雨の日のスタイリング3つのポイント【梅雨どきヘア④】

2018-06-15 21:00
  • 広がる髪もぺしゃんこヘアも、3つのポイントを押さえて誰でも簡単にスタイリング! “クセを生かす”、“ドライに仕上げる”など、雨の日も“不快指数ゼロ”髪になれるテクを、ヘア&メイクアップアーティストの河北裕介さんに教えてもらいました。

  • <ポイント1>広がり、うねりが気になる人は毛先にワンカール。全体をしっかりじゃなく、ラフにランダムに、“クセは生かす”が大切。
  • クセをニュアンスに変えてラフなカールスタイルに!
  • クセは、いってみればナチュラルなニュアンス。ポジティブにとらえて、直すより生かしてみようよ。そのほうが絶対に印象がこなれて見えるから。プロセスは簡単。毛先をワンカールランダムに巻くだけで、ほら、このとおり。(河北さん)
  • <ポイント2>広がる髪もぺしゃんこヘアも。ドライを仕込んでオイルでまとめるのが誰でもうまくいく黄金ルール。
  • 【STEP1】生えぎわを手でジグザグ左右に動かしながらドライヤー。これでクセがなじむよ。

    【STEP2】シーソルト(次スライダー参照)を手にのばして、ボリュームが欲しい部分にくしゃくしゃもみ込む。

    >使ったのはこれ!
    マットで軽やかな質感に。オーガニックウェイ シーソルト・スプレイ 240㎖ ¥3700/アラミック

    【STEP3】表面の浮きや広がりが気になる場合はオイル(次スライダー参照)をうすーくなじませてコート。

    >使ったのはこれ!
    オイルなのにベタつきレス。つやを与えながら、サラサラに仕上がる。ラックス プレミアム ボタニフィーク ナチュラルアレンジ2WAYアレンジオイル 50㎖ オープン価格/ユニリーバ

  • 広がりが気になる人も、ぺしゃんこの人も、目指すべき終着点はただひとつ。根元からふわっとラフに動く軽やかな毛流れだから、スタイリングの仕方は同じでいい。最低限、クセを取ったら、いったんドライに仕上げて、オイルでならして。(河北さん)
撮影/中村和孝〈まきうらオフィス〉(人)、小川 剛〈近藤スタジオ〉(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/木津明子 モデル/大政 絢 取材・原文/石橋里奈
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords