せっかちで損してる! その洗顔“洗わなすぎ”【アラサー洗顔をおさらい②】

2018-05-02 21:00
  • 肌の調子の悪さ、実はそれ顔の洗いすぎや洗わなすぎに原因があるかも。自分では「できているつもり」の洗顔方法をトータルビューティアドバイザーの水井真理子さんが的確にジャッジ。正しい洗い方に導きます! 「洗いすぎ」に続いては、洗う範囲が狭すぎなせっかち洗顔で損している「洗わなすぎ」タイプをチェック。
  • 実況! 洗う範囲狭すぎるせっかちタイプ“洗わなすぎ”洗顔プロセス
  • スーパーバイラーズ小笠原綾子さんに、普段通りに顔を洗ってもらいました! 水田さんのジャッジは?
  • さっそく洗顔スタート!「泡立てるのが苦手なんです」という申告を裏づける、少なすぎる泡。

    手のひら全体を使わず、手根で洗っているため、洗えてない場所だらけ。

    手に力が入りすぎて、肉が動くほどゴシゴシ。泡のクッションで洗って。

    乾燥が気になる鼻を、なぜか何度もゴシゴシ。部分的に洗いすぎ!

    同じく粉吹き状態だった額も、ゴシゴシタテにこすり洗いしていてNG!

    額の上部、輪郭、目もとが全然洗えていないまま、すすぎへ移行……。

    シャワーをジャーッと浴びるスタイル。顔の端っこのすすぎ残しが心配。

    タオルをやさしくあてて、押さえるように水気を吸い取るワザは合格♪

  • 水田さんによると、小笠原さんはズバリ「洗わなすぎ」な、せっかちな洗顔で損しているそう。では、正しい洗顔法とは?
撮影/川原 歩(人)、山口恵史(物) 取材・原文/長田杏奈
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords