悪目立ち眉の【NG】ポイントをお勉強して、“今どき×なじむ”眉へ

2017-09-18 21:00
  • 今どき眉の作り方を学んだところで、今度は誰もがやってしまいがちな悪目立ち眉を作る【NG】行為をクローズアップ。やってはいけない【NG】ポイントを、美容担当スガコが10年の取材をもとにアドバイスします。
  • 【NG】眉メイクを避ける6つのポイントとは?
  • 【NG!】1ストロークが長い(1回で完成させようとしている)

    ☆スガコのアドバイス☆
    形を描かず、短ストロークで少しずつ毛を描き足すイメージで!

    「アウトライン描いてから中を埋めてる人、けっこうたくさんいますよね? それ、いかにも“描いた感”が出るので、大至急やめましょ! 眉の底辺から短いストロークでちょっとずつ描いていくと、毛の始発点と終着点のテンションが変わり、自然と一本一本が本物の毛のように描けるそう。アウトラインもあいまいになるから、より自然な仕上がりになりますよ」

    【NG!】素の眉毛が嫌いで、切ったりそったり抜いたりしている

    ☆スガコのアドバイス☆
    立体感のある自然な眉毛に、産毛と毛流れは欠かせません!

    「まわりの毛をぎりぎりまでそると眉毛と肌のコントラストがつきすぎて悪目立ち。産毛が残る程度がリアルでなじむみたい。眉間やまぶたやこめかみなどの“ムダ毛だけ抜き”も、眉のまわり1~2㎜の毛はあえて残したほうがいいそう。自然な毛並み感を出すためにも、毛をカットするのはNG! ぴょろりんと長い毛以外は切らずに伸ばすべし」

    【NG!】昔の名残りで髪色より明るく仕上げている

    ☆スガコのアドバイス☆
    安っぽく見えるから暗めにチェンジ!

    「少し前までは、眉色といえば明るめで、眉マスカラも明るい色やパール入り、黄み系の色が人気。そういう色はおしゃれで若々しく見える一面もあるけれど、一歩間違うとギャルっぽくなりがち。今選ぶならちょっと暗めの色。調べてみたところ、こげ茶、アッシュ、グレー、モーブあたりのカラーは失敗しにくくおすすめですよ!」

    【NG!】スクリューブラシを使わない(使う意味もわからない)

    ☆スガコのアドバイス☆
    なじむ眉は“ぼかし”が命! 眉メイクはスクリューに始まりスクリューで終わる

    「存在感が出ないよういかになじませるかが大事。眉を描く前にスクリューブラシで毛並みを整えて描きやすくし、最後に毛の流れに沿ってとかし、ぼかす。毛流れに沿って軽いタッチでとかすのがコツ。スクリューブラシは、せっかく描いた眉が消えてしまわないよう、硬すぎないものを選んで」。

    毛がらみのいいスクリューブラシ。アイブロウブラシ スクリュー ¥1400/アディクション ビューティ

    【NG!】一度で発色させようとしている

    ☆スガコのアドバイス☆
    物足りないを積み重ねて理想の濃さに仕上げるべし。持ち方を変えるのもおすすめ

    「どのアイテムも“描いた感”が出たらおしまいだから、ふわっふわっと軽やかタッチがお約束。一回で発色させようとせずに、淡い色を重ねて奥行きを出し、理想の濃さに近づけていって。特に、リキッドは、産毛を描くぐらいのシースルー感がベストだとか」

    【NG!】パウダーならパウダー、ペンシルならペンシルと1アイテムしか使わない

    ☆スガコのアドバイス☆
    アイテムは増やすほど立体感が増し自然に! 最低2アイテム以上使うべき

    「1アイテムで仕上げるのはプロでも簡単じゃないそう。左の写真のように、パウダーだけで描いた上よりも、リキッドにパウダーを重ねた下のほうが眉毛っぽいですよね? 眉も違うテクスチャーを重ねると、むしろ簡単で完成度がアップ。リキッド、ペンシル、パウダー、マスカラなどのなかから最低2アイテム以上をぜひ」

  • トレンドとNGポイントを押さえたら、その次は? 自分に合った“ちょこっと更新”にフォーカスして。BAILA10月号では、スーパーバイラーズ10名のアップデートを一挙掲載。自分のタイプが探せるはず。ぜひ参考にしてください!
撮影/天日恵美子(人)、永躰侑里(物) ヘア&メイク/paku☆chan〈Three PEACE〉 スタイリスト/池田めぐみ(人) モデル/ENYA 取材・原文/中島 彩
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up