パンダ目防止にはマスカラ前の下準備が重要だった!【落ちないマスカラ③】

2018-06-23 21:00
  • 朝しっかりメイクしたはずなのに、気づけばパンダ目…(涙)。この時期多いそんな悲劇を防ぐには、マスカラ選びはもちろん大切だけど "マスカラ以前の工程に尽力"することが重要なんです。落ちないマスカラのための下準備をすべてお教えします!
  • POINT① まずは自分の"落ちる理由"をクリアするマスカラを見極める

  • マスカラにはその組成上、タイプごとの得意不得意が。落ちる理由が油分多めならフィルムタイプ、水分の多さならウォータープルーフタイプがおすすめ。カールキープはウォータープルーフがベター。それぞれの特徴とプラス、マイナス面をチェック。自分にあったタイプのマスカラを見極めて。
  • ウォータープルーフ
    ワックス>ポリマーという成分比なのがウォータープルーフ。ワックスが油分なので、皮脂や油と混ざると溶け合い液体に変化する=落ちることに。

    【+ポイント】硬さのあるワックスがまつげを固定しカールを維持
    【ーポイント】皮脂や油分でにじみやすく重ねるとパリパリに

    つまり、カールキープははずせない、涙の量が多い、海やプールが大好き! という場合はこちらが断然◎。オフする場合は専用のクレンジングを使って。

    フィルム
    ポリマー>ワックスの成分比なのがフィルムタイプ。水分との親和性が高く "お湯落ちOK"なのがこちら。涙などでも落ちるけれどオフのしやすさも。

    【+ポイント】お湯で簡単に落とせるから目もとへの負担が少ない
    【ーポイント】海やプール、ホットヨガなどレジャーには注意が必要

    ほぼ毎日メイクすることを考慮し、目もとへのダメージを考えるならデイリー使いにはもってこい。目まわりの水分量や季節、シーンに合わせて使い分けも。

撮影/出牛久美子、細谷悠美(まつ毛パーマ) イラスト/紫芝幸代 取材・原文/浦安真利子 取材協力/コーセー
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords