朝メイクするときの顔が冴えない…冬ぐすみの2大原因とは?

2018-11-26 21:00
  • 冬ぐすみの正体を暴いて顔鮮度up! 朝メイクするときの顔色が冴えない、季節外れなのに日焼けした?って聞かれる…悲しき冬ぐすみ。そんな冬ぐすみの原因を理解して、バスターしちゃおう!
  • 冬ぐすみの正体2大原因はコレ!
    ◆にごった色素の沈着
    ◆角質層の乱れ
  • 肌がくすんで見える理由を視覚的に分析すると、色と光二つの問題に。ひとつはシミや酸化による「にごった色素の定着」、ひとつは肌が受けた光を直線的にはね返せない「角質層の乱れ」。この二つを引き起こす原因はご覧のとおりさまざま。
  • バスターの方法、教えてください

  • 「炭酸アイテムなどを活用して効率よくケア!」(トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん)
    「冬のスキンケアの天敵は代謝の悪さ。夏につくられた"メラニンを含んだ角質"を代謝させたいのに、寒さとともに冷えが進み、代謝不良に陥りがちです。そんなときに役立つのが炭酸系アイテム。毛細血管を活発化させ、トータルで巡りのいい体を目指しましょう。と同時に充分な保湿とシミや酸化ケアもしっかり。時短コスメやインナーアイテムを併用して、効率よく冬ぐすみを撃退!」

    「夏からの角質肥厚を放置しないことが大事」(まいこ ホリスティック スキン クリニック 山崎まいこ先生)
    「私たちの肌は夏の間に紫外線などの影響を受けて角質が分厚くなります。今はその名残があるにもかかわらず、気温の低下で機能が低下し、古い角質が代謝できぬまま停滞状態に。そのうえ、寒さで脂腺・汗腺がにぶって油分の分泌量が減り、乾燥も進みます。さらには夏のダメージが時間差で訪れ、シミの出現や活性酸素による酸化も! 冬ぐすみの原因はひとつに限らず複合的なのです」

撮影/今城 純〈D-CORD〉(人)  ヘア&メイク/夛田恵子〈mod’s hair〉 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 モデル/Henry Lapthorn 取材・原文/前野さちこ ※BAILA12月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords