その腰痛&肩こり、前屈できたら改善するかも⁉︎【簡単5分でできる前屈ストレッチ①】

2017-07-01 10:30
  • 「前屈は、体全体の柔軟性を示すバローメーター」。そう語るのは、パーソナルトレー二ングジム「ルブルス」代表の谷けいじさん。「前屈には、もも裏の筋肉が(ハムストリングス)をはじめ、たくさんの筋肉がかかわります。その筋肉が硬いと、骨盤や肩甲骨が正しい位置や角度を維持できなくなり、姿勢も悪くなります。するとスタイルのくずれや体の痛みにつながるのです」。あなたはいま、前屈どれくらいできる? 手が太ももにつく程度しかいかない床から指先が20㎝くらいの「激硬さん」は、このストレッチを実践してみて!
  • 体の硬さが猫背を招き、腰痛や肩こりが慢性化!
  • お風呂上がりに1日1回。そこから始める柔軟性を取り戻すストレッチ
  • 1)まずは体全体をゆるめることから。肩の力を抜きながら軽くジャンプしたら、足首を回す。8回1セット×4セット。

    2)片脚を後ろに引き、前脚に体重をかける。アキレス腱からふくらはぎにかけての筋肉を伸ばして20秒。反対側も。

    3)前ももの筋肉を伸ばす。片足の足首をお尻側で持ち20秒キープ。反対側も同様に。ひざが前に出ないよう注意。

    4)椅子に腰かけて片ひざに反対脚をのせ、上体を前に倒して20秒。反対側も。背中を丸めず行うのがポイント!

    5)両脚を開き、片手を真上に。反対の手は腰に。伸ばした腕を45度くらいまで横に倒して20秒。反対側も。

    6)両脚を開き、両腕を肩の高さまで上げる。ひじの高さをキープしながら真後ろを向き、正面に戻る。左右10回。

    7)片脚を前にのばし、つま先を上げる。ひざに手を置き、反対のひざを軽くまげて20秒。反対側も同様に。ここまでできたら終了!

  • 「もともと体硬いし……」とあきらめるなかれ! ストレッチを習慣化すれば、誰でも筋肉はやわらかくなるもの。そうすれば、慢性的な悩みだった体の不調が一気に晴れる可能性も。今晩から早速実践してみて! 詳しくは発売中のBAILA7月号をチェック♡
撮影/名和真紀子 スタイリスト/門馬ちひろ ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 イラスト/佐藤ワカナ 原文/遊佐信子 文/前野さちこ
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords