリで勝負【大人の浮かないピンク③】

2017-05-15 19:00
  • 大人のピンクメイクを考える企画第三弾。ちょっと冒険して、ピンクをアイライナーで取り入れるなら、どうしたらいい? おしゃれ&メイク上級者として一目置かれること間違いなしの、ピンクアイライナー技をマスター!
  • 目尻3ミリのピンクライン、小さく入れれば浮かずに可愛い!
  • 目じりに小さく入れたピンクのラインは、まつ毛の間を黒ペンシルで埋めた後、目を開けて目尻の少し手前から水平にまっすぐ描いて。それだけでコケティッシュな空気が生まれるから、チークや唇は肌に溶け込むウォームベージュで端正に仕立てるのが正解。 アイホールと頰骨の下に骨格をきわだたせるようにひとはけ。
  • 骨格メイクで凛とした顔立ちに。プレイフルなピンクラインで大人に仕上げる。

    深いフューシャピンクのリキッドアイライナー。グランディオーズ ライナー 04 ¥4200/ランコム

    ほのかなパールをまとったインテンスベージュ。ラフに唇に直塗りし て。ルージュ ココ シャイン 537 ¥3900/シャネル(限定発売中)

    ウォームベージュのパウダー。アイホールと頰骨の下に入れ、美骨格に。グローオン AMBUSED ¥2500/シュウ ウエムラ(限定発売中)

  • 生まれ持った顔立ちの影を引き出すことで、凜とした表情に。主役のライン以外をミニマムにすることが、プレイフルなピンクラインをシックに大人っぽくまとうコツ。夏本番を迎える前に、大人のピンクメイクをマスターして、みんなとちょっと差をつけて♡
撮影/尾身沙紀〈io〉(人)、山口恵史(物) ヘア&メイク/岡田知子〈TRON〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/比留川 游 文/前野さちこ
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up