BBB8が“30歳の私に届けたい本命コスメ”【逆算女子のためのアンチエイジングBOOK①】

2018-02-11 21:00
  • 10年後もキレイでいるために、今何をすべきか、その答えがこの1冊に!

    BAILA3月号の別冊付録は豪華84ページものボリュームでお届けする「逆算女子のためのアンチエイジングBOOK」。美のプロとして活躍中、8名の美肌先輩たちが、持ちうる限りの美の知識をこの別冊で披露。“BAILA BEAUTY BRAINS8=「BBB8」”として読者のみなさまを10年後のキレイへ導きます! 

    まずは別冊に掲載中の美のメッセージを一部抜粋してお届け。さらに30歳の私に届けたい本命コスメも。じっくり読み込んで、今すべきこと、コスメの知識をぜひぜひ吸収してくださいね。
  • BBB8“30歳の私に届けたい本命コスメ”
  • 美容家 神崎 恵さん(age42)
    大人の女性を年齢から解放し、より満たされた人生を歩むための美容法を提案。

    【大人は、「幸せそうな肌」に育てるが勝ち!】
    「なりたいのは一緒にいて心地よいと感じられる『幸せそうな女性』。 私のエイジングケアは、濃厚なクリームや美容液で肌に厚みとハリを与え、幸せ肌へと育てることがいちばんのポイント。そして「これをしなくちゃいけない」というノルマの禁止も。力を抜くことも、幸せ感の秘訣です」。

    神崎さんが【30歳の私に届けたい本命コスメ】

    (右から)「使ってすぐ、細胞一つ一つに幸せを詰め込んだよう」。V リゾネイティッククリーム 50g ¥ 58000/ポーラ  「ふっくら感も明るさも一度に」。SHISEIDO リバイタル パーフェクション リンクルリフト ディープレチノホワイト 4 (医薬部外品)15g ¥12000/資生堂 インターナショナル

    美容家 小林ひろ美さん(age53)
    マインドも巡りも総動員しながら、きかせる肌に変えていく美の革命家。

    【肩の力を抜いて、楽しむこと。 頑張る美容はもうおしまい!】
    「お手入れって、 楽しくなきゃ続かないし、続けないと効いてこない。 三日坊主になる美容法や、買い続けられないコスメはストレスになるだけ。歯磨きするみたいに意識せずできることを日々積み重ねて。 スキンケアは頑張るものじゃなくていい。人生も美容も楽しまなきゃ損ですから♪」

    小林さんが【30歳の私に届けたい本命コスメ】

    「肌が落ちたときに素早く立て直す、常備コスメ」。(右)「アルミがついた密封マスクは、イベント前にも」。アドバンス ナイトリペア パワーフォイル マスク 4枚 ¥11000/エスティ ローダー  (左上)「引き上げのエキスパート」。スキン シグネチャー 3D リディファイニング マスク6枚入り ¥14000(編集部調べ)/SK-II  (左下)「しぼんで元気がない肌は、ファイト一発系クリーム」。リプラスティ R.C. クリーム 49.75g ¥35000/ヘレナ ルビンスタイン

    美容エディター 松本千登世さん(age53)
    やさしい語り口で美容の本質にふれる文章と、しなやかな美貌は憧れの的。

    【自分の「よい加減」を知れば30代からでも肌は変わる】
    「昔の自分には、スキンケアは『よい加減が大事だよ』と言ってあげたい。やりすぎ、やらなさすぎもよくない。見て、触れて“よい加減かな?”と肌の声を聞く習慣は、一生の財産になるはず」。

    松本さんが【30歳の私に届けたい本命コスメ】

    「桃井かおりさんはじめ、愛用者の方の年齢を超える美肌が証。"帰るべきベーシック"であり、"究極のエイジングケア"」。フェイシャル トリートメント エッセンス 160mℓ ¥17000/SK-II

    美容ジャーナリスト 小田ユイコさん(age52)
    歩く美容事典。深い知識と経験値で、日々変わる肌波を柔軟にサーフィン。

    【自分と向き合って、今の肌を好きになれば乗り越えられる】
    「30代は、シミやシワが出てきたり、ゆらいだり、肌をほうりだしたくなるときもあると思うけれど、今の肌を認めつつ、正面から向き合い最適なケアを探すこと。今、自分の肌との上手なつきあい方を見つけられたら、このあともずっと楽に生きられますよ」。

    小田さんが【30歳の私に届けたい本命コスメ】

    「この2品は人生のパートナー。すぐに不調に波立つ肌を、すっと鎮めて元気に呼び戻すミストとクレンジング」。(右から)アベンヌ ウォーター 300g ¥2200/ピエール ファーブル ジャポン  クレンジング ミルク ドライ/ノーマル 200mℓ ¥ 4200/クラランス

    美容ジャーナリスト 木更容子さん(age49)
    歯に衣着せぬ物言いで、ズバッと美容の真実へと切り込む頼れる美容番長。

    【コスメの力を信じて使えばエイジングは敵じゃない!】
    「老いは誰にでも平等に訪れるもの。 必要以上におびえることはない。“コスメの力を信じて使うこと”、“基本を毎日ちゃんとすること”。 美容に一発逆転はないから。これさえ守っていればたとえ肌落ち期がやってきても、悲劇的にはならず、笑って乗り越えられるはず!」。

    木更さんが【30歳の私に届けたい本命コスメ】

    「30代の悩みを全網羅できるのが、ドクターケイ。化粧水とクリームを使ってれば、もう怖いものなし。 ゲランはトータルに肌年齢が巻き戻る、投資しがいのあるクリーム」。(右)ケイカクテル V ローション 200mℓ ¥7000・(左上)ケイカクテル V プレミアムクリーム 30g ¥16000/ドクターケイ (左下)オーキ デ アンペリアル ザ クリーム 50mℓ ¥54600/ゲラン

    美容ジャーナリスト 鵜飼香子さん(age42)
    自由で耽美的な視点で、独自のマニアックワールドを築き上げる、つややかな美女。

    【バイラ世代の「背伸び投資」はムダにはなりません】
    「若いころにプロの手技にふれ見極める目を身につけたことは、なにものにも代え難い財産です。 大人になったら、全体で見て「素敵な人」という印象を残したい。そのために、個性的なメイクやファッションに頼らず、肌はもちろん、声や姿勢まで意識して素材に磨きをかけていきたいですね」。

    鵜飼さんが【30歳の私に届けたい本命コスメ】

    (右から)「ホルモン補充療法にヒントを得たクリームは、美白・ハリ・女性らしいつやまで補ってくれる」。ジェノマーダーマクリーム 50g ¥30000/ドクターシーラボ 「びっくりするほど肌がぷるんと張るブースター。もっと早く出会いたかった!」。スキンケア ジェル NMバランス 35g ¥9000/ニッピコラーゲン化粧品(3月12日発売)

    LA CARPE代表 新井ミホさん(age42)
    PRオフィスの代表として、忙しい現代女性を癒す自然派コスメを幅広く手がける。

    【ストレスまみれの日々にこそオーガニックコスメの癒し力を】
    「今やストレスと無縁の人はいないし、 ホルモンの波とも一生つきあっていくもの。 でも、植物のパワーを味方につけたオーガニックコスメがそばにあれば、忙しい毎日のなかでも、心からリラックスし本来の自分に戻ることができる。その積み重ねは、肌運命さえも変えるはず」。

    新井さんが【30歳の私に届けたい本命コスメ】

    (右から)「心までほぐれる精油の香り。いつまでも特別な存在です」。クレンジングローション リプレニッシング(ドライスキン用) 200mℓ ¥3800/ジュリーク・ジャパン 「そのとろけるような感触に感動したクレンジング」。オーガニックファーマシー Ca バター クレンザ ー 75mℓ ¥7800/アットスター

    松倉 HEBE DAIKANYAMA院長 貴子先生(age42)
    最新の美容医療や栄養学に通じつつ、コスメへの深い造詣で知られる美人女医。

    【一点のシミより肌全体の透明感。人の美しさはトータルバランス】
    「医師として美容医療の現場にいて感じるのはいくつになっても、そのときの自分に納得して、人生を楽しんでいる人は美しいということ。 細部にこだわるより、全体の印象を高めていく。人としての清潔感を大切にする。 そういう生き方が、今の私の理想です」。

    貴子さんが【30歳の私に届けたい本命コスメ】(右から)

    「高校時代からミルク派の私が、自分で使いたくてとことんこだわったミルククレンジングです」。 スノウ ザ ラディアント クレンジング 200g ¥5000/松倉 HEBE DAIKANYAMA 「大学生のころから、ここぞという日に塗っていた名品クリーム」。クレ・ド・ポー ボーテ ラ・クレーム n(医薬部外品)30g ¥60000/資生堂インターナショナル

  • 発売中のBAILA3月号別冊付録「逆算女子のためのアンチエイジングBOOK」ではBBB8からのメッセージをさらに詳しくご紹介。これまで歩んできた美の歴史、美への想いは必見です。他にも30歳からの化粧品選び、サプリメントの取り入れ方、肌老化についての美容ジャーナルなど、30歳女性が知っておきたいビューティ情報を完全網羅。美の参考書ともいうべき1冊が手に入るのはBAILA3月号だけ、ぜひお手にとってくださいね!
撮影/山下みどり(人)、小川 剛〈近藤スタジオ〉(商品) ヘア&メイク/広瀬あつこ、犬木 愛〈agee〉、藤本 希〈cheek-one〉、石川ユウキ〈Three Peace〉 取材・原文/中島 彩、長田杏奈
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up