本当に肌に悪いの?【クレンジングオイル】について30代女子が誤解しがちなこと

2018-10-04 21:00
  • 愛用の声がある一方で「肌へのダメージが大きいのでは?」といったマイナスイメージもつきまとうオイルクレンジング。でもその"肌に悪い説"、実は誤解という説も。新米ビューティエディターちゃんまいが、その真偽のほどを徹底取材!
  • 美プロへの取材でわかった「私たちがクレンジングオイルについて誤解していること」
  • バイラ読者に緊急アンケート「使用中のクレンジングは?」
    「ばっちりメイクも落とせるから」「スピーディにメイクオフできるから」「ザラつきや毛穴汚れもオフできるから」etc.、といった理由からオイルクレンジング利用率は高い一方「肌に悪そう」という理由で、ミルクやクリームなど、オイル以外の「肌への負担が少ない」といわれるタイプ利用する人も半数以上。また、オイルを使いながら、あまりよくないイメージを持つ人も。

    続いて聞いた「クレンジングオイルのイメージは?」
    「肌に本来必要な油分まで落としてしまう!」etc.、「なんとなく肌に悪いのでは?」と疑問に感じている人が約半数もいました!「私もオイルクレンジングはダメージがある気がして…」(ちゃんまい)

    「間違った使い方がいちばんの問題」
    クレンジングオイルが“肌に悪い”という説はカン違い!「適量を守らずゴシゴシ洗ったり、長時間肌にのせていたり、落とし切れていなかったりという、間違った使い方が肌ダメージを引き起こすだけで、実は無害なんです。特に最近は、オイルの質も乳化技術もはるかに進化し、豊富な美容成分の配合が可能に。より素早くなじみ洗い心地もすっきり、ケア効果も欲張れます。バイラ世代からの肌にはただ落とすだけではなく、プラスの効果のあるクレンジングがふさわしいですね。忙しい女性には、手早くしっかり落ちるクレンジングオイルは頼もしい味方! 自信をもって、おすすめします」(ビューティサイエンティスト岡部美代治さん)

  • クレンジングオイルまとめ
    ・ 肌摩擦や洗い流し不足が、ダメージの原因
    ・ 大人の肌にふさわしい美容成分リッチタイプも続々
    ・ 素材と技術の進化により、洗い心地がグレードアップ
    ・ 素早くなじんですっきり落ちる特性は時短にも◎
    正しい使い方 をマスターして、 大人の肌に合うアイテム選びを!
イラスト/紫芝幸代 原文/中島 彩 ※BAILA2018年10月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords