カリスマ美容プロが【美しい顔のシワ】を作るために実行していること5

2018-10-09 21:00
  • 自他共に認める「シワコンシャス美女」、美容ジャーナリストの鵜飼香子さんが、無理をしなくても年齢相応の美しいナチュラルな【顔のシワ】を育てる、簡単なケア方法を教えます。
  • 美プロも実践中【いいシワ】を刻むためにやるべきToDoリスト6
  • 「スマイル筋」を常に鍛える
    ハリを失っても重力に負けても、笑顔と筋肉だけは裏切らない。にっこりスマイル筋は80歳になっても鍛えられる!

    いいこと妄想をする
    ストレスは、下向きのシワを刻むから。厳しい現実から逃れられないときも、妄想力を働かせて心も表情も上向きに。私のお気に入りは蛇口をひねるとチョコレートが出る妄想♪

    水分をたっぷりとる
    肌表面をいくらケアしていても、体の中が水不足のままでは乾燥ジワは止まらない。アラサーのころから、たっぷりと水を飲む習慣をつけて。ちなみに、お酒やコーヒー、紅茶はカウントしません!

    朝のエゴマオイル
    8歳のころに学んだ「潤うためには、油分も必要」という知恵。朝起きたら、スプーン一杯のエゴマ油を飲んでいます。

    思い立ったら「あいうべ体操」
    歯医者さんに「下がった口もとがキュッと上がるよ」と教えてもらったあいうべ体操で、口まわりの筋肉や舌筋をトレーニング!

    スマホ後の顔筋ストレッチ
    スマホやパソコンとにらめっこしたあとは、目を左右にキョロキョロしたり、口の中で舌をグルグルと動かしてストレッチ!

    目薬で瞳を潤いケア
    瞳が乾燥すると、目に変な力が入り、目もとのシワができやすくなる気が。紫外線が気になる季節は、紫外線による充血や炎症をケアする目薬が定番。潤った目もとのためには、瞳の潤いケアも大切に♡

撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/榛沢麻衣 イラスト/いいあい 原文/長田杏奈 ※BAILA2018年10月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords