働く女性の魅力を引き出す! 小田切ヒロの【コーポレートシック・メイク】とは?

2019-03-13 21:00
  • オフィスで「浮きたくないけど輝きたい」本音にこたえ、媚びない女っぽさと洗練感で働く大人ならではの魅力を引き出すのが、"コーポレートシック・メイク”。小田切ヒロさんが提案する、オフィスメイク革命とは?
  • "やわらかいけど意志のある顔”コーポレートシック・メイクって?

  • 比留川遊-1
  • 社会にそつなく溶け込むメイクなら、もうとっくにマスターしているバイラ世代。誰からも嫌われない代わりに、どことなく地味で収まりがいいメイクに物足りなさを感じ始めるころ。一歩抜きんでた洗練と、媚びのない女らしさ、輪の中でもキラリと光る何かを発揮したいなら、少し背伸びして、いつもの顔をアップデートして。はぐくんできた社会性に、個性と洗練をひとさじ。大人だからキレイな、コーポレートシック・メイク。
    by小田切ヒロ
  • 比留川遊-2
  • コート¥43000/ハルミ ショールーム(ヴェニット) ジレ¥21000/トゥモローランド(トゥモローランド コレクション) パンツ¥16000/メゾン イエナ(イエナ) ピアス¥15000/アイワ(カラットアー)
  • 個性は主張せず、にじませる
    社会になじもうという気持ちだけでメイクすると、どこかで見たような大量生産顔になってしまうもの。ある程度キャリアを積んだら、もうそろそろ自分らしさをプラスして、大人の女性として脱皮してもいいはず。オフィスで個性を出すなら、奇抜なメイクで主張するのではなく、内側からにじませるくらいがベストバランス。

    条件は、シックであること
    一緒に働きたい、仕事をまかせたいと慕われるためには、落ち着きがあって意志的な雰囲気はマスト。30歳からのオフィスの顔は、大人っぽくて洗練されたメイクが基本です。海外のコレクションを見ていても、働く女性が共感できる、意志と社会性を感じさせるメイクが主流に。シックなメイクは、トレンドでもあるんです。

    オフィスで効く、媚びない女らしさ
    好感度の高いオフィスメイクには、やさしさや可愛らしさを残すのも大切。ただ女らしいのではなく、媚びない女らしさを漂わせられたら成功。あなたの顔は、職場の景色。だからこそ、周りの空気を明るく、かかわる人たちを心地よくするものであってほしい。デキる女のメイク=マニッシュ、という先入観は捨ててよし。
  • 実践【コーポレートシック・メイク】① 眉&肌
  • 実践【コーポレートシック・メイク】② アイメイク&リップ
撮影/尾身沙紀〈io〉 ヘア&メイク/小田切ヒロ〈LA DONNA〉 スタイリスト/古田千晶 モデル/比留川游 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年4月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords