潤いまで奪ってるかも! その洗顔“洗いすぎ”【アラサー洗顔をおさらい①】

2018-05-01 21:00
  • 肌の調子がイマイチ悪い…そんな風に感じていたら、もしかすると顔の洗いすぎor洗わなすぎが原因かも! トータルビューティアドバイザーの水井真理子さんが「できてるつもり」の惜しい洗顔を優しく最適化します。まずは、清潔へこだわるあまりに「洗いすぎ」ている洗顔実例から! 同じように洗ってる、という方は要注意。潤いまで奪う原因になっているかも!
  • 実況! 潤いまで奪ってしまう“洗いすぎ”洗顔プロセス
  • スーパーバイラーズ日下知世さんに、普段通りに顔を洗ってもらいました! 水田さんのジャッジは?
  • 洗顔スタート! パッケージを見て適量をチェック。少なすぎると立つ泡も立たない!

    泡が少なすぎるとゴシゴシ洗って、摩擦ダメージを与える原因に。

    最初の一手で乾燥しやすい目もとに泡をのせ、タテにゴシゴシはNG!

    すごい力で泡のクッションをつぶして、ゴシゴシ洗いしちゃってる。

    手に力が入りすぎ&頰の同じところを何度も洗いすぎ。あご裏まで洗うのは◎。

    肌が薄く乾燥しやすい目もとを左右にゴシゴシ。小ジワ警報発令中!

    42°Cに設定したシャワーのお湯を直当て。潤いまで落としちゃってる!

    タオルで押さえるようにふくのはOK。このやさしさを洗顔でも発揮して。

  • 水田さんによると、日下さんはズバリ「洗いすぎ」だそう。キュッと清潔へのこだわりが潤いまで奪ってしまうことに。では、正しい洗顔法とは?
撮影/川原 歩(人)、山口恵史(物) 取材・原文/長田杏奈
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords