その不調、もしかしたら「首」のせい? 世にも恐ろしき「スマホ首」

2019-02-23 21:00
  • 慢性的な肩こりに取れない疲れ…。編集Uを悩ます体調不良はスマホの見すぎで首に負担がかかる"スマホ首"が原因!? 深刻な事態になる前に、自宅でできる簡単ケアに挑戦してみました!
  • 医師が一刀両断!「それはズバリ…【スマホ首】ですよ!」
    スライドして編集Uの症状をチェック
  • 朝の通勤中
    仕事の連絡
    お風呂
    スマホが手放せない
    肩が凝りすぎて
    パンダみたい
    二重あご
    それはズバリ"スマホ首"ですよ
    頭の重さはスイカ1個分
    首まわりの筋肉の血流の悪化
    不眠や頭痛

    ある日の編集U。朝の通勤中はスマホでインスタCHECK!

    日中は大忙し。仕事の連絡もLINEやメールをフル稼働!

    夜、帰宅後もスマホを手に。お風呂ではNetflixで海外ドラマ漬け!

    起きてる時間はずっとスマホが手放せないんだけど…

    そういえば最近、肩が凝りすぎて頭痛やめまいも

    首が埋もれてきて背中がパンダみたいと言われた…

    ふとした瞬間に撮られた横顔は、知らないうちに二重あごに!

    「それはズバリ…【スマホ首】ですよ!」東京脳神経センター理事長 医学博士 松井孝嘉先生

    頭の重さはスイカ1個分(6㎏前後)! 左のように正しい姿勢なら問題なくても、右のように首が60度傾くとその負担は4倍にも!

    長時間、うつむき姿勢をとると首まわりの筋肉の血流の悪化を招きコリが発生。首のコリが副交感神経の働きを鈍らせ、あらゆる不調を招きます

    不眠や頭痛など心身の不調を招き、ときにはうつを発症することも!「スマホ首」はとってもキケンなんです!

  • \アドバイスしてくれたのは/
    東京脳神経センター理事長 医学博士 松井孝嘉先生
    全身用CTスキャナーの開発・普及に尽力。’78年、頸筋症候群(首こり病)を発見し、’05年、自律神経失調症の治療法を確立。

    『スマホ首病が日本を滅ぼす』松井孝嘉 ワニブックス 830円
     

  • スマホ首を悪化させないために!自宅でできる簡単ケア

    ☑首の後ろを温める
    筋肉を温めて血流をよくし、副交感神経の働きを促す効果が。ホットタオルや入浴などで意識的に温めて

    ☑正しい姿勢でスマホを見る
    うつむくのではなく、首に負担がかからないように首を起こした状態で、スマホの位置を上げて見る

    ☑スマホを見たら1 5 分に1回は休みを取る
    難しければ3 0 分に1回は首を起こして首の筋肉をゆるめる
  • こんなお役立ちアイテムも!
  • その不調、もしかしたら「首」のせい? 世にも恐ろしき「スマホ首」_1_2
  • 首すじのコリに狙いを定めて設計された磁気治療器。これで首のコリをノックアウト! ピップマグネネック オープン価格/ピップ
  • その不調、もしかしたら「首」のせい? 世にも恐ろしき「スマホ首」_1_3
  • スマホ首防止にはストレッチトレーナー兼子ただし先生監修のコレ! スマホを見るときもこれをつけていれば美姿勢をキープ。S襷 オープン価格/スリーエス
  • いかがでしたか? 次回は編集Uが【4つの簡単ストレッチ】でスマホ首改善を目指します。どうぞお楽しみに。
イラスト/沼田光太郎 取材・文/堀 朋子 ※BAILA2019年3月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords