メイクしたての肌を取り戻す3ステップ【メイク直しこれが正解②】

2018-07-08 21:00
  • メイク直しでついついやってしまう、パウダリーファンデーションのぬり重ね。 実はそれ、よりくずしてしまっている可能性も。美容ジャーナリストの鵜飼香子さん曰く「くずれたメイクの上にいきなりパウダリーファンデーションを重ねるのは、昨日の油が残ったフライパンで料理するようなもの」とのこと! 正しいメイク直しのポイントを聞きました!
  • メイク直し、3つのポイントを押さえれば朝の肌が復活!
  • POINT 1 押さえる
    「小鼻や額は特に皮脂が出やすい部分。手のひらは皮脂分泌が少ないので、親指のつけ根の部分で押さえるだけでも皮脂を取り除けます。 テカリが気になる人はティッシュで押さえるようにしてオフを。こすると余計ヨレてしまうから気をつけて」(鵜飼さん・以下同)

    親指のつけ根のふっくらとしたカーブが、鼻すじやあご、こめかみなど、皮脂が気になる部分に絶妙にフィット。

    ティッシュオフをする場合は、決してこすらずに肌の上にフワッとのせ、上からギュッギュッと押さえるように圧をかけるのがコツ。

    POINT 2 潤す
    「肌が乾燥してメイクがくずれた部分には、メイクの上からも使えるバームタイプのアイテムを投入し、潤いをチャージしながらヨレをリセット。UVカット効果があるものを選べば外勤対策にも使えて便利。 ポーチインできるスティックタイプが使いやすくておすすめです」

    眉間、目の下、口もとなど、乾燥でくずれる部分にバームをのせ、クルクルとなじませて。

    脂腺が少ない目もとや唇の保湿に。乾燥くずれを即座にリセット。ビオモイスチュアスティック AC&UV SPF20・PA++ ¥3300/MiMC

    バーム状でヨレにくいから、実はカラーレスのリップスティックを使うのもアリ。ベタつきレスの万能リップ。ニュアンス リップスティック ショウド ¥1800/ディライト

    UVケアをしながら潤いもチャージ。汗のニオイをかぐわしく変換する効果が。UVカット力が高いから外勤にも。クリアスティック UV プロテクター SPF50+・PA++++ 15g ¥2800/資生堂インターナショナル

    POINT 3 せき止める
    「最後は、皮脂や汗が出やすい場所にだけパウダーをオン。粉の量を最低限に抑え皮脂や汗をせき止めることで、このあともくずれにくい肌をキープすることができます。ブラシで薄く重ねるように。いつものパウダリーファンデーションを重ねる場合も、ここまで整えてからブラシで同様に仕上げると、仕上がりが段違い」

    汗が流れやすいフェイスラインと、皮脂が出やすいTゾーン、小鼻、あごにパウダーをオン。

    肌の質感を整え、メイクしたてのような肌を復元。シェードカラーで小顔効果も狙える! ルナソル サマーコントゥアリングフェース&ブラッシュ EX01 ¥5500/カネボウ化粧品(限定品)

    しっとりパウダーで乾燥くずれをリカバー。溶け込むように肌になじみ、きめの整った肌に。ネオヌード リキッドパウダー 全6色 ¥8000/ジョルジオ アルマーニ ビューティ 

    ファンデーションケースにも収納しやすいコンパクトなブラシ。シェルブラシ ¥1600/エトヴォス

    さらに血色プラスも
    「ベースが整ったら、血色感をプラス。頰とリップを同系色でそろえることで、オフィスでも浮かない統一感のある仕上がりに。目もとや耳にプラスすれば女子度もアップ!」

    アイシャドウ、チーク、リップと、どこに使っても自然になじむテクスチャー。色っぽい血色感を演出。マルチクレヨン EX-04 ¥3000/RMK Division(限定品)

    Goal!
    シンプルな3ステップでメイクしたてのつやときめが見事復活!

  • おしえてくれたのは…美容ジャーナリスト 鵜飼香子さん
    マニアックな視点で本当に使えるコスメを厳選し、ユニークなメソッドを提案。
  • いかがでしたか? このプロセスさえ守れば夜まできれいな肌をキープすることができますよ。ぜひお試しくださいね!
    発売中のBAILA7月号ではこれ以外にも「夏肌のための化粧水&ライトクリーム」など、この時期にぜひお読みいただきたいビューティ特集が満載。「水晶玉子のオリエンタル占星術」、「ドレスから始めるウエディングSTYLE BOOK」の豪華別冊付録が2冊ついてくるのも7月号だけです! 書店、コンビニでぜひお手にとってくださいね。
撮影/永躰侑里 ヘア&メイク/藤本 希〈cheek one〉 モデル/旦梨香子(スーパーバイラーズ) 取材・原文/野崎千衣子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords