キラキラの表情に!瞳力が高まるアイメイク#賢い可愛げメイク④

2017-10-20 21:00
  • 人気ヘア&メイクアップアーティスト中野明海さんが指南する、素敵な大人の”賢い可愛げ””イタい可愛げ”PART4。今回は目もとです。ちゃんとしてるつもりなのに物足りない。やりすぎちゃってなんだか過剰。そうならないために、ちょうどいいアイメイクをマスター。キラキラとした瞳力こそ、魅力的な表情を引き出す最大の武器。
  • アイメイクは何のため?キラキラした瞳力をつけるため!
  • 抜け感、目の丸みを際立たせるアイシャドウ、アイライナー
  • 「『私は元気です』っていう、 生命力のあるうるっとしたつぶらな瞳が目指したいところ。強いアイメイクで光を遮らず、抜け感と目の丸みをきわだたせることで瞳が輝きだします。瞳に光が入ることで生き生きとした表情に。逆に入らないのは重さと強さ」(中野さん)
  • アイシャドウは透けとつやを重視。ふさがない、重くしないことが大切。

    おすすめアイシャドウはこちら
    明るさと影感を同時に与える抜けのあるパレットをチョイス。

    使い勝手抜群のブラウンベースのグラデーションパレットは、旬の澄んだライラックカラーがアクセント。抜けのあるまなざしに。レ キャトル オンブル 294 ¥6900/シャネル

    目もとを重く見せない「彫り」で 生き生き印象的なまなざしに
    「アイホールに左上のライラックをふんわりのせたら、二重幅より少しオーバーめに左下のベージュ、きわに細く右下のダークブラウンを。重さや暗さのない自然な彫り感がコツ」(中野さん)

    続いてアイライナーはブラウンをセレクト。締めずに瞳を延長させるイメージで。。
    「強く見える線の印象はなくていい。だから、きわは埋めるだけ、目じりは平行がグッドバランス」(中野さん)

    おすすめのアイライナーはこちら
    つぶらな瞳にしたいから 遮光する「黒」と「囲み」はNG

    「黒だと締まりすぎて、目の印象がより小さく。 瞳色に近いダークブラウンがベスト」(中野さん)
    ルナソル ディープ&シャインライナー EX01¥2800/カネボウ化粧品(11/17限定発売)

撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉(人)、小坂茂雄(物) ヘア&メイク/中野明海〈air notes〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/比留川游 イラスト/ナオミ·レモン 取材·原文/中島彩
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up