クリームであらゆる肌トラブルをブロック! 【乾いてはいけない24時②】

2018-01-14 21:00
  • 「ベタつくから」「クリームを使う年齢じゃない」「乳液を使っているから必要ない」ちょっと待って、それ全て思い込み!! 美しい肌を育てるためにクリームは欠かせないアイテムなんです。大人の肌になぜよいのか、基本の使い方とは、を徹底解説します!
  • クリームがいい理由1 バリア機能を高め外敵から保護【やさしくディフェンス】

  • 肌表面に油分と水分の膜を作り、外部の刺激や汚れなどから肌を守る働きが。夜ケアとしてはもちろん、紫外線や大気汚染などの槍が降ってくる日中のために、朝クリームも◎。
  • クリームがいい理由2 さまざまな美容成分がたっぷりIN【栄養ドリンク】

  • バリア機能を高める保湿成分は、油溶性なのでクリームと相性がよく、高濃度配合が可能。 そしてエイジングや抗炎症、美白など、保湿以外にもさまざまな有効成分を与えられる。
  • クリームがいい理由3 肌内部まで浸透させてくれる【ぐっと押し入れ】

  • 肌に必要な水分や皮脂、美容成分の蒸発を防ぐことができるクリーム。落としぶた的な役割として、それまでのスキンケアで入れ込んだ美容成分を奥深くまで浸透させる効果も。
  • ただ塗っても意味はない【きかせるための塗り方How to】

  • 1 テクスチャーを手の温度でほぐす
    クリームを指先にとり、手の温度でテクスチャーをゆるめる。テクスチャーが硬いままだと、肌になじみにくくなるので要注意。とる量は、アイテムの指定量でOK!

    2 乾きやすいエリアに3点置き
    ゆるめたクリームを、両頰・額の3点置き。乾きやすい頰ゾーンはたっぷりめにおきつつ、テカりやすい鼻エリアにはおかないで、肌の上で保湿バランスを調整を。

    3 内→外、下→上へ顔全体になじませる
    指の面を使いながら、内側→外側、下→上へと顔全体へ。目まわりや小鼻などの細かな部分には、中指や薬指を使ってやさしくなじませて。最後はハンドプレスで押し込める。

    4 就寝前に肌の乾きを再度確認
    寝る前に肌に触れて乾きを感じたら、同じクリームを重ねて保護膜を強化。そのままほうっておくと、乾燥だけでなく、シワなどの原因になってしまうので要確認を。

  • 「わかりやすくいえば、クレンジングや洗顔料は、肌(花)を育てるために土を耕すこと。やわらかくなるまでほぐしてから、化粧水という名の水を与える。そして美容液は、肌が美しく、丈夫に育つための肥料。ただし、それだけだと、外的要因から吹きさらしな状態。 紫外線や大気汚染、ストレスなどの影響をじかに受けてしまうため、クリームという名のビニールハウスで肌を保護することが大切。つまり、クリームまでのステップは、美しい健やかな肌を育てるために、欠かせないこと。春に美しい肌に育つか否かは、自分が肌とどう向き合うかにかかっています」(トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん)
  • いかがでしたか? 24時間乾かない肌でいるためにはクリームが必須なんです。ぜひ使って、美しい肌を育ててくださいね。BAILA2月号掲載「乾いてはいけない24時」特集ではクリームHow toをはじめ、乾燥対策を大特集中。スキンケアの思い込みの見直し、保湿ファーストな美女などお読みいただきたい記事が満載です!
撮影/ケビン・チャン スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 モデル/モニカ、ジェニファー 取材・原文/谷口絵美
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords